・あおり運転だけではない、デマ情報拡散問題

 最近、常磐道でのあおり運転の事件で、無関係の女性が、デマ情報の拡散で、犯人扱いされたとして、愛知県の男性市議を告訴したが、それと、全く同じことを、この集団ストーカー被害者も受けているのだ。
 被害者及び当方は、よく、行く店舗などに、万引き常習犯であるなどというデマ情報を、このカルト教団により、お店に流されてしまい。お店は、その情報の真偽を確認することなく、デマ情報を真に受けて、被害者が、お店に行くと、執拗なまでの監視、付き纏いなどを行い、不必要な警戒を、警備員や店員にさせ、被害者に、精神的な苦痛を与えている。
また、店舗に入った瞬間に、防犯アナウンスをするなど、その行為は、行き過ぎている。
 例えば、当方の場合、カインズT店、イオンT店、ベイシアT店などに、デマ情報を拡散されて、行く度に、警備員や店員から、万引き常習犯扱いされ、不必要な、警戒、見張り、付き纏い、監視、などをされ、精神的な苦痛を味わっている。
この行為は、まさに、常磐道のあおり運転で、デマ情報を流されて、告訴している女性と同じ立場におかれているのだ。
 カインズT店、イオンT店、ベイシアT店などの関係者、及び、担当者は、あおり運転事件のデマ拡散市議と同じく、告訴されても、おかしくないことをしているということを理解すべきだ。
 お店に流された「あの男は、万引き常習犯なので、警戒するように」という情報が、デマ情報であるかもしれないのに、真偽を確認することなく、何の関係もない個人に、万引き常習犯であるかのような警戒をして、精神的な苦痛を与えたということになれば、同様に、告訴され、その責任を問われ、慰謝料を支払うことになる可能性があることを知るべきである。
デマ情報の真偽を確認することなく、そのデマ情報に、盲目的に従う行為は、デマ情報を、拡散した責任を問われても仕方ない。
デマ情報の真偽を確認することなく、信用し、そのデマ情報を真に受けて行った行為は、名誉棄損罪に当たり、デマ情報を、流した人と同罪である。
 また、それらの店舗が、AIや顔認証防犯カメラを使っていたとすると、一体、誰が、無関係の人間を、警戒すべき人間に設定したのか?デマ情報を真に受け、真偽を確認することなく、特定の個人の画像を、要注意人物に設定したのか?設定した人間は、その責任を問われる可能性があるので、注意した方がいい!当然、名誉棄損罪になり、慰謝料請求の対象になるので、注意した方がいい!
 この顔認証防犯カメラは、非常に問題がある。誰が、どういった責任で、どういった根拠で、その人物を、要注意人物に登録したか、歯止めがなく、ややもすると、悪意があれば、恣意的な、運用も可能になってしまうという問題点がある。
つまり、正しい運用ができない可能性があり、悪意の第三者により、恣意的な運用に誘導されてしまう危険性もある。
その点の歯止めがないまま、運用するのは、非常に問題である。
 例えば、防犯カメラに、記録されたある人物の画像を、危険人物や要注意人物に設定する場合は、その設定する人間も顔写真を撮られないと、設定できないようなシステムにするとかの歯止めが必要なのである。
そうすれば、悪意のある恣意的な登録をした場合、後で、証拠となって、賠償請求できるからだ。
今は、担当者が、好き勝手に、設定できてしまうので、悪用に対しての歯止めがなく、非常に、問題である。
まさに、最初、ミスや悪意を持って、登録されると、その後は、無限のデマ情報の拡散と同じ事件となってしまうのである。
 また、カインズ、イオン、ベイシアという大手企業にも、責任があり、店舗に対して、そのようなことが、行われていないか、コンプライアンスを徹底する責任があるので、最悪、企業自体としての責任を問われ兼ねないので、注意すべきである。
 海外では、個人に対して、天文学的な金額の支払いを命じられた企業もあるくらいだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR