記事一覧

記事一覧

最新被害内容投稿分

紅麹事件と酷似、冷凍食品事件、イオンの天然水事件

カルト教団S会が、集団ストーカーをやっていたとする証拠・根拠動画

日本人なら、誰も、集団ストーカー犯罪とは、無関係では済まない

カルト教団S会を「カルト(セクト)」認定している国々

過去に行われたデモ・街宣

スマホへの工作

PCなどへの工作

その他の工作

カルトナンバー車(工作)

仄めかし工作

身体被害についての考察

ことごとく日本を破壊するカルト教団S会

この犯罪は、数十年前から、起こっていた犯罪である!

実は、新型コロナウィルスより恐ろしいカルトパンデミック、カルトオーバーシュート、カルトアウトブレイク

日本の理不尽な現実 Q&A集7

カルトS会の信者工作員が受けているとされる命令

カルトS会の悪質さがわかる市販本のリスト

カルトS会が犯している犯罪のリスト

カルトS会の犯罪による被害者団体の一覧

加害者の正体 ( 誤解・誘導に騙されないで!)

宗教団体と言うなら!

この犯罪被害の訴え自体が自滅へ誘導される原理

カルトの問題を顕在化させない隠蔽システム

すでに完成されたカルトS会の「集団ストーカー」犯罪隠蔽システム

店舗などへのデマ情報拡散(悪評の流布)問題

救急車、航空機、ヘリ、パトカー、消防車などを悪用している動画・音声・証言・サイトの一覧

コンクリートの床があるのに、上のカルトのくしゃみが聞こえる不思議

屋内付きまとい

カルトS会が行っている証拠を取ったり、立証するのが難しいストーカー犯行の手口

カルト教団が行う、発覚しずらく、立証しにくい特殊工作

犯罪全てを、遠隔から行う危険なカルト教団

S会工作員の可能な特殊工作

個々の被害者側の反応に対応した工作を行っている

カルトが、携帯通信から、違法に個人情報を盗めている驚愕の事実!

パソコン画面の盗聴盗撮・情報収集・操作監視、スマホの電波・データ通信監視、不正アクセス、ハッキング

警察がランダムに許可なく、ハッキングできる法律は問題がある!

盗撮・盗聴・監視などをしていることをテスト等により立証

カルトS会が行っている盗撮・監視などの数々の違法行為の検証

上階カルトからの騒音攻撃と屋内付き纏いと盗撮・透視

上階カルトが、階下を透視監視をしている事実を確認

放射線で階下を盗撮・監視し、コンクリートの床に穴を開け、盗聴・騒音攻撃するテロ組織のようなカルトS会

カルトS会が、組織的に悪用していると考えられる電磁波の正体

彼らが使う電磁波(中性子線など)工作

盗撮・監視に使用しているのが中性子線であると判断する根拠7点

被害者団体に侵入しだした加害勢力側によるミスリード工作

偽被害者の見分け方

この団体に、全国一斉強制捜査に入れば、サリン事件レベルでは済まない!戦争になる!

一般の人間には、想定外で、手の込んだ工作をして、接近するカルトS会の接近と勧誘の手口

カルトに洗脳されやすい日本人

ようやく、動きだした「カルト天国」の解消

集団ストーカーを認めている 政党

カルト規制法【 団体規制法追記 、セクト規制法】

参考資料1

参考資料2:押越さん、鈴木さんの街宣リンク集
スポンサーサイト



2024年4月15日、被害メモ、電ドル音・ハンマー音攻撃。ベランダカツカツ音。屋内付き纏い。カルト教団S会はテロ組織


今日は、平日なので、工事は、行われることになっている。


朝、電ドル音とハンマー音がしたが、それは、おかしい。

先週で、足場の設置は、済んでいる筈なので、また、足場の固定をするような音が発生することは、あり得ない。
それも、私の部屋の周辺だけで、発生することなど、不自然である。

おそらく、
(カルト勢力による)大規模修繕工事≒本当の工事+騒音攻撃・嫌がらせ目的+監視・見張り+付き纏い・遭遇工作
だと考えられる。

コツコツと、私の部屋の周辺のベランダを叩く音がしている。

また、おかしな点は、もし、工事に入ったとして、どうして、私の部屋の周囲から始めるのか?
普通は、下の階からとか、上の階からとか、やる筈である。

どうして、途中から、工事をするのか?その点でも、不自然である。

やはり、
(カルト勢力による)大規模修繕工事≒本当の工事+騒音攻撃・嫌がらせ目的+監視・見張り+付き纏い・遭遇工作
だからだと考えられる。


今度は、何か、擦るような音である。


トイレに入ると、やはり、天井をドンと蹴飛ばしたような音がした。
普通の人間は、このように、トイレの床を蹴飛ばすようなことは、しないし、通常であれば、そのような音は、階下にはしないものである。その点でも、これらの現象が、カルトたちによる工作であることがわかる。
その後、台所に移動しても、同様のことが起きた。
また、屋内付き纏いである。

従って、未だに、上階カルト(カルト教団S会)が、私の部屋を、盗撮・盗聴・監視し、騒音攻撃をするという工作を継続していることが確認された。

今、パソコンをやめて、閉じた瞬間に、天井をドンとしてきた。
やはり、盗撮・監視していて、反応していることがわかる。








本当に、このカルト問題は、闇が深い。

カルト教団S会の広宣部≒(CIA+NSA)
カルト教団S会の広宣部≒(オウム真理教)
カルト教団S会の実態≒(T協会+オウム真理教)

 ここは、鉄筋コンクリートの建物なので、通常は、上階から階下の人間の動作・操作・PC操作・PC画面を検知することはできない。しかし、それらのことを検知し、反応していることから、相当に特殊な方法で、盗撮・監視・検知していることになる。
もちろん、それらの行為は、全て、犯罪である。盗撮に当たる犯罪行為で、尚且つ、常時、違法に他人を、24時間365日、監視しているので、人権侵害の憲法違反にも当たる重大犯罪である。
その意味でも、カルト教団S会は、テロ組織である。
 このような明らかな犯罪を税金を免除されている宗教法人が、行うことは、決して、許されることではない。
例え、それをしている宗教団体が、政権与党だとしても、また、警察を多くの信者で固めていようと、である。
 この「集団ストーカー」という組織的なストーカー行為は、カルト教団S会が行っているという証拠・根拠がある。例えば、カルト教団S会の元信者の長井さんも認め、謝罪しているし、現役信者のRevoさんも、行っていたことを認めている。また、れいわ新選組の山本代表も、実際にやっていたという信者からの話を聞いたとして、認めている。もちろん、被害者の多くも加害者は、カルト教団S会であるとして、デモや街宣をしてきた。
 これ以上の根拠・証拠は、もはや、必要ではなく、「集団ストーカー」犯罪は、カルト教団S会が行っているということで、すでに、十分に断定できるレベルとなっている。
 よって、カルト教団S会は、正式に、この「集団ストーカー犯罪」をしていたことを認め、多くの被害者に謝罪すべきである。
もはや、宗教法人として許される活動範囲を、大幅に、逸脱していることは、明らかなので、明らかに、「解散命令」の事由に該当していると言える。
宗教法人法の第81条に該当するサルサ岩渕氏の出典より」
よって、宗教法人法第81条に違反しているカルト教団S会には、正式に、「解散命令」を出すことができるのである。













・本日の救急車など(緊急車両、ヘリ、飛行機等)を悪用したストーカー行為

これらの工作は、減っているが、全くないことも珍しいので、いつ起きても、記述できるように、この項目だけては、載せておくことにする。


 このカルト教団S会が、救急車、パトカー、ヘリ、消防車、飛行機などをストーカー行為として、悪用している事実は、様々な人が、指摘していることであり、事実である。

【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
亡くなった清水由貴子さんの証言
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言
航空機の悪用

 もう、そろそろ、このような世の中のためにならない犯罪は、やめさせなければならない時期に来ているのではないだろうか?
きちんと、カルトの犯罪は、犯罪として、取り締まって行く必要があると思う。
宗教だからと言って、特定の宗教団体が、犯罪をしているのに、まるで、治外法権のように、野放しになっているとしたら、決して、法治国家として、許されることではない。
対応できていないとしたら、対応すべき機関の問題点を調査する必要もあるかもしれない。












定条文

 ここは、鉄筋コンクリートのマンションである。さらに、床は、衝撃吸収床で、普通のマンションより、むしろ、防音がしっかりしている有名シリーズのマンションである。従って、通常は、上下で、音の問題が起きることはない。
従って、普通の住民が上階に入居していれば、何の問題も、騒音問題も起きていない。
それは、過去、首都圏で、何度も引っ越しをして、そうだったので、確かである。

 ただし、この被害に遭うようになってからは、上階に、勧誘を断った筈のカルト教団S会の工作員が、勧誘を断られたのを逆恨みして、嫌がらせ目的で、入るようになると、それが、完全に崩れた。通常は盗撮でもしていなければ、不可能な階下の動作・行動に反応して、天井を叩いてきたり、ドンという音を立ててきたり、床板がある筈なのに、床板を剥がし、コンクリートの床を、直接、蹴飛ばしたような音まで、発生させてくる。
時には、検知し、カルト系救急車を悪用動員してくる場合もある。救急車をストーカー行為のように悪用動員するのである。極めて、悪質と言わざるを得ない団体である。
宗教とは、真逆の犯罪行為をしてくるカルト教団である。
まさに、テロ組織である。もちろん、これらの行為は、全て犯罪に該当するので、犯罪組織とも言える。
だから、このカルト教団S会は、世界から「カルト」指定されているのだ。
このカルト教団S会の実態は、世界で、「カルト」指定していることから推測できると思う。
国際的には、オウム真理教などと同等に危険な団体であると認識されているのである。




・上階カルトからの室内における工作

 天井叩きなどの騒音攻撃による被害は、少なくなっているが、無くなったわけではない。
今、現在も、24時間365日の違法な盗撮・盗聴・監視は、続いていることを確認している。
ちよっとした仕草や操作まで、盗撮によって、見られているという認識は、プライバシーがゼロということである。あたかも、動物園にいる猿のように、四六時中、見られていることと同じであり、人権侵害の極みである。殺人にも匹敵する残虐行為であり、犯罪である。
 こういうことを宗教団体だからと言って、あるいは、政権政党を持っているからと言って、また、半ば警察を支配できているからと言って、決して、許されることではなく、極めて、凶悪な犯罪行為である。
それらの状況とは、別に、分けて捉え、どこの組織が行っていようと、犯罪は、犯罪として、取り締まる必要があるのは、言うまでもないことである。
もし、そんな当たり前のことが、通らないとすれば、どこに問題があるのか、検証しなければならない。
特定の宗教団体の犯罪が、野放しを許されているとしたら、権力の悪用であり、政教分離の憲法違反である。

 マンションの部屋の上階に侵入したカルト教団S会の工作員による放射線を使用しての上階からの透過・透視・監視は、続いていて、当方の行動の何かを検知すると、その度に、天井を叩くという騒音攻撃・嫌がらせも以前よりは減ったが、それでも、無くなったわけではなく、続いている。
主に、PCを持ったタイミングや操作開始したタイミングやスマホを持ったタイミングやリモコンを操作したタイミングやネット(データ通信)をONにしたタイミングなどである。もちろん、普通は、上階から階下の人間のそのような操作を検知することは不可能である。通常は、階下に人がいるかどうかさえわからない。従って、それらを検知して、反応できるということは、いかに、上階に侵入しているカルト教団S会が、特殊な工作をしているかが、わかると思う。そう、まるで、テロ組織のような活動をしているのだ。
明らかに、「宗教団体」としての活動範囲を逸脱しているし、犯罪に該当している。明らかに、「解散命令請求」の事由に該当している。
 また、コンクリートの床を超えて、こちらの室内である天井の裏に物か棒でも、落としたような音を発生させる「家宅侵入犯罪」や「住居侵入犯罪」に該当することも、度々、行ってきている。犯罪に該当する行為でも、平気で行う凶悪なカルト教団である。
また、移動もことごとく、検知されて、真上に移動してから、天井を叩くということもやられていて、「屋内付き纏い」とも言うべき、ストーカー行為もやられている。
居間テント内だけに限らず、トイレや洗面所に移動した場合も、上に来て、天井から異音を発生させ、検知できていることを認識させようとしてくるのである。
 この他人の部屋を盗撮し、その盗撮・監視していることで、何かを、検知したら、天井を叩く等、その都度、盗撮・監視を、相手に認識させる行為は、「常習的脅迫」に当たる犯罪行為である。これが野放しなのである。
通常、鉄筋コンクリートの建物で、何もせず、階下の人間の行動を把握することは、不可能である。
まして、階下の居間に設置した金属シートで覆ったテント内では、通常、盗撮カメラによる盗撮も不可能である。
また、同様に、金属で遮断しているので、赤外線やマイクロ波による透視・透過盗撮も不可能であることがわかると思う。
ところが、上階カルトは、それでも、寝床やテント内での動作に反応して、天井を叩いてくることから、見えていることは、確かである。
その状態で見えているということは、あとは、放射線しか有り得ない。
さらに、居間では、テント内にいる時にしか、天井を叩かないことでも、区別できていて、見えている証拠である。
まあ、普通は、鉄筋コンクリートの建物で、通常は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。当方も階下に人がいるかどうかさえわからない。通常は、検知できない。
 しかし、カルト教団S会のように、テロ組織のような違法な活動をしているカルト教団は、目的のためには、手段を選ばないという特徴がある。オウム真理教を想像してもらえばわかると思う。普通の人が、想像できないことでもしていたことがわかる。例えば、オウム真理教の例だと、武器を製造していたことや毒ガスサリンを製造していたことなどがすでに判明しています。
同様に、このカルト教団S会も、普通の人が、想像もできないことでもする特性を備えていることは、確かです。
だって、階下を盗撮するのに、放射線を使ってくる団体である。でなければ、鉄筋コンクリートのビルで、階下を盗撮・監視することなど不可能だからだ。
 放射線を使って、常に盗撮されているので、常に放射線を照射しているので、当然、照射されている人は、被爆し、健康被害も発生することになることは、当然のことである。
これは、「傷害罪」に当たる犯罪である。ガンなどの病気への誘導も可能である。
これは、もう、宗教組織などではなく、テロ組織か反社会的勢力か国内スパイ組織である。
さらに、警察やマスコミにも信者を多数送り込み、事実上、支配できているために、巧妙に国民には、隠蔽できているのである。
より悪質である。
 だから、早く、フランスのように、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないのだ。
これ以上、カルト教団S会を野放しにすると、日本社会は、破壊されてしまう。
その意味では、かつての、オウム真理教より、問題は、深刻である。
だって、裁判官にまで、カルト教団S会の信者が入り込み、自分たちの都合のいいように、判決を捻じ曲げることも確認されているからなのだ。
早急に手を打たないと、日本は、将来に、大きな、歴史的な、大禍根を残す結果になってしまう。
一刻も早く、この問題が、日本社会や日本国や日本国民全体に対して、相当に、重大で、深刻な悪影響があることに早く、気づいてほしい。

統一創価カルト規制法!犯罪=解散処分!西葛西 街宣!目覚めよ日本党押越清悦、鈴木さん。

2024年4月14日、被害メモ、天井連打音攻撃、天井落下音攻撃、本日も盗撮・盗聴・監視・騒音攻撃をしていることを確認。スマホのデータ通信が勝手にONにされていた、盗聴・履歴・位置取得・盗撮可能、危険。カルト教団S会はテロ組織。



今日は、工事は休みなので、工事音がしない分、静かである。

しかし、上階(カルト教団S会)が、天井を、何度も、しつこく、叩いてくるので、完全に静かなわけではない。

こちらの動作・操作・行動・仕草を、盗撮・盗聴・監視により、検知して、その度に、天井を叩いてくるので、盗撮・盗聴・監視と騒音嫌がらせは、やめてはいないことがわかる。

あまりに、しつこいので、室内で、会話レベルの声で、それを批難するが、当然、やめるわけはない。
当然、コンクリトーの床に、穴まで、あけて、盗聴・盗撮しているのだから、聞こえている筈であるが。
もちろん、それらの声は、通常は、上階の人間には、聞こえない。

「盗撮は、犯罪だぞ!」とか
「こちらの行動に反応して、天井を叩くのは、盗撮して見えているという証拠だぞ!」とか。
「そういう犯罪をするから、お前ら、カルト教団S会は、世界からカルト指定されているのだ!」とか
「意図的に、騒音を出して、他人に迷惑をかける行為も、犯罪だぞ!」
「お前らがやっている行為は、迷惑防止条例違反だぞ!」とか
「お前らは、それで、逮捕されれば、1年以下の懲役か、または、100万円以下の罰金に処されるぞ!」
などである。

そういう嫌がらせをすることを、目的として、上階に侵入してるので、やめるわけはない。

むしろ、子供でも、走り回ったような連打音さえ、発生させてくる始末。
カルト教団S会に洗脳されて、狂っている工作員なので、普通の道理が通ずる相手ではない。
しかし、それも、おかしいことである。通常は、そのような走り回ったような音は、衝撃吸収床と音を遮断する分厚いコンクリートの床があり、遮断されるのだが、如何せん、床板を剥がし、コンクリートの床に穴まで、開けているので、木造アパートでもないのに、木造アパートより、うるさい騒音被害となってしまうのである。
相手が、騒音で、嫌がらせをすることを目的としているので、生活音は遮断され、本来であれば、全く、問題とはならない筈であるが、穴まで開けて、意図的に出す騒音は、並の騒音とは、次元の異なるレベルの騒音である。


居間テント内で、全く、電波を出していないオフラインのスマホを、持つと、それを検知して、やはり、天井を叩いてきた。
この場合は、電波の監視では、検知できないので、物質を透過できる放射線等を使用し、上階から階下を、盗撮していることが、明らかである。
逆に、そうでなければ、検知できないからだ。
しかし、宗教団体が、放射線を使うとは、呆れた犯罪行為である。それは、もはや、宗教とは呼べず、テロ組織である。
例えば、トラックの荷物を検査するのに、X線を使って、開けずに、あの幅のあるコンテナなどの中を、調べているので、同じような方法を使用していると考えられる。上下方向から透過させて監視していると考えられる。

もちろん、パソコンを出してやろうとした瞬間にも、それを検知されて、天井を叩いてくる。
通常は、鉄筋コンクリートの建物で、階下の人間のパソコン操作開始が、わかるわけはなく、盗撮・監視し、見えていることの証拠でもある。見えていなければ、そんな反応は、逆に、不可能だからだ。

スマホを持って、データ通信をONにしても、検知され、天井を叩いて来る。

また、リモコンを持つと、やはり、それを検知し、天井を叩いてきた。以前は、リモコンを操作する度に天井を叩き、もっと、頻繁に、やられていたが、回数は、減少してきてはいる。
それでも、未だに、盗撮・監視していることがわかるだけの反応は、示してきている。

また、よくやられる工作で、コンクリートの穴から、コンクリートの床を超えて、こちらの居住エリアである天井裏に、何か、小さい物を落とし、その落下音を発生をさせるという騒音攻撃をしてきた。
しかし、それは、コンクリートの床を超えて、階下の他人の居住エリアに工作していることになり、明らかに、「住居侵入犯罪」であり、「家宅侵入犯罪」である。立派な犯罪である。
まあ、宗教法人格を持ち、税金を免除されている団体がやるべきことではない。
明らかな犯罪である。


その後、台所に移動しても、通常、上から音が聞こえていることはないが、盗撮・盗聴・監視しているので、カルト教団S会の工作員が、上に来て、わざと、音を出す行為をしてきた。

その後、居間、テント内に戻ると、また、上に来て、音を、わざと、発生させて、盗撮できていることを、認識させようとしてくる。
おそらく、盗撮されているという「ストレス」を、与えることが、目的で、行っているものと考えられる。



今、スマホのデータ通信を、ONにしようと思って、データ通信の画面を出して、見たら、何と、また、OFFにしていた筈のデータ通信がONからOFFに戻るのを見た
もう、この現象は、何回と見ている。
完全に、データ通信を、OFFにして、置いておいたのに、そのOFFにしていた間、恐らく、カルト教団S会の広宣部の不正アクセスやハッキングで、ONにできると考えられる。
これでは、勝手に、データ通信をONにされていれば、その間、盗聴は可能だし、位置も検知できることになる。
また、スマホで、WEBアクセスした履歴なども、取られることになり、また、電話やSNSの履歴なども取られてしまう可能性が高い。注意が必要である。
また、電話の会話なども、リアルタイムで、聞かれてしまう可能性が高い。データ通信をONにできれば、そういうことも可能となる。
つまり、スマホの電源を入れて、外出すれば、勝手に、データ通信をONにされ、GPSもONにされれば、位置情報がリアルタイムで、追跡されてしまうことになることは、明らかである。
また、データ通信を勝手に、ONにされれば、当然、盗聴されることになる。
また、カメラにメクラシールを貼っていなければ、盗撮されることにもなる。
恐るべし!カルト教団S会の広宣部!
しかし、こんなに、宗教団体が、独自のサイバー部隊を、保有していて、よいのだろうか?
こんなことを許しているとは、国の機関は、何をしているのだろう?
やはり、これらの不法行為をする団体を、全く取り締まれないほど、それらの国の機関も、このカルト教団S会に「総体革命」で、侵入され、全く、機能不全にされているのだろうか?
本当に、これは、深刻な問題である。

被害者の方は、このように、このカルト教団S会が、他人のスマホのデータ通信を勝手にONにできることに注意する必要がある。
つまり、スマホの電源を切らずに、持ち歩けば、位置情報は、簡単に追跡されてしまうことになるからだ。
また、盗聴も、盗撮も可能な状態になるので、カメラには、必ず、シールを貼ることを、お薦めする。それで、盗撮は防げるが、盗聴は、防げない。
盗聴を回避するためには、部屋にスマホを置く場合、電源を切っていなければ、いつの間にか、データ通信をONにされ、盗聴されている可能性が高い。
あるいは、部屋に置く時には、完全に、電波を遮断できる缶などの入れ物に入れておくこと必要がある。
電波を遮断できる入れ物などは、今、販売されているので、その入れ物に入れて、おけば、いちいち、電源を切らなくてもよいと考えられる。ただし、当然だが、電話を受けたい場合は、出しておかないと、受信できないことになる。
もちろん、電源を切って、盗聴を防止している場合は、電話がきても、受信はできない。
電話を受信したい場合は、電源は、切れないし、電波を遮断する入れ物に入れることもできない。
その場合は、盗聴されることは、諦めるしかない。
いや、それは、間違いである。
防音性能の高い箱などに入れるという方法があった。
完全に、音は、遮断できなくても、防音性の高い箱に入れれば、相当、判別不能になるくらいまで、音を減衰することは可能である。
よって、電話を受ける可能性を保有したい場合でも、電源を切らないで、盗聴を、かなりの割合で、防止できる可能性があるのは、防音性の高い箱に入れれば、可能であることがわかる。ただし、その場合は、スマホへの不正アクセスはされてしまうので、WEBアクセス履歴などは、取られてしまうし、電話の履歴も取られる可能性が高い。
もし、電話を受ける可能性が排除できるなら、使用しない時は、電源を切っておくか、電波を通さないケースなどに入れておく方が安全である。電波を利用して、スマホにアクセスされなければ、盗聴・電話履歴取得・WEBアクセス履歴取得・盗撮など全般を回避できる。
確かに電源を切ってしまうと使用する時に、電源を入れて待つ手間が発生するので、電波を遮断するケース等に入れておく方がおすすめである。
電波さえ、遮断できれば、スマホに不正アクセスそれることを防止できるので、盗撮・盗聴・情報の取得も、回避できる。
また、外出する場合は、電話の受信をしなくてもよい場合は、電波を遮断するケースに入れて、持ち歩けば、現在位置をリアルタイムで、追跡される心配もない。全ての不正アクセスを回避できる。
一方、外出時、電話を受けたい場合は、電波を遮断できないので、位置情報取得・盗聴・電話履歴取得・WEBアクセス履歴取得・盗撮など全ての不正アクセスをされる可能性があります。その場合は、撮影した写真さえ見られてしまう可能性があります。
とにかく、外部からアクセスする電波さえ、切ってしまえば、何もされなくなります。











その後、パソコンを持ち出すと、それも、検知し、壁を叩いたような音を発生させてきた。
それが、隣からやられているとは、断定できず、上階カルト(カルト教団S会)が、壁の近くを、わざと、叩いて、トラブルにしようとしている可能性もある。
なぜなら、今まで、隣の生活音を、壁越しに、聞いたことがないからだ。
それと、同じように、本来であれば、壁よりも分厚いコンクリートの床があるので、通常は、上下で、音の往来が発生することは、まず、ないのであるが、テロ組織の工作員のような人間が入っているので、通常、起きないことでも、特殊な方法を使用して、行ってきている為、そんな音を、聞かされる羽目になっていることがわかってもらうえると思う。










 最近、体が痛い。特に、スポーツをして、酷使したわけでもないのにである。
左手と右腕と右肩が痛い。また、背中や膝や腿も痛い。何等かの攻撃を受けている可能性が高い。
背中が痛いので、思いっきり、くしゃみができない程である。
 ぴったりの表現が見つかったので、書くと、「急に80歳を超えた老人になった感じである」。ただ、体を普通に動かすのさえ、困難となってしまっているのである。この症状が、回復するのかどうか?わからない状態である。
 恐らく、遠隔からの電磁波(放射線等)を使用した身体攻撃を受けているか、または、天然水を使用した飲料水か飲食物に、何等かの長期摂取系毒物を投入された可能性がある。何でも、無かったのに、急に、痛くなっているので、外的な要因と考えられる。
 特に天然水は、疑わしい。イオンでは、販売店舗を限定して回収しているが、全く、同じ物を購入していたからだ。
特に、私が、定常的にこの天然水を購入するようになれば、その製造工場で、工作員に、投入させる可能性は、排除できない。
 それは、以前は、私がよく購入していた冷凍食品に工場で毒を投入し、その犯人は、逮捕されていて、工場は、閉鎖され、その後、その製品は、買えなくなっているのである。関係があったかどうかは、判明しないが、そういう可能性は、排除できない。
 なぜなら、このカルト教団S会は、目的の為には、手段を選ばないことが判明していて、教祖・教団の為なら、犯罪を犯してもよいとの教えだからだ。また、どこの会社でも工場でも、最低でも、5%以上は、カルト教団S会の信者はいるので、司令さえすれば、可能だからだ。また、カルト教団S会の信者は、どこに配属になろうと、教祖・教団の為に、全力で活動するという考えを持っていることが判明しているからだ。非常に、危険な思想・考え方をしていることがわかると思う。だから、世界から、オウム真理教などと変わらない危険な団体であるとして、「カルト」指定をされているのだ。

 また、両足の皮膚のただれも激化している。ところどころ、かさぶたができて、痒いので、掻くと、血が出る。そして、かさぶたとなるの悪循環。元々、両足は、被害初期に、やけど状態になった。恐らく、マイクロ波を照射され、焼かれたものと考えられる。
その後、放射線を照射されているので、自然治癒が阻害され、治らずにいるのだと考えられる。
また、放射線を長時間、照射され、被爆しているので、DNAに傷がつき、自然治癒力が阻害され、かつ、別の障害も発生している。
その後、10年以上、完治していない。以前なら、1ヶ月もあれば、完治していたのにである。
それまでは、足に何の傷もなかったのにである。
最近では、天井叩きなどの反応回数は少なくなったが、恐らくは、依然として、盗撮の為に、常に、放射線を照射されているせいかもしれない。
それは、そうだ!だって、監視のために、常に、放射線を浴びているわけだから、何か、健康に障害が出ない方が不思議である。
早く、このカルト教団S会の犯罪が、もっと、大々的に世間に広まり、認知され、海外メディアが、取材・報道し、日本メディアも取り上げざるを得ないようになることで、取り締まれられることになり、対策につながることを期待する。
T協会問題やジャニーズ問題のように!












本当に、このカルト問題は、闇が深い。

カルト教団S会の広宣部≒(CIA+NSA)
カルト教団S会の広宣部≒(オウム真理教)
カルト教団S会の実態≒(T協会+オウム真理教)

 ここは、鉄筋コンクリートの建物なので、通常は、上階から階下の人間の動作・操作・PC操作・PC画面を検知することはできない。しかし、それらのことを検知し、反応していることから、相当に特殊な方法で、盗撮・監視・検知していることになる。
もちろん、それらの行為は、全て、犯罪である。盗撮に当たる犯罪行為で、尚且つ、常時、違法に他人を、24時間365日、監視しているので、人権侵害の憲法違反にも当たる重大犯罪である。
その意味でも、カルト教団S会は、テロ組織である。
 このような明らかな犯罪を税金を免除されている宗教法人が、行うことは、決して、許されることではない。
例え、それをしている宗教団体が、政権与党だとしても、また、警察を多くの信者で固めていようと、である。
 この「集団ストーカー」という組織的なストーカー行為は、カルト教団S会が行っているという証拠・根拠がある。例えば、カルト教団S会の元信者の長井さんも認め、謝罪しているし、現役信者のRevoさんも、行っていたことを認めている。また、れいわ新選組の山本代表も、実際にやっていたという信者からの話を聞いたとして、認めている。もちろん、被害者の多くも加害者は、カルト教団S会であるとして、デモや街宣をしてきた。
 これ以上の根拠・証拠は、もはや、必要ではなく、「集団ストーカー」犯罪は、カルト教団S会が行っているということで、すでに、十分に断定できるレベルとなっている。
 よって、カルト教団S会は、正式に、この「集団ストーカー犯罪」をしていたことを認め、多くの被害者に謝罪すべきである。
もはや、宗教法人として許される活動範囲を、大幅に、逸脱していることは、明らかなので、明らかに、「解散命令」の事由に該当していると言える。
宗教法人法の第81条に該当するサルサ岩渕氏の出典より」
よって、宗教法人法第81条に違反しているカルト教団S会には、正式に、「解散命令」を出すことができるのである。










・本日の救急車など(緊急車両、ヘリ、飛行機等)を悪用したストーカー行為

救急車のサイレンを聞いたような気がしたが、明確でない為、除外した。

また、航空機音もしたかもしれないが、扇風機の音と混在しているので、はっきりしないので、記述はやめておく。

 このカルト教団S会が、救急車、パトカー、ヘリ、消防車、飛行機などをストーカー行為として、悪用している事実は、様々な人が、指摘していることであり、事実である。

【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
亡くなった清水由貴子さんの証言
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言
航空機の悪用

 もう、そろそろ、このような世の中のためにならない犯罪は、やめさせなければならない時期に来ているのではないだろうか?
きちんと、カルトの犯罪は、犯罪として、取り締まって行く必要があると思う。
宗教だからと言って、特定の宗教団体が、犯罪をしているのに、まるで、治外法権のように、野放しになっているとしたら、決して、法治国家として、許されることではない。
対応できていないとしたら、対応すべき機関の問題点を調査する必要もあるかもしれない。












定条文

 ここは、鉄筋コンクリートのマンションである。さらに、床は、衝撃吸収床で、普通のマンションより、むしろ、防音がしっかりしている有名シリーズのマンションである。従って、通常は、上下で、音の問題が起きることはない。
従って、普通の住民が上階に入居していれば、何の問題も、騒音問題も起きていない。
それは、過去、首都圏で、何度も引っ越しをして、そうだったので、確かである。

 ただし、この被害に遭うようになってからは、上階に、勧誘を断った筈のカルト教団S会の工作員が、勧誘を断られたのを逆恨みして、嫌がらせ目的で、入るようになると、それが、完全に崩れた。通常は盗撮でもしていなければ、不可能な階下の動作・行動に反応して、天井を叩いてきたり、ドンという音を立ててきたり、床板がある筈なのに、床板を剥がし、コンクリートの床を、直接、蹴飛ばしたような音まで、発生させてくる。
時には、検知し、カルト系救急車を悪用動員してくる場合もある。救急車をストーカー行為のように悪用動員するのである。極めて、悪質と言わざるを得ない団体である。
宗教とは、真逆の犯罪行為をしてくるカルト教団である。
まさに、テロ組織である。もちろん、これらの行為は、全て犯罪に該当するので、犯罪組織とも言える。
だから、このカルト教団S会は、世界から「カルト」指定されているのだ。
このカルト教団S会の実態は、世界で、「カルト」指定していることから推測できると思う。
国際的には、オウム真理教などと同等に危険な団体であると認識されているのである。




・上階カルトからの室内における工作

 天井叩きなどの騒音攻撃による被害は、少なくなっているが、無くなったわけではない。
今、現在も、24時間365日の違法な盗撮・盗聴・監視は、続いていることを確認している。
ちよっとした仕草や操作まで、盗撮によって、見られているという認識は、プライバシーがゼロということである。あたかも、動物園にいる猿のように、四六時中、見られていることと同じであり、人権侵害の極みである。殺人にも匹敵する残虐行為であり、犯罪である。
 こういうことを宗教団体だからと言って、あるいは、政権政党を持っているからと言って、また、半ば警察を支配できているからと言って、決して、許されることではなく、極めて、凶悪な犯罪行為である。
それらの状況とは、別に、分けて捉え、どこの組織が行っていようと、犯罪は、犯罪として、取り締まる必要があるのは、言うまでもないことである。
もし、そんな当たり前のことが、通らないとすれば、どこに問題があるのか、検証しなければならない。
特定の宗教団体の犯罪が、野放しを許されているとしたら、権力の悪用であり、政教分離の憲法違反である。

 マンションの部屋の上階に侵入したカルト教団S会の工作員による放射線を使用しての上階からの透過・透視・監視は、続いていて、当方の行動の何かを検知すると、その度に、天井を叩くという騒音攻撃・嫌がらせも以前よりは減ったが、それでも、無くなったわけではなく、続いている。
主に、PCを持ったタイミングや操作開始したタイミングやスマホを持ったタイミングやリモコンを操作したタイミングやネット(データ通信)をONにしたタイミングなどである。もちろん、普通は、上階から階下の人間のそのような操作を検知することは不可能である。通常は、階下に人がいるかどうかさえわからない。従って、それらを検知して、反応できるということは、いかに、上階に侵入しているカルト教団S会が、特殊な工作をしているかが、わかると思う。そう、まるで、テロ組織のような活動をしているのだ。
明らかに、「宗教団体」としての活動範囲を逸脱しているし、犯罪に該当している。明らかに、「解散命令請求」の事由に該当している。
 また、コンクリートの床を超えて、こちらの室内である天井の裏に物か棒でも、落としたような音を発生させる「家宅侵入犯罪」や「住居侵入犯罪」に該当することも、度々、行ってきている。犯罪に該当する行為でも、平気で行う凶悪なカルト教団である。
また、移動もことごとく、検知されて、真上に移動してから、天井を叩くということもやられていて、「屋内付き纏い」とも言うべき、ストーカー行為もやられている。
居間テント内だけに限らず、トイレや洗面所に移動した場合も、上に来て、天井から異音を発生させ、検知できていることを認識させようとしてくるのである。
 この他人の部屋を盗撮し、その盗撮・監視していることで、何かを、検知したら、天井を叩く等、その都度、盗撮・監視を、相手に認識させる行為は、「常習的脅迫」に当たる犯罪行為である。これが野放しなのである。
通常、鉄筋コンクリートの建物で、何もせず、階下の人間の行動を把握することは、不可能である。
まして、階下の居間に設置した金属シートで覆ったテント内では、通常、盗撮カメラによる盗撮も不可能である。
また、同様に、金属で遮断しているので、赤外線やマイクロ波による透視・透過盗撮も不可能であることがわかると思う。
ところが、上階カルトは、それでも、寝床やテント内での動作に反応して、天井を叩いてくることから、見えていることは、確かである。
その状態で見えているということは、あとは、放射線しか有り得ない。
さらに、居間では、テント内にいる時にしか、天井を叩かないことでも、区別できていて、見えている証拠である。
まあ、普通は、鉄筋コンクリートの建物で、通常は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。当方も階下に人がいるかどうかさえわからない。通常は、検知できない。
 しかし、カルト教団S会のように、テロ組織のような違法な活動をしているカルト教団は、目的のためには、手段を選ばないという特徴がある。オウム真理教を想像してもらえばわかると思う。普通の人が、想像できないことでもしていたことがわかる。例えば、オウム真理教の例だと、武器を製造していたことや毒ガスサリンを製造していたことなどがすでに判明しています。
同様に、このカルト教団S会も、普通の人が、想像もできないことでもする特性を備えていることは、確かです。
だって、階下を盗撮するのに、放射線を使ってくる団体である。でなければ、鉄筋コンクリートのビルで、階下を盗撮・監視することなど不可能だからだ。
 放射線を使って、常に盗撮されているので、常に放射線を照射しているので、当然、照射されている人は、被爆し、健康被害も発生することになることは、当然のことである。
これは、「傷害罪」に当たる犯罪である。ガンなどの病気への誘導も可能である。
これは、もう、宗教組織などではなく、テロ組織か反社会的勢力か国内スパイ組織である。
さらに、警察やマスコミにも信者を多数送り込み、事実上、支配できているために、巧妙に国民には、隠蔽できているのである。
より悪質である。
 だから、早く、フランスのように、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないのだ。
これ以上、カルト教団S会を野放しにすると、日本社会は、破壊されてしまう。
その意味では、かつての、オウム真理教より、問題は、深刻である。
だって、裁判官にまで、カルト教団S会の信者が入り込み、自分たちの都合のいいように、判決を捻じ曲げることも確認されているからなのだ。
早急に手を打たないと、日本は、将来に、大きな、歴史的な、大禍根を残す結果になってしまう。
一刻も早く、この問題が、日本社会や日本国や日本国民全体に対して、相当に、重大で、深刻な悪影響があることに早く、気づいてほしい。

統一創価カルト規制法!犯罪=解散処分!西葛西 街宣!目覚めよ日本党押越清悦、鈴木さん。

2024年4月13日、被害メモ、寝床でも、天井叩き。居間テント内でも、オフラインスマホを検知し、天井叩き。リモコン持つと検知し、天井叩き。カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)悪用動員1回。本日もまだ、盗撮・盗聴・監視の継続を確認。カルト教団S会はテロ組織。

 朝、まだ、寝てる内から、布団内での、姿勢変化を検知して、天井を叩いてきた。ほとんど、音は、出ないので、音で、検知することはできないと考えられる。
当然、上階カルト(カルト教団S会)が、違法に、まだ、階下を、違法な方法で、盗撮している証拠である。
もちろん、通常は、このような鉄筋コンクリートの建物では、階下の人間の行動を検知することは、不可能である。
ちなみに、私は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。
通常は、そうである。
従って、相当、違法な方法で、盗撮していないと、検知できないことがわかるので、違法な方法で、上階カルト(カルト教団S会)が、盗撮していることがわかる。
 当然、鉄筋コンクリートで、階下の人間の行動を検知できるということは、信じられないと思うが、物質を透視・透過できる放射線などの方法を使用していることがわかる。逆に、物質を透過できないと、検知できないからだ。
 物質を透過・透視できる方法としては、空港の手荷物検査で、使用しているX線や医療や歯科で、使用しているX線CTなどがある。また、往診医師などが、携帯している携帯型放射線CTなど、移動しても、使用できるものも存在する。それは、だいたい1m四方くらいの検知エリアがある。
従って、それらと、同等の方法であれば、階下を透視・透過監視が可能だと考えられ、全然、全く、不可能なことではないことが、わかると思う。
従って、この上階カルト(カルト教団S会)は、それらに類する放射線CTなどの方法を使用していると考えられる。
 しかし、正式に、宗教法人として、認可され、税金を免除されている団体が、他人の部屋を、放射線を使用して、盗撮しているとなれば、重大な問題である。
それも、それが、私だけに、行われているわけではなく、多くの被害者が存在していることから、大規模に行われていることがわかる。
つまり、これは、オウム真理教のようなカルト教団が、大規模に、組織的に、行っている組織犯罪である。
 これだけ、日本、全国で、大規模に行われている組織犯罪を、国の捜査機関が、把握していないことは、ありえず、把握していても、握りつぶすとか、隠蔽に加担している可能性があり、そのような対処すべき、国の機関である公安調査庁や公安部などが、このカルト教団S会の「総体革命」により、乗っ取られてしまっている可能性が高いことが、懸念される。
もう一度、このような国の機関が、正常に機能しているか検証する必要があると思う。
やはり、他国のように、連邦警察やFBIなどの別の独立した複数の捜査機関が必要であることがわかる。
従って、日本も、日本版FBIとなる国家警察等の全国を管轄する専門の捜査機関を設置する必要があると思われる。



8:20頃から、また、変な高周波音のような音を発生させている。


ただし、今日は、工事は休みなので、以外と静かである。
工事音がしないので。


上階カルト(カルト教団S会)が、階下を、盗撮し、検知した反応として、若干、ベランダを叩くこともあった。



居間テント内で、全く、電波を出していないオフラインのスマホを、持つと、それを検知して、やはり、天井を叩いてきた。
この場合は、電波の監視では、検知できないので、物質を透過できる放射線等を使用し、上階から階下を、盗撮していることが、明らかである。
逆に、そうでなければ、検知できないからだ。
しかし、宗教団体が、放射線を使うとは、呆れた犯罪行為である。それは、もはや、宗教とは呼べず、テロ組織である。
例えば、トラックの荷物を検査するのに、X線を使って、開けずに、あの幅のあるコンテナなどの中を、調べているので、同じような方法を使用していると考えられる。上下方向から透過させて監視していると考えられる。



また、リモコンを持つと、やはり、それを検知し、天井を叩いてきた。以前は、リモコンを操作する度に天井を叩き、もっと、頻繁に、やられていたが、回数は、減少してきてはいる。
それでも、未だに、盗撮・監視していることがわかるだけの反応は、示してきている。









 最近、体が痛い。特に、スポーツをして、酷使したわけでもないのにである。
左手と右腕と右肩が痛い。また、背中や膝や腿も痛い。何等かの攻撃を受けている可能性が高い。
 ぴったりの表現が見つかったので、書くと、「急に80歳を超えた老人になった感じである」。ただ、体を普通に動かすのさえ、困難となってしまっているのである。この症状が、回復するのかどうか?わからない状態である。
 恐らく、遠隔からの電磁波(放射線等)を使用した身体攻撃を受けているか、または、天然水を使用した飲料水か飲食物に、何等かの長期摂取系毒物を投入された可能性がある。何でも、無かったのに、急に、痛くなっているので、外的な要因と考えられる。
 特に天然水は、疑わしい。イオンでは、販売店舗を限定して回収しているが、全く、同じ物を購入していたからだ。
特に、私が、定常的にこの天然水を購入するようになれば、その製造工場で、工作員に、投入させる可能性は、排除できない。
 それは、以前は、私がよく購入していた冷凍食品に工場で毒を投入し、その犯人は、逮捕されていて、工場は、閉鎖され、その後、その製品は、買えなくなっているのである。関係があったかどうかは、判明しないが、そういう可能性は、排除できない。
 なぜなら、このカルト教団S会は、目的の為には、手段を選ばないことが判明していて、教祖・教団の為なら、犯罪を犯してもよいとの教えだからだ。また、どこの会社でも工場でも、最低でも、5%以上は、カルト教団S会の信者はいるので、司令さえすれば、可能だからだ。また、カルト教団S会の信者は、どこに配属になろうと、教祖・教団の為に、全力で活動するという考えを持っていることが判明しているからだ。非常に、危険な思想・考え方をしていることがわかると思う。だから、世界から、オウム真理教などと変わらない危険な団体であるとして、「カルト」指定をされているのだ。

 また、両足の皮膚のただれも激化している。ところどころ、かさぶたができて、痒いので、掻くと、血が出る。そして、かさぶたとなるの悪循環。元々、両足は、被害初期に、やけど状態になった。恐らく、マイクロ波を照射され、焼かれたものと考えられる。
その後、放射線を照射されているので、自然治癒が阻害され、治らずにいるのだと考えられる。
また、放射線を長時間、照射され、被爆しているので、DNAに傷がつき、自然治癒力が阻害され、かつ、別の障害も発生している。
その後、10年以上、完治していない。以前なら、1ヶ月もあれば、完治していたのにである。
それまでは、足に何の傷もなかったのにである。
最近では、天井叩きなどの反応回数は少なくなったが、恐らくは、依然として、盗撮の為に、常に、放射線を照射されているせいかもしれない。
それは、そうだ!だって、監視のために、常に、放射線を浴びているわけだから、何か、健康に障害が出ない方が不思議である。
早く、このカルト教団S会の犯罪が、もっと、大々的に世間に広まり、認知され、海外メディアが、取材・報道し、日本メディアも取り上げざるを得ないようになることで、取り締まれられることになり、対策につながることを期待する。
T協会問題やジャニーズ問題のように!









本当に、このカルト問題は、闇が深い。

カルト教団S会の広宣部≒(CIA+NSA)
カルト教団S会の広宣部≒(オウム真理教)
カルト教団S会の実態≒(T協会+オウム真理教)

 ここは、鉄筋コンクリートの建物なので、通常は、上階から階下の人間の動作・操作・PC操作・PC画面を検知することはできない。しかし、それらのことを検知し、反応していることから、相当に特殊な方法で、盗撮・監視・検知していることになる。
もちろん、それらの行為は、全て、犯罪である。盗撮に当たる犯罪行為で、尚且つ、常時、違法に他人を、24時間365日、監視しているので、人権侵害の憲法違反にも当たる重大犯罪である。
その意味でも、カルト教団S会は、テロ組織である。
 このような明らかな犯罪を税金を免除されている宗教法人が、行うことは、決して、許されることではない。
例え、それをしている宗教団体が、政権与党だとしても、また、警察を多くの信者で固めていようと、である。
 この「集団ストーカー」という組織的なストーカー行為は、カルト教団S会が行っているという証拠・根拠がある。例えば、カルト教団S会の元信者の長井さんも認め、謝罪しているし、現役信者のRevoさんも、行っていたことを認めている。また、れいわ新選組の山本代表も、実際にやっていたという信者からの話を聞いたとして、認めている。もちろん、被害者の多くも加害者は、カルト教団S会であるとして、デモや街宣をしてきた。
 これ以上の根拠・証拠は、もはや、必要ではなく、「集団ストーカー」犯罪は、カルト教団S会が行っているということで、すでに、十分に断定できるレベルとなっている。
 よって、カルト教団S会は、正式に、この「集団ストーカー犯罪」をしていたことを認め、多くの被害者に謝罪すべきである。
もはや、宗教法人として許される活動範囲を、大幅に、逸脱していることは、明らかなので、明らかに、「解散命令」の事由に該当していると言える。
宗教法人法の第81条に該当するサルサ岩渕氏の出典より」
よって、宗教法人法第81条に違反しているカルト教団S会には、正式に、「解散命令」を出すことができるのである。










・本日の救急車など(緊急車両、ヘリ、飛行機等)を悪用したストーカー行為


1回目 21:10 非救急型サイレン、カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)悪用動員

Xをやると、それを検知して、動員されたものと考えられる。それらも監視しているからだ。


 このカルト教団S会が、救急車、パトカー、ヘリ、消防車、飛行機などをストーカー行為として、悪用している事実は、様々な人が、指摘していることであり、事実である。

【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
亡くなった清水由貴子さんの証言
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言
航空機の悪用

 もう、そろそろ、このような世の中のためにならない犯罪は、やめさせなければならない時期に来ているのではないだろうか?
きちんと、カルトの犯罪は、犯罪として、取り締まって行く必要があると思う。
宗教だからと言って、特定の宗教団体が、犯罪をしているのに、まるで、治外法権のように、野放しになっているとしたら、決して、法治国家として、許されることではない。
対応できていないとしたら、対応すべき機関の問題点を調査する必要もあるかもしれない。












定条文

 ここは、鉄筋コンクリートのマンションである。さらに、床は、衝撃吸収床で、普通のマンションより、むしろ、防音がしっかりしている有名シリーズのマンションである。従って、通常は、上下で、音の問題が起きることはない。
従って、普通の住民が上階に入居していれば、何の問題も、騒音問題も起きていない。
それは、過去、首都圏で、何度も引っ越しをして、そうだったので、確かである。

 ただし、この被害に遭うようになってからは、上階に、勧誘を断った筈のカルト教団S会の工作員が、勧誘を断られたのを逆恨みして、嫌がらせ目的で、入るようになると、それが、完全に崩れた。通常は盗撮でもしていなければ、不可能な階下の動作・行動に反応して、天井を叩いてきたり、ドンという音を立ててきたり、床板がある筈なのに、床板を剥がし、コンクリートの床を、直接、蹴飛ばしたような音まで、発生させてくる。
時には、検知し、カルト系救急車を悪用動員してくる場合もある。救急車をストーカー行為のように悪用動員するのである。極めて、悪質と言わざるを得ない団体である。
宗教とは、真逆の犯罪行為をしてくるカルト教団である。
まさに、テロ組織である。もちろん、これらの行為は、全て犯罪に該当するので、犯罪組織とも言える。
だから、このカルト教団S会は、世界から「カルト」指定されているのだ。
このカルト教団S会の実態は、世界で、「カルト」指定していることから推測できると思う。
国際的には、オウム真理教などと同等に危険な団体であると認識されているのである。




・上階カルトからの室内における工作

 天井叩きなどの騒音攻撃による被害は、少なくなっているが、無くなったわけではない。
今、現在も、24時間365日の違法な盗撮・盗聴・監視は、続いていることを確認している。
ちよっとした仕草や操作まで、盗撮によって、見られているという認識は、プライバシーがゼロということである。あたかも、動物園にいる猿のように、四六時中、見られていることと同じであり、人権侵害の極みである。殺人にも匹敵する残虐行為であり、犯罪である。
 こういうことを宗教団体だからと言って、あるいは、政権政党を持っているからと言って、また、半ば警察を支配できているからと言って、決して、許されることではなく、極めて、凶悪な犯罪行為である。
それらの状況とは、別に、分けて捉え、どこの組織が行っていようと、犯罪は、犯罪として、取り締まる必要があるのは、言うまでもないことである。
もし、そんな当たり前のことが、通らないとすれば、どこに問題があるのか、検証しなければならない。
特定の宗教団体の犯罪が、野放しを許されているとしたら、権力の悪用であり、政教分離の憲法違反である。

 マンションの部屋の上階に侵入したカルト教団S会の工作員による放射線を使用しての上階からの透過・透視・監視は、続いていて、当方の行動の何かを検知すると、その度に、天井を叩くという騒音攻撃・嫌がらせも以前よりは減ったが、それでも、無くなったわけではなく、続いている。
主に、PCを持ったタイミングや操作開始したタイミングやスマホを持ったタイミングやリモコンを操作したタイミングやネット(データ通信)をONにしたタイミングなどである。もちろん、普通は、上階から階下の人間のそのような操作を検知することは不可能である。通常は、階下に人がいるかどうかさえわからない。従って、それらを検知して、反応できるということは、いかに、上階に侵入しているカルト教団S会が、特殊な工作をしているかが、わかると思う。そう、まるで、テロ組織のような活動をしているのだ。
明らかに、「宗教団体」としての活動範囲を逸脱しているし、犯罪に該当している。明らかに、「解散命令請求」の事由に該当している。
 また、コンクリートの床を超えて、こちらの室内である天井の裏に物か棒でも、落としたような音を発生させる「家宅侵入犯罪」や「住居侵入犯罪」に該当することも、度々、行ってきている。犯罪に該当する行為でも、平気で行う凶悪なカルト教団である。
また、移動もことごとく、検知されて、真上に移動してから、天井を叩くということもやられていて、「屋内付き纏い」とも言うべき、ストーカー行為もやられている。
居間テント内だけに限らず、トイレや洗面所に移動した場合も、上に来て、天井から異音を発生させ、検知できていることを認識させようとしてくるのである。
 この他人の部屋を盗撮し、その盗撮・監視していることで、何かを、検知したら、天井を叩く等、その都度、盗撮・監視を、相手に認識させる行為は、「常習的脅迫」に当たる犯罪行為である。これが野放しなのである。
通常、鉄筋コンクリートの建物で、何もせず、階下の人間の行動を把握することは、不可能である。
まして、階下の居間に設置した金属シートで覆ったテント内では、通常、盗撮カメラによる盗撮も不可能である。
また、同様に、金属で遮断しているので、赤外線やマイクロ波による透視・透過盗撮も不可能であることがわかると思う。
ところが、上階カルトは、それでも、寝床やテント内での動作に反応して、天井を叩いてくることから、見えていることは、確かである。
その状態で見えているということは、あとは、放射線しか有り得ない。
さらに、居間では、テント内にいる時にしか、天井を叩かないことでも、区別できていて、見えている証拠である。
まあ、普通は、鉄筋コンクリートの建物で、通常は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。当方も階下に人がいるかどうかさえわからない。通常は、検知できない。
 しかし、カルト教団S会のように、テロ組織のような違法な活動をしているカルト教団は、目的のためには、手段を選ばないという特徴がある。オウム真理教を想像してもらえばわかると思う。普通の人が、想像できないことでもしていたことがわかる。例えば、オウム真理教の例だと、武器を製造していたことや毒ガスサリンを製造していたことなどがすでに判明しています。
同様に、このカルト教団S会も、普通の人が、想像もできないことでもする特性を備えていることは、確かです。
だって、階下を盗撮するのに、放射線を使ってくる団体である。でなければ、鉄筋コンクリートのビルで、階下を盗撮・監視することなど不可能だからだ。
 放射線を使って、常に盗撮されているので、常に放射線を照射しているので、当然、照射されている人は、被爆し、健康被害も発生することになることは、当然のことである。
これは、「傷害罪」に当たる犯罪である。ガンなどの病気への誘導も可能である。
これは、もう、宗教組織などではなく、テロ組織か反社会的勢力か国内スパイ組織である。
さらに、警察やマスコミにも信者を多数送り込み、事実上、支配できているために、巧妙に国民には、隠蔽できているのである。
より悪質である。
 だから、早く、フランスのように、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないのだ。
これ以上、カルト教団S会を野放しにすると、日本社会は、破壊されてしまう。
その意味では、かつての、オウム真理教より、問題は、深刻である。
だって、裁判官にまで、カルト教団S会の信者が入り込み、自分たちの都合のいいように、判決を捻じ曲げることも確認されているからなのだ。
早急に手を打たないと、日本は、将来に、大きな、歴史的な、大禍根を残す結果になってしまう。
一刻も早く、この問題が、日本社会や日本国や日本国民全体に対して、相当に、重大で、深刻な悪影響があることに早く、気づいてほしい。

統一創価カルト規制法!犯罪=解散処分!西葛西 街宣!目覚めよ日本党押越清悦、鈴木さん。

2024年4月12日、被害メモ、本日も、工事偽装による電ドル音とハンマー音。盗撮等により、動作・行動の検知によるカルト系救急車の悪用動員4回目。カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)の悪用動員2回目。暴走族空吹かし。カルト教団S会はテロ組織。




本日は、雨なのだが、工事をしている。

従って、本日も、案の定、電ドル音とハンマー音がした。

しかし、それにも、不自然点がある。
もう、上の階まで、足場の設置は、昨日まで、済んでいる筈なので、私の部屋の周辺で、電ドル音やハンマー音がするのは、おかしい。せいぜい、やるなら、最上階くらいしかない筈である。
しかし、なぜか、未だに、私の部屋の周辺で、それらの音がしているのか?もちろん、工事を利用して、騒音攻撃をする意図も、持ち合わせでいるからだと考えられる。
しかし、予定では、足場の設置は、今週なので、来週には、それらの音はしない筈である。

例えば、ハンマー音も、妙に、こちらの動作に反応したように、リズミカルに鳴っていたり、不自然な点もあり、また、電ドル音も、どうも、こちらの動作に関係したと思われるタイミングで、鳴っているようでもあるので、騒音としての、嫌がらせ目的も含まれると考えるのが、自然である。

電ドル音やハンマー音が不自然かどうかは、そのタイミングを、見ているとわかる。こちらの動作などに連動していれば、工作による騒音であり、無関係であれば、普通の工事音である。


おそらく、
大規模修繕工事≒本当の工事+騒音攻撃・嫌がらせ目的+監視・見張り+付き纏い・遭遇工作
だと考えられる。

当初に、私が、駐車場から戻るタイミングでの遭遇工作に、大量動員してきたので、遭遇工作目的も含まれることは、明らかである。そのことから、この工事関係者にカルト勢力が含まれることは、明らかであり、工事会社自体が、カルト系の会社であるのか、カルト信者が多い工事会社の可能性が高いことがわかる。
元々、別の被害者などからの報告でも、このカルト教団S会は、工事に偽装した工作をしてくることは、報告されている事ではある。


その後、ブログを開くと、案の定、サイレンが鳴って、カルト系救急車を悪用動員してきた。

その後、ブログを書きはじめると、サイレンが鳴って、カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)を動員してきた。

その後も、足場の設置音は継続している。


横になっていた時に、顔を横に向けると、何回か、それに反応して、打音がしていたし、また、テント内での私の動作・操作・仕草にも反応して、天井から打音がしていたので、やはり、まだ、上階カルト(カルト教団S会)が、階下の私を、盗撮・盗聴・監視し、騒音攻撃も、行っていると考えられる。ただし、それらに関する工作も、以前に比べれば、減ってきている。

その後、ブログを書いて、丁度、更新したタイミングで、また、カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)の悪用動員をしてきた。

結構しつこいので、Xにも投稿することにした。

天井叩き

19:38 暴走族の爆音バイクの空吹かし動員
バイパスを走行していたと思われる。
もちろん、こういうものは、カルト教団S会が動員していると考えられる。

最近、体が痛い。特に、スポーツをして、酷使したわけでもないのにである。
左手と右腕と右肩が痛い。
また、両足の皮膚のただれも激化している。ところどころ、かさぶたができて、痒いので、掻くと、血が出る。そして、かさぶたとなるの悪循環。元々、両足は、被害初期に、やけど状態になった。恐らく、マイクロ波を照射され、焼かれたものと考えられる。
その後、放射線を照射されているので、自然治癒が阻害され、治らずにいるのだと考えられる。
また、放射線を長時間、照射され、被爆しているので、DNAに傷がつき、自然治癒力が阻害され、かつ、別の障害も発生している。
その後、10年以上、完治していない。以前なら、1ヶ月もあれば、完治していたのにである。
それまでは、足に何の傷もなかったのにである。
最近では、天井叩きなどの反応回数は少なくなったが、恐らくは、依然として、盗撮の為に、常に、放射線を照射されているせいかもしれない。
それは、そうだ!だって、監視のために、常に、放射線を浴びているわけだから、何か、健康に障害が出ない方が不思議である。
早く、このカルト教団S会の犯罪が、もっと、大々的に世間に広まり、認知され、海外メディアが、取材・報道し、日本メディアも取り上げざるを得ないようになることで、取り締まれられることになり、対策につながることを期待する。
T協会問題やジャニーズ問題のように!









本当に、このカルト問題は、闇が深い。

カルト教団S会の広宣部≒(CIA+NSA)
カルト教団S会の広宣部≒(オウム真理教)
カルト教団S会の実態≒(T協会+オウム真理教)

 ここは、鉄筋コンクリートの建物なので、通常は、上階から階下の人間の動作・操作・PC操作・PC画面を検知することはできない。しかし、それらのことを検知し、反応していることから、相当に特殊な方法で、盗撮・監視・検知していることになる。
もちろん、それらの行為は、全て、犯罪である。盗撮に当たる犯罪行為で、尚且つ、常時、違法に他人を、24時間365日、監視しているので、人権侵害の憲法違反にも当たる重大犯罪である。
その意味でも、カルト教団S会は、テロ組織である。
 このような明らかな犯罪を税金を免除されている宗教法人が、行うことは、決して、許されることではない。
例え、それをしている宗教団体が、政権与党だとしても、また、警察を多くの信者で固めていようと、である。
 この「集団ストーカー」という組織的なストーカー行為は、カルト教団S会が行っているという証拠・根拠がある。例えば、カルト教団S会の元信者の長井さんも認め、謝罪しているし、現役信者のRevoさんも、行っていたことを認めている。また、れいわ新選組の山本代表も、実際にやっていたという信者からの話を聞いたとして、認めている。もちろん、被害者の多くも加害者は、カルト教団S会であるとして、デモや街宣をしてきた。
 これ以上の根拠・証拠は、もはや、必要ではなく、「集団ストーカー」犯罪は、カルト教団S会が行っているということで、すでに、十分に断定できるレベルとなっている。
 よって、カルト教団S会は、正式に、この「集団ストーカー犯罪」をしていたことを認め、多くの被害者に謝罪すべきである。
もはや、宗教法人として許される活動範囲を、大幅に、逸脱していることは、明らかなので、明らかに、「解散命令」の事由に該当していると言える。
宗教法人法の第81条に該当するサルサ岩渕氏の出典より」
よって、宗教法人法第81条に違反しているカルト教団S会には、正式に、「解散命令」を出すことができるのである。







・本日の救急車など(緊急車両、ヘリ、飛行機等)を悪用したストーカー行為


1回目 12:13 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

以前、よくやられていた食後に、それを検知して、動員されたものと考えられる。
昼食後というタイミングも盗撮していなければ、わからないタイミングである。よって、盗撮・盗聴・監視している上階(カルト教団S会)との連絡・連携による悪用動員であることがわかる。

2回目 13:52 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

横になっているリラックスタイムを狙ったものと考えられる。以前のブログでも、多く書いているように、リラックスタイムを狙った動員は、多い。もちろん、こちらが、リラックスして、横になっているかどうかなんて、盗撮・盗聴・監視していなければ、わからないことであるので、当然、階下の私を、盗撮・盗聴・監視している上階(カルト教団S会)との連絡・連携による動員でいあることがわかる。救急車は、私の行動などわからない筈であるからだ。

3回目 15:59 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

ブログへアクセスして、開いたタイミングに、動員されたものである。普通は、他人が、ブログにログインしたかどうかなんて、わからない。しかし、このカルト教団S会は、独自のサイバー部隊である「広宣部」という組織を保有しているので、それくらいは、容易に検知できるのである。そして、カルト系救急車との連携によって、動員されたものである。

4回目 16:19 非救急型サイレン、カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)悪用動員

ブログをやると、それを検知し、動員されたものと考えられる。

5回目 16:47 非救急型サイレン、カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)悪用動員

ブログを更新すると、それを検知し、動員されたものと考えられる。

6回目 20:04 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

Xをやると、すぐに、それを検知し、動員されたものと考えられる。


 このカルト教団S会が、救急車、パトカー、ヘリ、消防車、飛行機などをストーカー行為として、悪用している事実は、様々な人が、指摘していることであり、事実である。

【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
亡くなった清水由貴子さんの証言
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言
航空機の悪用

 もう、そろそろ、このような世の中のためにならない犯罪は、やめさせなければならない時期に来ているのではないだろうか?
きちんと、カルトの犯罪は、犯罪として、取り締まって行く必要があると思う。
宗教だからと言って、特定の宗教団体が、犯罪をしているのに、まるで、治外法権のように、野放しになっているとしたら、決して、法治国家として、許されることではない。
対応できていないとしたら、対応すべき機関の問題点を調査する必要もあるかもしれない。















定条文

 ここは、鉄筋コンクリートのマンションである。さらに、床は、衝撃吸収床で、普通のマンションよりむしろ、防音がしっかりしているマンションである。従って、通常は、上下で、音の問題が起きることはない。
従って、普通の住民が上階に入居していれば、何の問題も、騒音問題も起きていない。
それは、過去、首都圏で、何度も引っ越しをして、そうだったので、確かである。

 ただし、この被害に遭うようになってからは、上階に、勧誘を断った筈のカルト教団S会の工作員が、勧誘を断られたのを逆恨みして、嫌がらせ目的で、入るようになると、それが、完全に崩れた。通常は盗撮でもしていなければ、不可能な階下の動作・行動に反応して、天井を叩いてきたり、ドンという音を立ててきたり、床板がある筈なのに、床板を剥がし、コンクリートの床を、直接、蹴飛ばしたような音まで、発生させてくる。
時には、検知し、カルト系救急車を悪用動員してくる場合もある。救急車をストーカー行為のように悪用動員するのである。極めて、悪質と言わざるを得ない団体である。
宗教とは、真逆の犯罪行為をしてくるカルト教団である。
まさに、テロ組織である。もちろん、これらの行為は、全て犯罪に該当するので、犯罪組織とも言える。
だから、このカルト教団S会は、世界から「カルト」指定されているのだ。
このカルト教団S会の実態は、世界で、「カルト」指定していることから推測できると思う。
国際的には、オウム真理教などと同等に危険な団体であると認識されているのである。




・上階カルトからの室内における工作

 天井叩きなどの騒音攻撃による被害は、少なくなっているが、無くなったわけではない。
今、現在も、24時間365日の違法な盗撮・盗聴・監視は、続いていることを確認している。
ちよっとした仕草や操作まで、盗撮によって、見られているという認識は、プライバシーがゼロということである。あたかも、動物園にいる猿のように、四六時中、見られていることと同じであり、人権侵害の極みである。殺人にも匹敵する残虐行為であり、犯罪である。
 こういうことを宗教団体だからと言って、あるいは、政権政党を持っているからと言って、また、半ば警察を支配できているからと言って、決して、許されることではなく、極めて、凶悪な犯罪行為である。
それらの状況とは、別に、分けて捉え、どこの組織が行っていようと、犯罪は、犯罪として、取り締まる必要があるのは、言うまでもないことである。
もし、そんな当たり前のことが、通らないとすれば、どこに問題があるのか、検証しなければならない。
特定の宗教団体の犯罪が、野放しを許されているとしたら、権力の悪用であり、政教分離の憲法違反である。

 マンションの部屋の上階に侵入したカルト教団S会の工作員による放射線を使用しての上階からの透過・透視・監視は、続いていて、当方の行動の何かを検知すると、その度に、天井を叩くという騒音攻撃・嫌がらせも以前よりは減ったが、それでも、無くなったわけではなく、続いている。
主に、PCを持ったタイミングや操作開始したタイミングやスマホを持ったタイミングやリモコンを操作したタイミングやネット(データ通信)をONにしたタイミングなどである。もちろん、普通は、上階から階下の人間のそのような操作を検知することは不可能である。通常は、階下に人がいるかどうかさえわからない。従って、それらを検知して、反応できるということは、いかに、上階に侵入しているカルト教団S会が、特殊な工作をしているかが、わかると思う。そう、まるで、テロ組織のような活動をしているのだ。
明らかに、「宗教団体」としての活動範囲を逸脱しているし、犯罪に該当している。明らかに、「解散命令請求」の事由に該当している。
 また、コンクリートの床を超えて、こちらの室内である天井の裏に物か棒でも、落としたような音を発生させる「家宅侵入犯罪」や「住居侵入犯罪」に該当することも、度々、行ってきている。犯罪に該当する行為でも、平気で行う凶悪なカルト教団である。
また、移動もことごとく、検知されて、真上に移動してから、天井を叩くということもやられていて、「屋内付き纏い」とも言うべき、ストーカー行為もやられている。
居間テント内だけに限らず、トイレや洗面所に移動した場合も、上に来て、天井から異音を発生させ、検知できていることを認識させようとしてくるのである。
 この他人の部屋を盗撮し、その盗撮・監視していることで、何かを、検知したら、天井を叩く等、その都度、盗撮・監視を、相手に認識させる行為は、「常習的脅迫」に当たる犯罪行為である。これが野放しなのである。
通常、鉄筋コンクリートの建物で、何もせず、階下の人間の行動を把握することは、不可能である。
まして、階下の居間に設置した金属シートで覆ったテント内では、通常、盗撮カメラによる盗撮も不可能である。
また、同様に、金属で遮断しているので、赤外線やマイクロ波による透視・透過盗撮も不可能であることがわかると思う。
ところが、上階カルトは、それでも、寝床やテント内での動作に反応して、天井を叩いてくることから、見えていることは、確かである。
その状態で見えているということは、あとは、放射線しか有り得ない。
さらに、居間では、テント内にいる時にしか、天井を叩かないことでも、区別できていて、見えている証拠である。
まあ、普通は、鉄筋コンクリートの建物で、通常は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。当方も階下に人がいるかどうかさえわからない。通常は、検知できない。
 しかし、カルト教団S会のように、テロ組織のような違法な活動をしているカルト教団は、目的のためには、手段を選ばないという特徴がある。オウム真理教を想像してもらえばわかると思う。普通の人が、想像できないことでもしていたことがわかる。例えば、オウム真理教の例だと、武器を製造していたことや毒ガスサリンを製造していたことなどがすでに判明しています。
同様に、このカルト教団S会も、普通の人が、想像もできないことでもする特性を備えていることは、確かです。
だって、階下を盗撮するのに、放射線を使ってくる団体である。でなければ、鉄筋コンクリートのビルで、階下を盗撮・監視することなど不可能だからだ。
 放射線を使って、常に盗撮されているので、常に放射線を照射しているので、当然、照射されている人は、被爆し、健康被害も発生することになることは、当然のことである。
これは、「傷害罪」に当たる犯罪である。ガンなどの病気への誘導も可能である。
これは、もう、宗教組織などではなく、テロ組織か反社会的勢力か国内スパイ組織である。
さらに、警察やマスコミにも信者を多数送り込み、事実上、支配できているために、巧妙に国民には、隠蔽できているのである。
より悪質である。
 だから、早く、フランスのように、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないのだ。
これ以上、カルト教団S会を野放しにすると、日本社会は、破壊されてしまう。
その意味では、かつての、オウム真理教より、問題は、深刻である。
だって、裁判官にまで、カルト教団S会の信者が入り込み、自分たちの都合のいいように、判決を捻じ曲げることも確認されているからなのだ。
早急に手を打たないと、日本は、将来に、大きな、歴史的な、大禍根を残す結果になってしまう。
一刻も早く、この問題が、日本社会や日本国や日本国民全体に対して、相当に、重大で、深刻な悪影響があることに早く、気づいてほしい。

統一創価カルト規制法!犯罪=解散処分!西葛西 街宣!目覚めよ日本党押越清悦、鈴木さん。

2024年4月11日(木)、被害メモ、当然、また、工事音である。電ドル音とハンマー音である。足場の設置音。ブログをやるとカルト系救急車悪用動員1回目、カルト教団S会はテロ組織。



10時台に、門扉を開けて、外の玄関エリアに入ってきたので、インターホンで、確認すると、外通路の清掃員であるおばさんだった。
もちろん、過去のことから、このおばさんも、カルト系であることは、十分に考えられる。

また、本日は、天気もよかったので、大規模修繕工事が入ることが予想されていたが、案の定、電ドル音とハンマー音がした。

今回は、私の部屋の高さまで、足場設置が、来ているので、当然、それらの音がしても、工事音ということで、騒音による嫌がらせということは、不可能である。

一応、電ドル音は、足場の倒壊防止で、足場を建物に固定するためとの事ではある。
また、ハンマー音は、その穴に、アンカーを打ち込んでいる音であることにはなっている。

その後、また、11時台に、外通路の掃き掃除担当のおばさんが、入ってきたことがわかった。

その後、ブログを書き始めると、案の定、サイレンが鳴って、カルト系救急車を悪用動員してきた。

足場の設置音は継続している。

その後、テストをしてみた。

1.移動してみて、外の工事音に変化があるか?

表側で、コンクリートに穴を開けている電動ドリル音がしていたので、裏側に、移動してみた。
すると、まあ、案の定というか、やっぱり、カルト系の工事だから、その工事音も移動するのだった。
つまり、裏側へ移動すると、今度は、裏側での、電ドル音が、大きくするのである。
これは、移動しているというより、裏工事班と表工事班と上階カルト(カルト教団S会)が、連絡・連携していることがわかる。
普通、表側の工事が大きいからと、裏側に移動しても、それに合わせたように、今度は、裏側の工事音が大きくなるなんてことにはならない。
恐らくは、盗撮・盗聴・監視している上階カルト(カルト教団S会)が、私の室内での移動を検知して、外の表工事班と裏工事班に、通報して、それに応じた側の騒音攻撃を激化するという恣意的な工事音発生をさせているからである。
つまり、
大規模修繕工事≒実際の工事+嫌がらせによる騒音攻撃+見張り・監視
こんな感じだと思われる。

2.室内で、シュレッダー音や掃除機音を出して、外の工事音が、どう変化するか?テストした。

外の工事音が大きい時に、意図的に、こちらが、室内で、大きな音がでるように、シュレッダー音や掃除機音を出してみた。
そうすると、外の工事音がどう変化するか?確認した。
すると、おかしなことに、外の大きな工事音が止まるのだった。
恐らくは、盗撮・盗聴・監視している上階カルト(カルト教団S会)が、私が室内で、何をしているか確認するまで、外の騒音を、確認の邪魔になるので、止めるという行動の変化が起きたのだ。
この工事が、カルト系の工事でなければ、私の室内での騒音とは、無関係である筈である。
そもそも、反応して、変化するということは、私の室内での音を聞いているということである。
普通の工事業者なら、他人の室内の音に、反応した変化など起きない筈である。
ところが、反応した行動をしていることから、やはり、この工事は、カルト系の工事であることがわかる。
つまり、
大規模修繕工事≒実際の工事+嫌がらせによる騒音攻撃+見張り・監視
だと考えられるのだ。


もちろん、その後も、上階カルト(カルト教団S会)の盗撮・盗聴・監視・騒音攻撃は、継続していることを確認している。

やはり、私の操作・動作に反応して、検知すると、天井を叩くなどの行為をしているからだ。



























本当に、このカルト問題は、闇が深い。

カルト教団S会の広宣部≒(CIA+NSA)
カルト教団S会の広宣部≒(オウム真理教)
カルト教団S会の実態≒(T協会+オウム真理教)

 ここは、鉄筋コンクリートの建物なので、通常は、上階から階下の人間の動作・操作・PC操作・PC画面を検知することはできない。しかし、それらのことを検知し、反応していることから、相当に特殊な方法で、盗撮・監視・検知していることになる。
もちろん、それらの行為は、全て、犯罪である。盗撮に当たる犯罪行為で、尚且つ、常時、違法に他人を、24時間365日、監視しているので、人権侵害の憲法違反にも当たる重大犯罪である。
その意味でも、カルト教団S会は、テロ組織である。
 このような明らかな犯罪を税金を免除されている宗教法人が、行うことは、決して、許されることではない。
例え、それをしている宗教団体が、政権与党だとしても、また、警察を多くの信者で固めていようと、である。
 この「集団ストーカー」という組織的なストーカー行為は、カルト教団S会の元信者の長井さんも認め、謝罪しているし、現役信者のRevoさんも、行っていたことを認めている。また、れいわ新選組の山本代表も、実際にやっていたという信者からの話を聞いたとして、認めている。もちろん、被害者の多くも加害者は、カルト教団S会であるとして、デモや街宣をしてきた。
 これ以上の根拠・証拠は、もはや、必要ではなく、「集団ストーカー」犯罪は、カルト教団S会が行っているということで、すでに、十分に断定できるレベルとなっている。
 よって、カルト教団S会は、正式に、この「集団ストーカー犯罪」をしていたことを認め、多くの被害者に謝罪すべきである。
もはや、宗教法人として許される活動範囲を、大幅に、逸脱していることは、明らかなので、明らかに、「解散命令」の事由に該当していると言える。
宗教法人法の第81条に該当するサルサ岩渕氏の出典より」
よって、宗教法人法第81条に違反しているカルト教団S会には、正式に、「解散命令」を出すことができるのである。







・本日の救急車など(緊急車両、ヘリ、飛行機等)を悪用したストーカー行為


1回目 11:44 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

ブログを書き始めたので、それを検知され、動員されたものと考えられる。
このカルト系救急車の悪用動員は、私の行動などを検知した場合に、動員されることが多い。


 このカルト教団S会が、救急車、パトカー、ヘリ、消防車、飛行機などをストーカー行為として、悪用している事実は、様々な人が、指摘していることであり、事実である。

航空機の悪用
亡くなった清水由貴子さんの証言
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言

 もう、そろそろ、このような世の中のためにならない犯罪は、やめさせなければならない時期に来ているのではないだろうか?
きちんと、カルトの犯罪は、犯罪として、取り締まって行く必要があると思う。
宗教だからと言って、特定の宗教団体が、犯罪をしているのに、まるで、治外法権のように、野放しになっているとしたら、決して、法治国家として、許されることではない。
対応できていないとしたら、対応すべき機関の問題点を調査する必要もあるかもしれない。















定条文

 ここは、鉄筋コンクリートのマンションである。さらに、床は、衝撃吸収床で、普通のマンションよりむしろ、防音がしっかりしているマンションである。従って、通常は、上下で、音の問題が起きることはない。
従って、普通の住民が上階に入居していれば、何の問題も、騒音問題も起きていない。
それは、過去、首都圏で、何度も引っ越しをして、そうだったので、確かである。

 ただし、この被害に遭うようになってからは、上階に、勧誘を断った筈のカルト教団S会の工作員が、勧誘を断られたのを逆恨みして、嫌がらせ目的で、入るようになると、それが、完全に崩れた。通常は盗撮でもしていなければ、不可能な階下の動作・行動に反応して、天井を叩いてきたり、ドンという音を立ててきたり、床板がある筈なのに、床板を剥がし、コンクリートの床を、直接、蹴飛ばしたような音まで、発生させてくる。
時には、検知し、カルト系救急車を悪用動員してくる場合もある。救急車をストーカー行為のように悪用動員するのである。極めて、悪質と言わざるを得ない団体である。
宗教とは、真逆の犯罪行為をしてくるカルト教団である。
まさに、テロ組織である。もちろん、これらの行為は、全て犯罪に該当するので、犯罪組織とも言える。
だから、このカルト教団S会は、世界から「カルト」指定されているのだ。
このカルト教団S会の実態は、世界で、「カルト」指定していることから推測できると思う。
国際的には、オウム真理教などと同等に危険な団体であると認識されているのである。




・上階カルトからの室内における工作

 天井叩きなどの騒音攻撃による被害は、少なくなっているが、無くなったわけではない。
今、現在も、24時間365日の違法な盗撮・盗聴・監視は、続いていることを確認している。
ちよっとした仕草や操作まで、盗撮によって、見られているという認識は、プライバシーがゼロということである。あたかも、動物園にいる猿のように、四六時中、見られていることと同じであり、人権侵害の極みである。殺人にも匹敵する残虐行為であり、犯罪である。
 こういうことを宗教団体だからと言って、あるいは、政権政党を持っているからと言って、また、半ば警察を支配できているからと言って、決して、許されることではなく、極めて、凶悪な犯罪行為である。
それらの状況とは、別に、分けて捉え、どこの組織が行っていようと、犯罪は、犯罪として、取り締まる必要があるのは、言うまでもないことである。
もし、そんな当たり前のことが、通らないとすれば、どこに問題があるのか、検証しなければならない。
特定の宗教団体の犯罪が、野放しを許されているとしたら、権力の悪用であり、政教分離の憲法違反である。

 マンションの部屋の上階に侵入したカルト教団S会の工作員による放射線を使用しての上階からの透過・透視・監視は、続いていて、当方の行動の何かを検知すると、その度に、天井を叩くという騒音攻撃・嫌がらせも以前よりは減ったが、それでも、無くなったわけではなく、続いている。
主に、PCを持ったタイミングや操作開始したタイミングやスマホを持ったタイミングやリモコンを操作したタイミングやネット(データ通信)をONにしたタイミングなどである。もちろん、普通は、上階から階下の人間のそのような操作を検知することは不可能である。通常は、階下に人がいるかどうかさえわからない。従って、それらを検知して、反応できるということは、いかに、上階に侵入しているカルト教団S会が、特殊な工作をしているかが、わかると思う。そう、まるで、テロ組織のような活動をしているのだ。
明らかに、「宗教団体」としての活動範囲を逸脱しているし、犯罪に該当している。明らかに、「解散命令請求」の事由に該当している。
 また、コンクリートの床を超えて、こちらの室内である天井の裏に物か棒でも、落としたような音を発生させる「家宅侵入犯罪」や「住居侵入犯罪」に該当することも、度々、行ってきている。犯罪に該当する行為でも、平気で行う凶悪なカルト教団である。
また、移動もことごとく、検知されて、真上に移動してから、天井を叩くということもやられていて、「屋内付き纏い」とも言うべき、ストーカー行為もやられている。
居間テント内だけに限らず、トイレや洗面所に移動した場合も、上に来て、天井から異音を発生させ、検知できていることを認識させようとしてくるのである。
 この他人の部屋を盗撮し、その盗撮・監視していることで、何かを、検知したら、天井を叩く等、その都度、盗撮・監視を、相手に認識させる行為は、「常習的脅迫」に当たる犯罪行為である。これが野放しなのである。
通常、鉄筋コンクリートの建物で、何もせず、階下の人間の行動を把握することは、不可能である。
まして、階下の居間に設置した金属シートで覆ったテント内では、通常、盗撮カメラによる盗撮も不可能である。
また、同様に、金属で遮断しているので、赤外線やマイクロ波による透視・透過盗撮も不可能であることがわかると思う。
ところが、上階カルトは、それでも、寝床やテント内での動作に反応して、天井を叩いてくることから、見えていることは、確かである。
その状態で見えているということは、あとは、放射線しか有り得ない。
さらに、居間では、テント内にいる時にしか、天井を叩かないことでも、区別できていて、見えている証拠である。
まあ、普通は、鉄筋コンクリートの建物で、通常は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。当方も階下に人がいるかどうかさえわからない。通常は、検知できない。
 しかし、カルト教団S会のように、テロ組織のような違法な活動をしているカルト教団は、目的のためには、手段を選ばないという特徴がある。オウム真理教を想像してもらえばわかると思う。普通の人が、想像できないことでもしていたことがわかる。例えば、オウム真理教の例だと、武器を製造していたことや毒ガスサリンを製造していたことなどがすでに判明しています。
同様に、このカルト教団S会も、普通の人が、想像もできないことでもする特性を備えていることは、確かです。
だって、階下を盗撮するのに、放射線を使ってくる団体である。でなければ、鉄筋コンクリートのビルで、階下を盗撮・監視することなど不可能だからだ。
 放射線を使って、常に盗撮されているので、常に放射線を照射しているので、当然、照射されている人は、被爆し、健康被害も発生することになることは、当然のことである。
これは、「傷害罪」に当たる犯罪である。ガンなどの病気への誘導も可能である。
これは、もう、宗教組織などではなく、テロ組織か反社会的勢力か国内スパイ組織である。
さらに、警察やマスコミにも信者を多数送り込み、事実上、支配できているために、巧妙に国民には、隠蔽できているのである。
より悪質である。
 だから、早く、フランスのように、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないのだ。
これ以上、カルト教団S会を野放しにすると、日本社会は、破壊されてしまう。
その意味では、かつての、オウム真理教より、問題は、深刻である。
だって、裁判官にまで、カルト教団S会の信者が入り込み、自分たちの都合のいいように、判決を捻じ曲げることも確認されているからなのだ。
早急に手を打たないと、日本は、将来に、大きな、歴史的な、大禍根を残す結果になってしまう。
一刻も早く、この問題が、日本社会や日本国や日本国民全体に対して、相当に、重大で、深刻な悪影響があることに早く、気づいてほしい。

統一創価カルト規制法!犯罪=解散処分!西葛西 街宣!目覚めよ日本党押越清悦、鈴木さん。

2024年4月10日(水)、外出時工作、駐車場に歩いて行くと、眼の前を航空機が通過する工作。駐車場を出ようとすると、黒いカルト車が路駐で見張り。ベイシアでは、久々にカルト系警備員による付き纏い工作。カルト教団S会はテロ組織。


 まず、前情報として、書いておく必要がある。それは、常に、上階(カルト教団S会)による盗撮・盗聴・監視が行われていて、出かけるにしても、事前に、出かけることが、把握されるので、部屋を出る前に、カルト仲間に連絡されるので、先回りして、待ち伏せや遭遇工作をされる可能性が高いことは、書いておく。

 まず、部屋を出ると、13:42 救急型サイレンが鳴って、カルト系救急車の悪用動員により、私が、外に出たことを、恐らく、カルト仲間に知らせたと考えられる。このように、サイレンを使えば、少なくとも、1km四方のカルト仲間には、ターゲット(仏敵)の外出警報をされたことになると思われる。
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
亡くなった清水由貴子さんの証言
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
もちろん、その前に、出る前には、上階(カルト教団S会)が、仲間に、出ることを事前に、LINE等に、書いて、連絡し、共有されているだろうことは、過去の経験から十分、予想できる。まあ、だから、出たタイミングで、カルト系救急車が、すでに、近くに来ていて、出たタイミングで、救急型サイレンを、鳴らせたわけである。
その後、裏の中庭に出てると、警備員がいたが、当然、そういうのも、見張り役のカルト系警備員であることは、十分に考えられる。
まあ、恐らくは、見えないように、あるいは、堂々と仕事に乗じてイヤホンマイクをつけて、リアルタイムで、連絡していると考えられる。
そして、非常階段を降りて、中庭へ出てから、マンションの前に回り、玄関前の状況を確認すると、車「1107」が、1台路駐していた。
その後、玄関に行くと、案の定、連絡を受けたらしいカルト系管理人が外にいて、見張りをしていた。
そして、ポストを確認して、出ようとすると、カルト臭い女が出て来て、玄関前に路駐していた車「1107」に乗って、バイパス方向へ向かった。
その様子を確認し、出て駐車場に向かった。当然、徒歩なので、車にまだ乗っていないので、その車を録画することはできなかったので、証拠写真はない。
最近は、このように、録画されることを嫌ってか、車に乗る前や降りた後の録画できないタイミングでの工作が多い。
そして、東駐車場に入り、北駐車場に向かって歩いていると、案の定、やはり、向かっている正面上空を、航空機が飛行するのを見せられた。
以前にも、やられているが、常に、私を監視して、通報・共有しているので、私が、北を向いて、歩くタイミングを狙って、カルト系管制官が、意図的に、正確に、向いている前方を飛行するよう、工作したものである。
もう、何度も書いているが、このT市上空には、飛行ルートの設定はなく、通常は、飛行しない。ただし、このカルト教団S会が、工作で、意図的に、私に、ストーカー行為として、遭遇工作をする場合だけは、飛行するのである。それは、過去の調査で、判明している事である。
それ以外に、私のいるT市上空を飛行することはない。
従って、私に見えるように、航空機を飛行させた場合は、100%カルト教団S会の工作によるストーカー行為である。
それは、このカルト教団S会が、カルト系救急車を悪用動員するのと同じ構図である。
航空機の悪用
亡くなった清水由貴子さんの証言
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言
そして、車の周囲などを確認してから、車に乗り、駐車場を出ようとすると、案の定、通報されているので、そのタイミングで、黒いハイエースのような車が、駐車場の入口付近に来て、停まった。
まあ、恐らく、カルト系の見張り役の車だと考えられる。
しかし、当然、入ってきても、通り抜けて見て、その状況を通報すると考えられるが、そのカルト車は、曲がりもせず、直進もせず、停車したままだった。もう、その時点で、100%カルト車であることがわかる。普通、そういう行動をする車はないからだ。
そして、しばらく、駐車場内で、様子を見ていたが、移動して行かないので、仕方なく、駐車場を出るため、動きだすと、その瞬間である。その黒い車から男が、降りてきて、東の方向へ歩いて行った。
たぶん、私の車が、向かう方向へ向かったので、途中に待機して、通過を確認して、どの方向へ向かうか、通報・共有するためだと考えられる。
もちろん、カルトの見張りというのは、多重に、別々に、手配されているので、他にも、多くの動員があることは、過去の経験からわかっていることである。
そして、私が駐車場を出ると、駐車場に来る時には、いなかった車が、玄関前に、路駐していたので、一応、録画するために、一往復することにした。
そして、一旦、バイパス方向へ進み、西駐車場の手前で、∪ターンをしようとすると、その西駐車場の東端の奥に、数人、人がいて、こっちを見て、反応していた。おそらく、その人たちも、カルト系の人物だと考えられる。普通は、無関係の人に対して、反応したりしないからだ。
私の車が、その人たちがいる方向へ向くと、まるで、逃げるような、隠れるような不自然な行動をしてのを、見逃さなかったからだ。
従って、その人達も、カルト系の人間であることが、十分に予想できる。
このように、多くの複数のカルトグループに同時に、司令しているものと考えられる。
その方が、監視が、完璧になるからだ。誰かが、かわされても、見落としても、別のチームが、監視できるように、多重に、監視チームを動員しているのである。そういうことをこのカルト教団S会がすることは、もう、過去の経験で、判明しいることではある。
よく、一人の歩いている人間だけが見張りをしているように、投稿している人がいるが、彼らの見張りというのは、多人数で、複数のチームの動員なので、一人や二人であるわけがない。だいたい、一人に対して、百人規模である。
だから、近くを走っている車などもそうだし、少し、離れた場所を歩いているのも、そうである。近くを走行している自転車などもそうだ。
私も、最初は、付いてくるような一人に注目したが、全然そうではないことが、後から、判明している。
彼らは、巨大なカルト教団なので、数軒に一軒は、信者の家などて、その場合、家から出ただけでも、見張りが可能となるし、また、金銭的にも余裕があるので、かつて、暴力団にお金を払い、利用していたように、今だと、十分、闇バイトなども使うと考えられるからだ。彼らの見張りというのは、決して、一人や二人のレベルではない。多数のチームと多数の人間・車・自転車・バイクなどである。
だから、彼らの監視網から、逃れることができないのは、そのためである。
その後、∪ターンして、マンションの玄関前を録画したのが、この写真である。
2024-04-10 13-47 外出時の駐車場から出た時のマンション玄関前の風景、玄関前路駐車「6848」、左奥駐車場入口路駐車「3033」
この写真の業者風の白い軽1BOX車はナンバーが「6848」であった。
そして、その後、東方向へ進み、不自然に、私が駐車場を出るタイミングで来て、駐車場の前に路駐し、降りていった車がこれである。この黒い業者風のハイエースのような車である。しかし、そのタイミングと行動が、いかにも、カルト車である。
2024-04-10 13-46 駐車場を出る寸前に来て、駐車場入口付近に止め、降りて、周辺の見張りについた感じのカルト系業者車の車「3033」
ナンバープレートは、「3033」だった。
そして、そのカルト車から降りた男が、東方向へ道を入って行ったので、当然、わざわざ、通過して、監視に協力するわけにもいかず、その方向へは、向かわなかった。
当然、別の方向へ向かった。
しかし、その別の方向へ向かった先でも、不自然に私が進むだろう先を、恐らくは、動員されただろう見張り役の闇バイト風自転車の男の二人組が走っていた。
また、私が、行くだろう方向にすでに、いるのだから、いつもではあるが、手配が正確である。
まあ、それが、このカルト教団S会の見張り・監視工作の特徴ではある。
当然、私が進む方向にすでに、闇バイト風のカルト自転車がいたので、そこへ入るのは、やめた。
これも、不自然であることがわかる。まず、若いなら、この時間なら、学校へ行っているか、仕事をしている筈である。いい若い者が、うろついていられる時間ではない。
その後、そのカルト自転車がいた道には、入らず、別の道を行くことにして、周辺を一回りした。
その後、目的地方向へ向かったが、当然、途中で、不自然な複数の車の集団が来たので、報告され、位置を把握されただろうことは、十分に予想できる。
このように、彼らの見張り、完全に、回避することは、事実上、不可能なのである。
一チームや二チームを撒いても、過去の経験から、何の効果もないことは、明らかである。
周辺を、多重に走行させ、遭遇するようにしているので、必ず、別のチームには、見つかってしまい、報告され、その情報を共有されてしまうからだ。まあ、だから、彼らの工作は、正確にできるのである。
恐らく、スマホの電源を切っておいても、何の効果もないと考えられるのは、そのためである。
もちろん、スマホへの不正アクセスにより、GPSをONにされれば、手に取るように、現在位置が把握されるが、スマホを置いて行っても、かわらないことが、過去のテストで判明している。
ついでに書くと、スマホのデータ通信を切っていても、ハッキングなどの不正アクセスで、リモートで、ONにできることも判明している。
つまり、スマホの通信を切っておけば、例え、GPSなどをONにされても、情報を取られることはないと思っていると、大きな間違いで、切ったのに、見ると、ONになっていて、急にOFFに戻るのを何回も見ているからだ。つまり、データ通信を切って見ていない時でも、ONにされている可能性があり、位置を把握される危険性があるのである。
つまり、このカルト教団S会の広宣部の工作員は、スマホのデータ通信を切っていても、その切ったと思われる間、気付かない内に、見ていない状態で、ONにでき、当然、同様にGPSをONにすれば、その人の位置は、簡単に把握されてしまうのである。
つまり、スマホは、電源を切るしか、完全には、防げないと思われる。
SIMをはずしていても、wifiやbluetoothtoがONならば、ハッキングなどの不正アクセスで、侵入される可能性があるからだ。
彼らは、スマホなどの不正アクセスだけではなく、人海戦術でも、見張りを配置しているので、完全に回避することは、不可能である。
だから、テストしてるみるといいのだ。スマホの電源を切ってでかけても、不審な人間たちが、周辺に現れるし、スマホを置いて行っても、同様であることがわかると思う。
つまり、彼らは、多重に複数チームを動員しているので、スマホの対策だけで、完全に、彼らの見張りを、回避できるものではないことがわかると思う。
その後、もう通報されただろうことは、十分、予想できる状態でも行くことにしているので、目的地に、向かった。
そして、まず、最近できたカワチに行って、価格の調査をし、その後、ベイシアに買物に行った。
そして、車の中で、スマホのデータ通信をONにしようと、スマホのデータ通信の画面を見ると、OFFにしていた筈なのに、ONになっていて、その瞬間、OFFになるのを確認した。
やはり、スマホは、ハッキング等により、不正アクセスされ、GPSもデータ通信も、ポケットに入れている間にも、操作されている可能性が高いことがわかる。やはり、出かける時には、電源を切っておいた方が安全であることがわかる。
ただし、お店など着くと、支払いやポイントなどの為に、ONにするので、その時点では、現在位置を把握される危険性があり、やはり、完全に、位置情報の取得を回避することは、不可能であることがわかる。もちろん、スマホなんて無くても、あちこちに、カルト仲間がいて、把握されるので、スマホだけ対策しても無駄であることがわかる。
 そして、ベイシア内に入り、買物をしていて、たまたま、バックヤードのドアの前を通ると、タイミングを狙ったように、カルト系の警備員が、現れ、眼の前を通り、入って行くという遭遇工作を、久々にやられた。
最近は、ベイシアで、不審なカルト系の警備員による付き纏いをされることはなくなっていたが、昨日、昔の文章の記事を利用した投稿をし、その中で、ベイシアの警備員の事を書いていたので、反撃された可能性が高い。
このように、普通は、会ってもいない警備員が、私が来ていることなど、わからない筈であるが、彼らの組織連携の中では、必ず、現在位置は、共有され、把握されていることがわかると思う。でなければ、そんなことは不可能だからだ。
 その後、買物を終えて、少しルートを変えてから、マンションに帰ってきたが、珍しく、マンションの玄関前には、車はなかったので、録画せず、駐車場に入った。
しかし、車をロックして、歩いて行くと、大量動員をしてくるのだろうと思い、現れたら、以前やったように、一旦、また、車に戻って、車に乗ってきて、録画しようと考えていたが、何と、その考えも、読まれていたのか?歩いて行っても、全然、大量動員をされることはなかった。恐らく、次は、録画する行動をとるだろうと思って、やめたものと考えられる。
あるいは、あのような不自然な大量動員を連続ですれば、偶然には、見えないので、やめたのか?
いずれにしても、誰も現れず、今度は、録画してやるぞと思っていた闘志を、削がれてしまった。
よって、そのまま、駐車場を出て、マンションの玄関に向かうと、しかし、案の定、バイパス方向から、一人のカルト臭い女が歩いてきたので、いずれにしても、玄関を入ったことは、通報されたことは、間違いない。
しかし、その歩いてきたカルト女が、当然、後を追い、付き纏うように、玄関に入ってくるかと思ったが、玄関前を通過しただけだった。
まあ、しっかり、見ていたので、いずれにしても、通報は、されたと思う。
まあ、前回、徒歩で、玄関に向かうタイミングで、大量動員されたことをブログに投稿しているので、今回は、このカルト女一人に変更したものと考えられる。その後、部屋に戻った。

今回は、緊急車両系での工作は、見られなかった。
見なかっただけかもしれないが。
たまたま、見なかっただけかもしれない。


2024年4月10日、被害メモ、今週は、足場の設置の筈が、私の部屋のまわりだけ、コンクリートへのハンマー音、穴あけ電ドル音、不思議だ。カルト系救急車悪用動員1回目。カルト教団S会はテロ組織。



朝、起きたら、それを、上階カルト(カルト教団S会)に検知され、天井ではなく、ベランダで、打音を発生させてきた。

その後、オフラインのスマホを持つと、それも、検知され、天井を叩いてきた。

朝食の準備が完了した瞬間に、それも、検知しているようで、ベランダを叩いてきた。

それ以外に、音は、発生していなかったので、偶然である可能性は、ゼロである。

その後、また、普通のマンションでは、絶対に聞かない低周波音のような音を発生させてきた。
それは、しばらく、続いた。

その後、上階が、掃除機でも、掛けているような、掃除機を転がすような音が、続いた。
もちろん、ここは、鉄筋コンクリートなので、普通は、上階の人間が掃除機をかけても、聞こえることはないが、盗聴・盗撮目的で、コンクリートに穴を開けているので、そのような音が聞こえているものと考えられる。
木造アパートでも、経験したことがない音である。
まして、鉄筋コンクリートの建物で、そんな音が、通常、聞こえる筈はなく、普通の状態ではないことが、お分かり頂けると思う。
まあ、これも、上階にカルト教団S会の工作員が入って、やっているために、起きることではある。
上階に、普通の住人が住んでいるだけであれば、このようなことは、絶対に起きない。
なぜなら、過去の経験でそうだったからだ。




その後、今日は、晴れたので、工事が入るが、今週の予定としては、足場の設置である。

ところが、案の定、私の部屋の周辺でだけは、まるで、コンクリートに穴を開けるような電ドル音や、部屋の周りでだけ、コンクリートを、直接ハンマーで叩くようなハンマー音を、出してきた。

一方、見たら、足場の設置は、全然、進んでなくて、1階2階というレベルである。
なのに、どうして、上の階の私の部屋の周辺で、工事音がするのだろうか?
一応、工事は、来週からの予定にはなっている。
足場の設置に乗じて発生しているハンマー音や電ドラ音なら、わかるが、全く、無関係の私の部屋の周りだけで、ハンマー音や電ドル音がすることは、不自然極まりないことである。
恐らく、騒音の嫌がらせの目的も含めて、工事をしているものと考えられる。
あるいは、工事に、偽装して、嫌がらせ目的で、無関係な工事音を発生させている可能性もある。


今も、足場の設置には、無関係な上で、コンクリートに穴を電ドルで開ける音がしている。
また、何か、工作をする目的で、建物を加工している可能性も高い。

おいおい、それは、足場の設置音じゃないぞ!














本当に、このカルト問題は、闇が深い。

カルト教団S会の広宣部≒(CIA+NSA)
カルト教団S会の広宣部≒(オウム真理教)
カルト教団S会の実態≒(T協会+オウム真理教)

 ここは、鉄筋コンクリートの建物なので、通常は、上階から階下の人間の動作・操作・PC操作・PC画面を検知することはできない。しかし、それらのことを検知し、反応していることから、相当に特殊な方法で、盗撮・監視・検知していることになる。
もちろん、それらの行為は、全て、犯罪である。盗撮に当たる犯罪行為で、尚且つ、常時、違法に他人を、24時間365日、監視しているので、人権侵害の憲法違反にも当たる重大犯罪である。
その意味でも、カルト教団S会は、テロ組織である。
 このような明らかな犯罪を税金を免除されている宗教法人が、行うことは、決して、許されることではない。
例え、それをしている宗教団体が、政権与党だとしても、また、警察を多くの信者で固めていようと、である。
 この「集団ストーカー」という組織的なストーカー行為は、カルト教団S会の元信者の長井さんも認め、謝罪しているし、現役信者のRevoさんも、行っていたことを認めている。また、れいわ新選組の山本代表も、実際にやっていたという信者からの話を聞いたとして、認めている。もちろん、被害者の多くも加害者は、カルト教団S会であるとして、デモや街宣をしてきた。
 これ以上の根拠・証拠は、もはや、必要ではなく、「集団ストーカー」犯罪は、カルト教団S会が行っているということで、すでに、十分に断定できるレベルとなっている。
 よって、カルト教団S会は、正式に、この「集団ストーカー犯罪」をしていたことを認め、多くの被害者に謝罪すべきである。
もはや、宗教法人として許される活動範囲を、大幅に、逸脱していることは、明らかなので、明らかに、「解散命令」の事由に該当していると言える。
宗教法人法の第81条に該当するサルサ岩渕氏の出典より」
よって、宗教法人法第81条に違反しているカルト教団S会には、正式に、「解散命令」を出すことができるのである。






・本日の救急車など(緊急車両、ヘリ、飛行機等)を悪用したストーカー行為


1回目 10:59 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

データ通信をONにしたタイミングなので、それを検知して、動員されたものと考えられる。
このカルト系救急車の悪用動員は、私の行動などを検知した場合に、動員されることが多い。


 このカルト教団S会が、救急車、パトカー、ヘリ、消防車、飛行機などをストーカー行為として、悪用している事実は、様々な人が、指摘していることであり、事実である。

航空機の悪用
亡くなった清水由貴子さんの証言
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言

 もう、そろそろ、このような世の中のためにならない犯罪は、やめさせなければならない時期に来ているのではないだろうか?
きちんと、カルトの犯罪は、犯罪として、取り締まって行く必要があると思う。
宗教だからと言って、特定の宗教団体が、犯罪をしているのに、まるで、治外法権のように、野放しになっているとしたら、決して、法治国家として、許されることではない。
対応できていないとしたら、対応すべき機関の問題点を調査する必要もあるかもしれない。















定条文

 ここは、鉄筋コンクリートのマンションである。さらに、床は、衝撃吸収床で、普通のマンションよりむしろ、防音がしっかりしているマンションである。従って、通常は、上下で、音の問題が起きることはない。
従って、普通の住民が上階に入居していれば、何の問題も、騒音問題も起きていない。
それは、過去、首都圏で、何度も引っ越しをして、そうだったので、確かである。

 ただし、この被害に遭うようになってからは、上階に、勧誘を断った筈のカルト教団S会の工作員が、勧誘を断られたのを逆恨みして、嫌がらせ目的で、入るようになると、それが、完全に崩れた。通常は盗撮でもしていなければ、不可能な階下の動作・行動に反応して、天井を叩いてきたり、ドンという音を立ててきたり、床板がある筈なのに、床板を剥がし、コンクリートの床を、直接、蹴飛ばしたような音まで、発生させてくる。
時には、検知し、カルト系救急車を悪用動員してくる場合もある。救急車をストーカー行為のように悪用動員するのである。極めて、悪質と言わざるを得ない団体である。
宗教とは、真逆の犯罪行為をしてくるカルト教団である。
まさに、テロ組織である。もちろん、これらの行為は、全て犯罪に該当するので、犯罪組織とも言える。
だから、このカルト教団S会は、世界から「カルト」指定されているのだ。
このカルト教団S会の実態は、世界で、「カルト」指定していることから推測できると思う。
国際的には、オウム真理教などと同等に危険な団体であると認識されているのである。




・上階カルトからの室内における工作

 天井叩きなどの騒音攻撃による被害は、少なくなっているが、無くなったわけではない。
今、現在も、24時間365日の違法な盗撮・盗聴・監視は、続いていることを確認している。
ちよっとした仕草や操作まで、盗撮によって、見られているという認識は、プライバシーがゼロということである。あたかも、動物園にいる猿のように、四六時中、見られていることと同じであり、人権侵害の極みである。殺人にも匹敵する残虐行為であり、犯罪である。
 こういうことを宗教団体だからと言って、あるいは、政権政党を持っているからと言って、また、半ば警察を支配できているからと言って、決して、許されることではなく、極めて、凶悪な犯罪行為である。
それらの状況とは、別に、分けて捉え、どこの組織が行っていようと、犯罪は、犯罪として、取り締まる必要があるのは、言うまでもないことである。
もし、そんな当たり前のことが、通らないとすれば、どこに問題があるのか、検証しなければならない。
特定の宗教団体の犯罪が、野放しを許されているとしたら、権力の悪用であり、政教分離の憲法違反である。

 マンションの部屋の上階に侵入したカルト教団S会の工作員による放射線を使用しての上階からの透過・透視・監視は、続いていて、当方の行動の何かを検知すると、その度に、天井を叩くという騒音攻撃・嫌がらせも以前よりは減ったが、それでも、無くなったわけではなく、続いている。
主に、PCを持ったタイミングや操作開始したタイミングやスマホを持ったタイミングやリモコンを操作したタイミングやネット(データ通信)をONにしたタイミングなどである。もちろん、普通は、上階から階下の人間のそのような操作を検知することは不可能である。通常は、階下に人がいるかどうかさえわからない。従って、それらを検知して、反応できるということは、いかに、上階に侵入しているカルト教団S会が、特殊な工作をしているかが、わかると思う。そう、まるで、テロ組織のような活動をしているのだ。
明らかに、「宗教団体」としての活動範囲を逸脱しているし、犯罪に該当している。明らかに、「解散命令請求」の事由に該当している。
 また、コンクリートの床を超えて、こちらの室内である天井の裏に物か棒でも、落としたような音を発生させる「家宅侵入犯罪」や「住居侵入犯罪」に該当することも、度々、行ってきている。犯罪に該当する行為でも、平気で行う凶悪なカルト教団である。
また、移動もことごとく、検知されて、真上に移動してから、天井を叩くということもやられていて、「屋内付き纏い」とも言うべき、ストーカー行為もやられている。
居間テント内だけに限らず、トイレや洗面所に移動した場合も、上に来て、天井から異音を発生させ、検知できていることを認識させようとしてくるのである。
 この他人の部屋を盗撮し、その盗撮・監視していることで、何かを、検知したら、天井を叩く等、その都度、盗撮・監視を、相手に認識させる行為は、「常習的脅迫」に当たる犯罪行為である。これが野放しなのである。
通常、鉄筋コンクリートの建物で、何もせず、階下の人間の行動を把握することは、不可能である。
まして、階下の居間に設置した金属シートで覆ったテント内では、通常、盗撮カメラによる盗撮も不可能である。
また、同様に、金属で遮断しているので、赤外線やマイクロ波による透視・透過盗撮も不可能であることがわかると思う。
ところが、上階カルトは、それでも、寝床やテント内での動作に反応して、天井を叩いてくることから、見えていることは、確かである。
その状態で見えているということは、あとは、放射線しか有り得ない。
さらに、居間では、テント内にいる時にしか、天井を叩かないことでも、区別できていて、見えている証拠である。
まあ、普通は、鉄筋コンクリートの建物で、通常は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。当方も階下に人がいるかどうかさえわからない。通常は、検知できない。
 しかし、カルト教団S会のように、テロ組織のような違法な活動をしているカルト教団は、目的のためには、手段を選ばないという特徴がある。オウム真理教を想像してもらえばわかると思う。普通の人が、想像できないことでもしていたことがわかる。例えば、オウム真理教の例だと、武器を製造していたことや毒ガスサリンを製造していたことなどがすでに判明しています。
同様に、このカルト教団S会も、普通の人が、想像もできないことでもする特性を備えていることは、確かです。
だって、階下を盗撮するのに、放射線を使ってくる団体である。でなければ、鉄筋コンクリートのビルで、階下を盗撮・監視することなど不可能だからだ。
 放射線を使って、常に盗撮されているので、常に放射線を照射しているので、当然、照射されている人は、被爆し、健康被害も発生することになることは、当然のことである。
これは、「傷害罪」に当たる犯罪である。ガンなどの病気への誘導も可能である。
これは、もう、宗教組織などではなく、テロ組織か反社会的勢力か国内スパイ組織である。
さらに、警察やマスコミにも信者を多数送り込み、事実上、支配できているために、巧妙に国民には、隠蔽できているのである。
より悪質である。
 だから、早く、フランスのように、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないのだ。
これ以上、カルト教団S会を野放しにすると、日本社会は、破壊されてしまう。
その意味では、かつての、オウム真理教より、問題は、深刻である。
だって、裁判官にまで、カルト教団S会の信者が入り込み、自分たちの都合のいいように、判決を捻じ曲げることも確認されているからなのだ。
早急に手を打たないと、日本は、将来に、大きな、歴史的な、大禍根を残す結果になってしまう。
一刻も早く、この問題が、日本社会や日本国や日本国民全体に対して、相当に、重大で、深刻な悪影響があることに早く、気づいてほしい。

統一創価カルト規制法!犯罪=解散処分!西葛西 街宣!目覚めよ日本党押越清悦、鈴木さん。

2024年4月9日、被害メモ、まだ、寝ている寝床で姿勢を変えても検知され天井叩き。居間中間ドア前に立つとそれも検知され天井叩き。誰かが外の玄関エリアに入ってきた。カルト系救急車悪用動員2回目。航空機の悪用動員1回。夜も頻発する天井叩き。カルト教団S会はテロ組織。

 朝、まだ、寝てる内から、布団内での、姿勢変化を検知して、天井を叩いてきた。ほとんど、音は、出ないので、音で、検知することはできないと考えられる。
当然、上階カルト(カルト教団S会)が、違法に、まだ、階下を、違法な方法で、盗撮している証拠である。
もちろん、通常は、このような鉄筋コンクリートの建物では、階下の人間の行動を検知することは、不可能である。
ちなみに、私は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。
通常は、そうである。
従って、相当、違法な方法で、盗撮していないと、検知できないことがわかるので、違法な方法で、上階カルト(カルト教団S会)が、盗撮していることがわかる。
 当然、鉄筋コンクリートで、階下の人間の行動を検知できるということは、信じられないと思うが、物質を透視・透過できる放射線などの方法を使用していることがわかる。逆に、物質を透過できないと、検知できないからだ。
 物質を透過・透視できる方法としては、空港の手荷物検査で、使用しているX線や医療や歯科で、使用しているX線CTなどがある。また、往診医師などが、携帯している携帯型放射線CTなど、移動しても、使用できるものも存在する。それは、だいたい1m四方くらいの検知エリアがある。
従って、それらと、同等の方法であれば、階下を透視・透過監視が可能だと考えられ、全然、全く、不可能なことではないことが、わかると思う。
従って、この上階カルト(カルト教団S会)は、それらに類する放射線CTなどの方法を使用していると考えられる。
 しかし、正式に、宗教法人として、認可され、税金を免除されている団体が、他人の部屋を、放射線を使用して、盗撮しているとなれば、重大な問題である。
それも、それが、私だけに、行われているわけではなく、多くの被害者が存在していることから、大規模に行われていることがわかる。
つまり、これは、オウム真理教のようなカルト教団が、大規模に、組織的に、行っている組織犯罪である。
 これだけ、日本、全国で、大規模に行われている組織犯罪を、国の捜査機関が、把握していないことは、ありえず、把握していても、握りつぶすとか、隠蔽に加担している可能性があり、そのような対処すべき、国の機関である公安調査庁や公安部などが、このカルト教団S会の「総体革命」により、乗っ取られてしまっている可能性が高いことが、懸念される。
もう一度、このような国の機関が、正常に機能しているか検証する必要があると思う。
やはり、他国のように、連邦警察やFBIなどの別の独立した複数の捜査機関が必要であることがわかる。
従って、日本も、日本版FBIとなる国家警察等の全国を管轄する専門の捜査機関を設置する必要があると思われる。


その後、居間に入って、室内の中間ドアの前に立つと、それを検知され、やはり、天井を叩いてきた。
当然、通常は、このように、鉄筋コンクリートの建物で、階下の人間の位置を把握することは、できない。
よって、盗撮・監視している証拠でもある。
当然、天井の石膏ボードなどがあるので、物質を透過・透視できる方法でなければ、検知できない。
すると、放射線であることが、考えられる。
放射線を使用して、階下の他人を透過監視・透視するというのは、とても、税金を免除されて、優遇されている宗教団体のやるべきことではない。
そんなことをするのは、テロ組織だけである。
まあ、だから、このカルト教団S会は、世界で、「カルト」指定されているのである。
そのことを、日本国内でも、甘く見るべきではない。
それだけ、凶悪な団体であるということを、確認されているということだ。
また、海外から、指摘されないと、取り締まれないのでは、法治国家として、恥ずかしい限りである。




その後、トイレに入っていると、誰が、門扉を開けて、私の部屋の玄関エリアに入ってきたようだが、何の目的で、入ってきたのかは、不明である。
水道の検針であれば、伝票を入れて行く筈なので、違う。
カルト系の管理人の可能性はある。下に、移動して行く人影を見たので。
また、外通路の清掃のおばさんでは、時間がまだ、早い。通常、10時とか11時とかが来る時間である。
よって、カルト系の管理人が、天井掃除のフリをして、巡回しているので、その可能性が高い。



その後、居間テント内で、オフラインのスマホを操作すると、それすら、検知されて、天井を叩いてきた。
完全に、盗撮している証拠である。
電波を一切出していないスマホなので、電波で、監視・検知することは、不可能である。
まして、居間に設置した金属シートで覆ったテントの中である。
余程のことをしない限り、テント内の動作・操作を検知することは、不可能である。
当然、レーダー波やマイクロ波などの電波や赤外線でも、検知はできない筈である。
よって、放射線による透視・透過監視での検知と判断できる。
一カルト教団が、バレないからと言って、放射線まで、使用して、他人を透視・透過盗撮・監視するのは、組織犯罪以外の何物でもない。
こんなことが、野放しになっている原因は、やはり、警察に信者を多く配置した「総体革命」のせいであると考えられる。
早く、悪質なカルトと、宗教を切り分け、その悪質なカルトが警察などの重要機関に、侵入できないようにし、尚且つ、カルトの組織犯罪を、取り締まれるようにする為にも、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないと思う。





今日は、雨なので、工事音がしないのが、唯一の救いである。

その後、夕食後のリラックスタイムあたりから、天井叩きが増えてきた。
また、全く、電波を出さないオフラインのスマホを操作しても、それを検知して、天井叩きをしてきた。
当然、鉄筋コンクリートの建物で、階下の人間が、オフラインのスマホを手に持っているかどうかなんて、わかる筈はなく、わかってやっているとすれば、盗撮していることの何物でもないことになる。
当然、鉄筋コンクリートの建物なので、床板、コンクリートの床、天井のボードなどがあるが、まず、床板は、確認されている現象から、剥がしていることがわかっていて、コンクリートの床に関しても、現象やテストにより、穴を開けていることが判明していて、残りは、天井の石膏ボードであるが、これは、私の部屋の中にあるので、穴はないことがわかる。
従って、天井の石膏ボードだけは透過していて、また、テント生地と金属シートも、透過していることがわかる。
従って、それらの物質を透過していることから、使用しているのは、ほぼ、放射線と断定できる。
他に、そのようなことが可能な方法はないからだ。
宗教団体が、放射線まで使用し、尚且つ、コンクリートの床に穴まで開けて、階下を盗撮・盗聴・監視するとは、異常な団体であり、もはや、宗教と呼べるものではないことが明らかである。明らかに、行っていることは、残虐な組織犯罪に当たる行為であり、全く、オウム真理教など変わらないテロ組織と言ってよいと思う。
であれば、そんな凶悪な犯罪組織に、税金を免除してやり、優遇してやることは、不要であり、言語道断と言わざるを得ない。
行っている行為からすれば、「解散命令」どころか、デモや街宣で、訴えられている通り、「破防法」の適用が、必要な団体であると結論づけることができる。


また、インターネットの回線が、切れていた。多分、カルト教団S会の広宣部によるサイバー攻撃だと思われる。
データ通信は、ONのままだったので、テザリングを切られた可能性あり。
ほぼ、毎日、やられている。
恐るべし!カルト教団S会!
恐るべし!広宣部!
こんなのは、宗教なんかじゃない!
テロ組織だ!









本当に、このカルト教団S会とその影響力の闇は、想像以上に深い。

カルト教団S会の広宣部≒(CIA+NSA)
カルト教団S会の広宣部≒(オウム真理教)
カルト教団S会の実態≒(T協会+オウム真理教)

 ここは、鉄筋コンクリートの建物なので、通常は、上階から階下の人間の動作・操作・PC操作・PC画面を検知することはできない。しかし、それらのことを検知し、反応していることから、相当に特殊な方法で、盗撮・監視・検知していることになる。
もちろん、それらの行為は、全て、犯罪である。盗撮に当たる犯罪行為で、尚且つ、常時、違法に他人を、24時間365日、監視しているので、人権侵害の憲法違反にも当たる重大犯罪である。
その意味でも、カルト教団S会は、テロ組織である。
 このような明らかな犯罪を税金を免除されている宗教法人が、行うことは、決して、許されることではない。
例え、それをしている宗教団体が、政権与党だとしても、また、警察を多くの信者で固めていようと、である。
 この「集団ストーカー」という組織的なストーカー行為は、カルト教団S会の元信者の長井さんも認め、謝罪しているし、現役信者のRevoさんも、行っていたことを認めている。また、れいわ新選組の山本代表も、実際にやっていたという信者からの話を聞いたとして、認めている。もちろん、被害者の多くも加害者は、カルト教団S会であるとして、デモや街宣をしてきた。
 これ以上の根拠・証拠は、もはや、必要ではなく、「集団ストーカー」犯罪は、カルト教団S会が行っているということで、すでに、十分に断定できるレベルとなっている。
 よって、カルト教団S会は、正式に、この「集団ストーカー犯罪」をしていたことを認め、多くの被害者に謝罪すべきである。
もはや、宗教法人として許される活動範囲を、大幅に、逸脱していることは、明らかなので、明らかに、「解散命令」の事由に該当していると言える。
宗教法人法の第81条に該当するサルサ岩渕氏の出典より」
よって、宗教法人法第81条に違反しているカルト教団S会には、正式に、「解散命令」を出すことができるのである。






・本日の救急車など(緊急車両、ヘリ、飛行機等)を悪用したストーカー行為

朝、航空機音がしたと思ったが、はっきりはわからなかった。

1回目 10:23 救急型サイレン、カルト系救急車の悪用動員

ブログをやると、それも、監視しているために、反撃として、動員してきたものと考えられる。

2回目 11:00 航空機音、カルト系管制官によるミスリード管制

タブレットをやると、それを検知され、動員されたものと考えられる。
 航空機の悪用をすることができる航空管制室の管轄は、カルト教団S会の信者が、長年、大臣をしている国土交通省である。完全に支配され、好き勝手に悪用され放題となっていることがわかる。カルト系救急車の悪用などと同じ構図である。
航空機の悪用に関する説明文

3回目 13:13 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

洗面所を出たタイミングであるがまだ、以前、頻繁にやられていた、玄関に行くと、動員するという状態と同じであるので、玄関に近い場所に行ったことを、検知トして、リガーとして、動員したものと考えられる。


 このカルト教団S会が、救急車、パトカー、ヘリ、消防車、飛行機などをストーカー行為として、悪用している事実は、様々な人が、指摘していることであり、事実である。

航空機の悪用
亡くなった清水由貴子さんの証言
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言

 もう、そろそろ、このような世の中のためにならない犯罪は、やめさせなければならない時期に来ているのではないだろうか?
きちんと、カルトの犯罪は、犯罪として、取り締まって行く必要があると思う。
宗教だからと言って、特定の宗教団体が、犯罪をしているのに、まるで、治外法権のように、野放しになっているとしたら、決して、法治国家として、許されることではない。
対応できていないとしたら、対応すべき機関の問題点を調査する必要もあるかもしれない。















定条文

 ここは、鉄筋コンクリートのマンションである。さらに、床は、衝撃吸収床で、普通のマンションよりむしろ、防音がしっかりしているマンションである。従って、通常は、上下で、音の問題が起きることはない。
従って、普通の住民が上階に入居していれば、何の問題も、騒音問題も起きていない。
それは、過去、首都圏で、何度も引っ越しをして、そうだったので、確かである。

 ただし、この被害に遭うようになってからは、上階に、勧誘を断った筈のカルト教団S会の工作員が、勧誘を断られたのを逆恨みして、嫌がらせ目的で、入るようになると、それが、完全に崩れた。通常は盗撮でもしていなければ、不可能な階下の動作・行動に反応して、天井を叩いてきたり、ドンという音を立ててきたり、床板がある筈なのに、床板を剥がし、コンクリートの床を、直接、蹴飛ばしたような音まで、発生させてくる。
時には、検知し、カルト系救急車を悪用動員してくる場合もある。救急車をストーカー行為のように悪用動員するのである。極めて、悪質と言わざるを得ない団体である。
宗教とは、真逆の犯罪行為をしてくるカルト教団である。
まさに、テロ組織である。もちろん、これらの行為は、全て犯罪に該当するので、犯罪組織とも言える。
だから、このカルト教団S会は、世界から「カルト」指定されているのだ。
このカルト教団S会の実態は、世界で、「カルト」指定していることから推測できると思う。
国際的には、オウム真理教などと同等に危険な団体であると認識されているのである。




・上階カルトからの室内における工作

 天井叩きなどの騒音攻撃による被害は、少なくなっているが、無くなったわけではない。
今、現在も、24時間365日の違法な盗撮・盗聴・監視は、続いていることを確認している。
ちよっとした仕草や操作まで、盗撮によって、見られているという認識は、プライバシーがゼロということである。あたかも、動物園にいる猿のように、四六時中、見られていることと同じであり、人権侵害の極みである。殺人にも匹敵する残虐行為であり、犯罪である。
 こういうことを宗教団体だからと言って、あるいは、政権政党を持っているからと言って、また、半ば警察を支配できているからと言って、決して、許されることではなく、極めて、凶悪な犯罪行為である。
それらの状況とは、別に、分けて捉え、どこの組織が行っていようと、犯罪は、犯罪として、取り締まる必要があるのは、言うまでもないことである。
もし、そんな当たり前のことが、通らないとすれば、どこに問題があるのか、検証しなければならない。
特定の宗教団体の犯罪が、野放しを許されているとしたら、権力の悪用であり、政教分離の憲法違反である。

 マンションの部屋の上階に侵入したカルト教団S会の工作員による放射線を使用しての上階からの透過・透視・監視は、続いていて、当方の行動の何かを検知すると、その度に、天井を叩くという騒音攻撃・嫌がらせも以前よりは減ったが、それでも、無くなったわけではなく、続いている。
主に、PCを持ったタイミングや操作開始したタイミングやスマホを持ったタイミングやリモコンを操作したタイミングやネット(データ通信)をONにしたタイミングなどである。もちろん、普通は、上階から階下の人間のそのような操作を検知することは不可能である。通常は、階下に人がいるかどうかさえわからない。従って、それらを検知して、反応できるということは、いかに、上階に侵入しているカルト教団S会が、特殊な工作をしているかが、わかると思う。そう、まるで、テロ組織のような活動をしているのだ。
明らかに、「宗教団体」としての活動範囲を逸脱しているし、犯罪に該当している。明らかに、「解散命令請求」の事由に該当している。
 また、コンクリートの床を超えて、こちらの室内である天井の裏に物か棒でも、落としたような音を発生させる「家宅侵入犯罪」や「住居侵入犯罪」に該当することも、度々、行ってきている。犯罪に該当する行為でも、平気で行う凶悪なカルト教団である。
また、移動もことごとく、検知されて、真上に移動してから、天井を叩くということもやられていて、「屋内付き纏い」とも言うべき、ストーカー行為もやられている。
居間テント内だけに限らず、トイレや洗面所に移動した場合も、上に来て、天井から異音を発生させ、検知できていることを認識させようとしてくるのである。
 この他人の部屋を盗撮し、その盗撮・監視していることで、何かを、検知したら、天井を叩く等、その都度、盗撮・監視を、相手に認識させる行為は、「常習的脅迫」に当たる犯罪行為である。これが野放しなのである。
通常、鉄筋コンクリートの建物で、何もせず、階下の人間の行動を把握することは、不可能である。
まして、階下の居間に設置した金属シートで覆ったテント内では、通常、盗撮カメラによる盗撮も不可能である。
また、同様に、金属で遮断しているので、赤外線やマイクロ波による透視・透過盗撮も不可能であることがわかると思う。
ところが、上階カルトは、それでも、寝床やテント内での動作に反応して、天井を叩いてくることから、見えていることは、確かである。
その状態で見えているということは、あとは、放射線しか有り得ない。
さらに、居間では、テント内にいる時にしか、天井を叩かないことでも、区別できていて、見えている証拠である。
まあ、普通は、鉄筋コンクリートの建物で、通常は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。当方も階下に人がいるかどうかさえわからない。通常は、検知できない。
 しかし、カルト教団S会のように、テロ組織のような違法な活動をしているカルト教団は、目的のためには、手段を選ばないという特徴がある。オウム真理教を想像してもらえばわかると思う。普通の人が、想像できないことでもしていたことがわかる。例えば、オウム真理教の例だと、武器を製造していたことや毒ガスサリンを製造していたことなどがすでに判明しています。
同様に、このカルト教団S会も、普通の人が、想像もできないことでもする特性を備えていることは、確かです。
だって、階下を盗撮するのに、放射線を使ってくる団体である。でなければ、鉄筋コンクリートのビルで、階下を盗撮・監視することなど不可能だからだ。
 放射線を使って、常に盗撮されているので、常に放射線を照射しているので、当然、照射されている人は、被爆し、健康被害も発生することになることは、当然のことである。
これは、「傷害罪」に当たる犯罪である。ガンなどの病気への誘導も可能である。
これは、もう、宗教組織などではなく、テロ組織か反社会的勢力か国内スパイ組織である。
さらに、警察やマスコミにも信者を多数送り込み、事実上、支配できているために、巧妙に国民には、隠蔽できているのである。
より悪質である。
 だから、早く、フランスのように、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないのだ。
これ以上、カルト教団S会を野放しにすると、日本社会は、破壊されてしまう。
その意味では、かつての、オウム真理教より、問題は、深刻である。
だって、裁判官にまで、カルト教団S会の信者が入り込み、自分たちの都合のいいように、判決を捻じ曲げることも確認されているからなのだ。
早急に手を打たないと、日本は、将来に、大きな、歴史的な、大禍根を残す結果になってしまう。
一刻も早く、この問題が、日本社会や日本国や日本国民全体に対して、相当に、重大で、深刻な悪影響があることに早く、気づいてほしい。

統一創価カルト規制法!犯罪=解散処分!西葛西 街宣!目覚めよ日本党押越清悦、鈴木さん。

2024年4月8月、被害メモ、ヘリの悪用動員1回、カルト系救急車の悪用動員1回、ハンマー音と電ドラ音による騒音攻撃。今週は、足場設置で、来週から大規模修繕工事の予定。カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)悪用動員1回。航空機悪用動員1回。カルト教団S会はテロ組織。


朝、ガタガタと外で、音がするので、見たら、足場を組み始めたようである。
大規模修繕工事用の足場である。
今週は、その予定なので、まあ、そういう音は、発生することになる。


その後、スマホを操作していると、上階カルト(カルト教団S会)が、それを検知し、カルト系救急車を動員したようで、救急型サイレンが鳴っていた。

その後、タブレットを操作すると、今度は、ヘリの音である。
最近は、時々、ヘリも使うようになった。
恐らく、カルト教団S会がチャータしたヘリか、カルト教団S会所有のヘリか、または、ドクターヘリだと考えられる。
前回は、調べたら、ドクターヘリであった可能性があった。
 まあ、救急車でも、パトカーでも、消防車でも、航空機でも、悪用するカルト教団S会であるので、ヘリの悪用も不思議ではない。このカルト教団S会が、ヘリを悪用することは、他の被害者も指摘していることでもある。
亡くなった清水由貴子さんの証言

突然、工事とは言え、私の部屋の近くのコンクリートを叩くようなハンマーの打音を発生させてきた。
おいおい、まだ、工事は、始めない筈なのに、おかしなことである。
今週は、足場の設置の筈で、個別の部屋へのハンマー音なんて、まだ、発生するわけがない。

次に、私の部屋のコンクリートに電ドラ音で穴を開けているかのような音であるが、これも、おかしい。
だって、今週は、足場の設置の筈なので、実際の工事の開始は、来週の筈だからだ。
だから、カルトは、工事に偽装して、騒音攻撃をすることは、知られていることなので、恐らく、工事にまぎれて、騒音攻撃をしてきたものと考えられる。



そして、トイレに移動すると、上でも、追従し、移動してきて、電ドラ音である。
どうして、工事音が、追従してくるのか?それも、おかしなことである。
「屋内付き纏い」

その後も、時々、電ドラ音とハンマー音による攻撃があった。
それは、続いている。
とにかく、今週は、足場の設置が、予定されてるが、工事に入るのは、来週からなので、いくら、工事だからと言って、私の部屋の周辺だけ、ハンマー音や、電ドラ音がすることは、不自然である。
 だいたい、工事自体は、来週から始まることなのだが、その工事の主な工事内容は、防水工事や止水工事である。
そのような工事で、電ドラ音やハンマー音が、発生するのか、甚だ、疑問である。
 まあ、以前から、このカルト教団S会は、工事にかこつけて、騒音攻撃をすることは、他の被害者も報告していることなので、やってくるだろうことは、十分に、予想される。
このカルト教団S会が工事に、かこつけて、騒音攻撃をしてくることは、確認されている事実である。
 恐らく、世の中の一般の人は、税金を免除され、優遇されているような宗教団体が、そんなことをするとは、思えないかもしれないが、このカルト教団S会は、実際に、そういうことまでもする極めて、凶悪な団体なのである。
だから、他の被害者も報告していたことである。



 しかし、もし、工事に無関係であるにもかかわらず、意図的に、迷惑をかけることを目的として、不要な工事音を発生させてきたとなれば、それは、犯罪に該当し、「迷惑防止条例」違反である。
懲役1年以下か、または、100万円以下の罰金である。
私の部屋の周りに、そんな工事は、不要なのに、やっているのかどうかは、調べれば、すぐわかることである。
工事は、計画を、立てて、予定も立ててやるので、すぐに、不要な工事音かどうかは、わかる。



まだ、上階カルト(カルト教団S会)が、階下の私を、盗撮・盗聴・監視し、騒音による嫌がらせをしていることを確認した。


まあ、本日のように、必要ない工事音を発生させて、迷惑行為、騒音嫌がらせをしてくることは、十分、予想されるが、それが、3ヶ月も続くことになるのであるから、迷惑を通り越して、明らかな組織犯罪行為である。
まあ、この工事自体、本当に、必要だったのか?甚だ、疑問でもある。関係者が全て、カルト教団S会の関係者ともなければ、長期間の騒音攻撃をするためだけに、工事をでっち上げる可能性も、このカルト教団S会なら、十分に、あり得ることである。
なぜなら、このカルト教団S会は、目的の為には、手段を選ばないことで、知られているからだ。
教祖・教団の為なら、犯罪もいとわないという凶悪団体である。
だから、世界から「カルト」指定されているし、元宗教からは、悪質だとして、「破門」されているのである。
ところが、これらの犯罪を取り締まるべき警察が、このカルト教団S会の信者で、固められているので、野放しとなっているのが、現状である。それは、是が非でも、是正していかなければならないことである。でなければ、特定の宗教団体の犯罪だけは、全く、取り締まられないという法治国家として、あるまじき状態に陥るからだ。





その後、ブログをXにアップしたが、あっという間に、消された。
投稿した瞬間に、いつも、「新しい投稿が35件(70件)あります」とか、表示されて、あっという間に、遥か下に、流される「流し工作」をされるのであるが、その数だけ、戻ってみても、見当たらず、下に流した後、どうやら、消されているようである。
これでは、全く、Xの投稿には、言論の自由が存在しないことになり、「おすすめ」の機能が、いいように、「総体革命」で、Xに侵入したカルト教団S会信者が、好き勝手に、検閲できる状態になっているのである。
そもそも「おすすめ」なんて言う、他人に、見たい物を、推奨されたくはない。
言論の自由を守るなら、以前あった「すべて」の機能で、十分である。
ところが、個人に見たいものを見られてしまうと、困るため、見たいものを見せないように、「おすすめ」の機能として、うまく、隠蔽し、実際は、検閲・言論統制できてしまっているのである。
その中で、「興味がない」とかの選択をするので、本来であれば、自分の興味のある投稿を中心に、見える筈であるが、実際には、全く、無関係の「花」の写真や、食べ物の写真、アニメの写真ばかりなので、選択していることのデータが、全く、反映されていなことがわかる。きっと、そういう工作もできるのだろうと思う。
集団ストーカー関連の投稿なんて、ほとんど、見なくなった。
完全に、カルト教団S会の検閲が、有効な状態を見せられていると考えられる。
つまり、表側の新聞・TVだけに限らず、SNSにまで、カルト教団S会の言論統制が、効いていることになり、全く、言論の自由も報道の自由も、なくなっていると言わざるを得ない危機的な状態なのが、現状なのである。
そんな危機的な状態になっていても、誰も、カルト教団S会の検閲・言論の統制に気が付かず、まんまと、カルト教団S会の世論誘導・ミスリードに、乗せられてしまっているのである。
SNSに侵入されただけで、ここまで、言論の自由の破壊、検閲・情報統制が、可能となってしまっているのである。
まして、表側の大手メディアに、侵入されたために、何度もデモをされていることも、世界で、カルト指定されていることも、国民に知らされることもなく、ミスリードされてしまっていて、その辺の問題が無いかのように見えるのが、現状なのである。
それは、報道の自由の破壊であり、言論の自由の破壊である。
従って、Xは、「おすすめ」なんて、言論統制機能を廃止し、以前あった「すべて」に、戻すべきでなのである。
本当に、すべてのカルトに対して、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を成立させ、カルトを、警察・メディア・司法・官公庁・政治・自治体などから、叩き出さなければ、どんどん、歪められてしまい、終いには、いつの間にか、言論の自由も報道の自由も、無くなってしまっているかも知れない。
カルトの巧妙な巨大工作パワーを、甘く見るべきではない。
カルトの影響力は、今現在、様々な細かい場所・場面に及び、カルトの都合のよいように、歪められていることを、知る必要がある。
カルトが、政党を持っている為に、ストーカー規制法が、自分たちの犯罪である「集団ストーカー」を対象として取り締まられることがないようにする為に、対象を「恋愛」に限定し、ザル法にされてしまったのだ。
フランスであれば、こんなバカなことは、許さない筈である。
このカルト教団S会は、フランスでは、「カルト」指定されていて、警察官などの公務員になることを禁止されているのだ。
だから、警察に、信者がいないから、公正に、カルト教団S会の信者の犯罪も取り締まることができるのだ。
それに引き換え、日本では、メディアや警察まで、牛耳っているために、取り締まることもなく、それらのことも報道されることもなく、野放しになってしまっているのが、現状であり、本来であれば、フランスのような対策と規制が必要なのである。




















本当に、このカルト問題は、闇が深い。

カルト教団S会の広宣部≒(CIA+NSA)
カルト教団S会の広宣部≒(オウム真理教)
カルト教団S会の実態≒(T協会+オウム真理教)

 ここは、鉄筋コンクリートの建物なので、通常は、上階から階下の人間の動作・操作・PC操作・PC画面を検知することはできない。しかし、それらのことを検知し、反応していることから、相当に特殊な方法で、盗撮・監視・検知していることになる。
もちろん、それらの行為は、全て、犯罪である。盗撮に当たる犯罪行為で、尚且つ、常時、違法に他人を、24時間365日、監視しているので、人権侵害の憲法違反にも当たる重大犯罪である。
その意味でも、カルト教団S会は、テロ組織である。
 このような明らかな犯罪を税金を免除されている宗教法人が、行うことは、決して、許されることではない。
例え、それをしている宗教団体が、政権与党だとしても、また、警察を多くの信者で固めていようと、である。
 この「集団ストーカー」という組織的なストーカー行為は、カルト教団S会の元信者の長井さんも認め、謝罪しているし、現役信者のRevoさんも、行っていたことを認めている。また、れいわ新選組の山本代表も、実際にやっていたという信者からの話を聞いたとして、認めている。もちろん、被害者の多くも加害者は、カルト教団S会であるとして、デモや街宣をしてきた。
 これ以上の根拠・証拠は、もはや、必要ではなく、「集団ストーカー」犯罪は、カルト教団S会が行っているということで、すでに、十分に断定できるレベルとなっている。
 よって、カルト教団S会は、正式に、この「集団ストーカー犯罪」をしていたことを認め、多くの被害者に謝罪すべきである。
もはや、宗教法人として許される活動範囲を、大幅に、逸脱していることは、明らかなので、明らかに、「解散命令」の事由に該当していると言える。
宗教法人法の第81条に該当するサルサ岩渕氏の出典より」
よって、宗教法人法第81条に違反しているカルト教団S会には、正式に、「解散命令」を出すことができるのである。






・本日の救急車など(緊急車両、ヘリ、飛行機等)を悪用したストーカー行為

1回目 11:36 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

スマホを操作すると、それを検知されて、動員したものと思われる。

2回目 13:40 ヘリ音、(チャーターへり、所有ヘリ、ドクターヘリ)

タブレットを操作すると、それを検知して、動員したものと考えられる。

3回目 17:53 非救急型サイレン、カルト系緊急車両(パトカーや消防車など)悪用動員

Xをやると、それを検知し、動員したものと思われる。

4回目 18:12 救急型サイレン、カルト系救急車悪用動員

食事を始める寸前に、それを検知されて、動員したものと思われる。

4回目 18:15 航空機音、カルト系管制官によるミスリード管制

食事を開始した瞬間に、それを検知されて、動員したものと思われる。
 航空機の悪用をすることができる航空管制室の管轄は、カルト教団S会の信者が、長年、大臣をしている国土交通省である。完全に支配され、好き勝手に悪用され放題となっていることがわかる。カルト系救急車の悪用などと同じ構図である。
航空機の悪用に関する説明文


 このカルト教団S会が、救急車、パトカー、ヘリ、消防車、飛行機などをストーカー行為として、悪用している事実は、様々な人が、指摘していることであり、事実である。

航空機の悪用
亡くなった清水由貴子さんの証言
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
救急車の悪質な頻回利用
集団ストーカー犯罪ウォッチング-国営暴走族!
パトカー、救急車等の出所に三色リボン
救急車の悪用
緊急車両の悪用
長井さんの証言

 もう、そろそろ、このような世の中のためにならない犯罪は、やめさせなければならない時期に来ているのではないだろうか?
きちんと、カルトの犯罪は、犯罪として、取り締まって行く必要があると思う。
宗教だからと言って、特定の宗教団体が、犯罪をしているのに、まるで、治外法権のように、野放しになっているとしたら、決して、法治国家として、許されることではない。
対応できていないとしたら、対応すべき機関の問題点を調査する必要もあるかもしれない。















定条文

 ここは、鉄筋コンクリートのマンションである。さらに、床は、衝撃吸収床で、普通のマンションよりむしろ、防音がしっかりしているマンションである。従って、通常は、上下で、音の問題が起きることはない。
従って、普通の住民が上階に入居していれば、何の問題も、騒音問題も起きていない。
それは、過去、首都圏で、何度も引っ越しをして、そうだったので、確かである。

 ただし、この被害に遭うようになってからは、上階に、勧誘を断った筈のカルト教団S会の工作員が、勧誘を断られたのを逆恨みして、嫌がらせ目的で、入るようになると、それが、完全に崩れた。通常は盗撮でもしていなければ、不可能な階下の動作・行動に反応して、天井を叩いてきたり、ドンという音を立ててきたり、床板がある筈なのに、床板を剥がし、コンクリートの床を、直接、蹴飛ばしたような音まで、発生させてくる。
時には、検知し、カルト系救急車を悪用動員してくる場合もある。救急車をストーカー行為のように悪用動員するのである。極めて、悪質と言わざるを得ない団体である。
宗教とは、真逆の犯罪行為をしてくるカルト教団である。
まさに、テロ組織である。もちろん、これらの行為は、全て犯罪に該当するので、犯罪組織とも言える。
だから、このカルト教団S会は、世界から「カルト」指定されているのだ。
このカルト教団S会の実態は、世界で、「カルト」指定していることから推測できると思う。
国際的には、オウム真理教などと同等に危険な団体であると認識されているのである。




・上階カルトからの室内における工作

 天井叩きなどの騒音攻撃による被害は、少なくなっているが、無くなったわけではない。
今、現在も、24時間365日の違法な盗撮・盗聴・監視は、続いていることを確認している。
ちよっとした仕草や操作まで、盗撮によって、見られているという認識は、プライバシーがゼロということである。あたかも、動物園にいる猿のように、四六時中、見られていることと同じであり、人権侵害の極みである。殺人にも匹敵する残虐行為であり、犯罪である。
 こういうことを宗教団体だからと言って、あるいは、政権政党を持っているからと言って、また、半ば警察を支配できているからと言って、決して、許されることではなく、極めて、凶悪な犯罪行為である。
それらの状況とは、別に、分けて捉え、どこの組織が行っていようと、犯罪は、犯罪として、取り締まる必要があるのは、言うまでもないことである。
もし、そんな当たり前のことが、通らないとすれば、どこに問題があるのか、検証しなければならない。
特定の宗教団体の犯罪が、野放しを許されているとしたら、権力の悪用であり、政教分離の憲法違反である。

 マンションの部屋の上階に侵入したカルト教団S会の工作員による放射線を使用しての上階からの透過・透視・監視は、続いていて、当方の行動の何かを検知すると、その度に、天井を叩くという騒音攻撃・嫌がらせも以前よりは減ったが、それでも、無くなったわけではなく、続いている。
主に、PCを持ったタイミングや操作開始したタイミングやスマホを持ったタイミングやリモコンを操作したタイミングやネット(データ通信)をONにしたタイミングなどである。もちろん、普通は、上階から階下の人間のそのような操作を検知することは不可能である。通常は、階下に人がいるかどうかさえわからない。従って、それらを検知して、反応できるということは、いかに、上階に侵入しているカルト教団S会が、特殊な工作をしているかが、わかると思う。そう、まるで、テロ組織のような活動をしているのだ。
明らかに、「宗教団体」としての活動範囲を逸脱しているし、犯罪に該当している。明らかに、「解散命令請求」の事由に該当している。
 また、コンクリートの床を超えて、こちらの室内である天井の裏に物か棒でも、落としたような音を発生させる「家宅侵入犯罪」や「住居侵入犯罪」に該当することも、度々、行ってきている。犯罪に該当する行為でも、平気で行う凶悪なカルト教団である。
また、移動もことごとく、検知されて、真上に移動してから、天井を叩くということもやられていて、「屋内付き纏い」とも言うべき、ストーカー行為もやられている。
居間テント内だけに限らず、トイレや洗面所に移動した場合も、上に来て、天井から異音を発生させ、検知できていることを認識させようとしてくるのである。
 この他人の部屋を盗撮し、その盗撮・監視していることで、何かを、検知したら、天井を叩く等、その都度、盗撮・監視を、相手に認識させる行為は、「常習的脅迫」に当たる犯罪行為である。これが野放しなのである。
通常、鉄筋コンクリートの建物で、何もせず、階下の人間の行動を把握することは、不可能である。
まして、階下の居間に設置した金属シートで覆ったテント内では、通常、盗撮カメラによる盗撮も不可能である。
また、同様に、金属で遮断しているので、赤外線やマイクロ波による透視・透過盗撮も不可能であることがわかると思う。
ところが、上階カルトは、それでも、寝床やテント内での動作に反応して、天井を叩いてくることから、見えていることは、確かである。
その状態で見えているということは、あとは、放射線しか有り得ない。
さらに、居間では、テント内にいる時にしか、天井を叩かないことでも、区別できていて、見えている証拠である。
まあ、普通は、鉄筋コンクリートの建物で、通常は、階下に人がいるかどうかさえ、わからない。当方も階下に人がいるかどうかさえわからない。通常は、検知できない。
 しかし、カルト教団S会のように、テロ組織のような違法な活動をしているカルト教団は、目的のためには、手段を選ばないという特徴がある。オウム真理教を想像してもらえばわかると思う。普通の人が、想像できないことでもしていたことがわかる。例えば、オウム真理教の例だと、武器を製造していたことや毒ガスサリンを製造していたことなどがすでに判明しています。
同様に、このカルト教団S会も、普通の人が、想像もできないことでもする特性を備えていることは、確かです。
だって、階下を盗撮するのに、放射線を使ってくる団体である。でなければ、鉄筋コンクリートのビルで、階下を盗撮・監視することなど不可能だからだ。
 放射線を使って、常に盗撮されているので、常に放射線を照射しているので、当然、照射されている人は、被爆し、健康被害も発生することになることは、当然のことである。
これは、「傷害罪」に当たる犯罪である。ガンなどの病気への誘導も可能である。
これは、もう、宗教組織などではなく、テロ組織か反社会的勢力か国内スパイ組織である。
さらに、警察やマスコミにも信者を多数送り込み、事実上、支配できているために、巧妙に国民には、隠蔽できているのである。
より悪質である。
 だから、早く、フランスのように、「反カルト法」ならぬ、「カルト規制法」を制定して、規制しなければならないのだ。
これ以上、カルト教団S会を野放しにすると、日本社会は、破壊されてしまう。
その意味では、かつての、オウム真理教より、問題は、深刻である。
だって、裁判官にまで、カルト教団S会の信者が入り込み、自分たちの都合のいいように、判決を捻じ曲げることも確認されているからなのだ。
早急に手を打たないと、日本は、将来に、大きな、歴史的な、大禍根を残す結果になってしまう。
一刻も早く、この問題が、日本社会や日本国や日本国民全体に対して、相当に、重大で、深刻な悪影響があることに早く、気づいてほしい。

統一創価カルト規制法!犯罪=解散処分!西葛西 街宣!目覚めよ日本党押越清悦、鈴木さん。
投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR