・家宅侵入された

 車にセキュリティ装置をつけていたが、車速感応式オートドアロック装置と自動ドアミラー格納装置の資料が消えている。
資料が、通常部屋からなくなることはない。
可能性としては、家宅侵入され、資料を盗まれた可能性がある。
なぜ、そんなことをする動機があるかというと、今、車に、セキュリティ装置を付けているので、その他の装置との配線などの切り分けをするために、必要だったものと思われる。
以前から、出先で、駐車した後、侵入されて、ドライブレコーダーの画像を消されるなどの問題が、発生していた。
つまり、まず、純正キーレスリモコンは、破られている。そうすると、純正オートアラームも必然的に解除されてしまう。
純正キーレスリモコンは、ディーラーにカルト仲間がいれば、簡単に入手されてしまう。または、純正キーレスは、IDコードが固定なので、近くの車の中で、ID総当たりされれば、破られてしまう。
 現在、純正キーレスやスマートキーなどの固定IDをハッキングする方法としては、スマートキーや純正キーレス自体の電波を中継する「リレーアタック」、近くで、純正キーレスで、アンロックした時の電波を記録して、そのまま使う方法、そして、近くの車の中で、IDを順次変えて、電波を発信し、ID総当たりで、開くIDコードを割り出す方法などである。よって、固定ID方式は、危険である。破れる。
純正キーレスやスマートキーとオートアラームでは、もはや、簡単に、破られることが、判明している。
純正キーレスの危険なところは、キーレスを乗っ取られると、アンロックしただけで、あたかも、車のオーナーのように、オートアラームも解除できてしまう点である。従って、VIPERの取り付けにあたっては、絶対に純正キーレス連動してはならない。それは、わかっていたので、純正キーレス連動にはしていない。純正キーレス連動セキュリティは、一番危険である。
また、後付けの警報装置も破られていることは、判明していた。
それで、当然、侵入されないように、別の追加の対策が必要になり、別途、VIPERを取り付けることにした。
そこで、そのVIPERのセキュリティを破るために、別についている装置との切り分けが必要になったのだろう!
そのために、家宅侵入して、盗んだと思われる。
昨日、当方が、東駐車場を通った時、カルトナンバー車「7007」のセキュリティを遠隔で、操作し、当方のVIPERと同じ音を出して、からかったのと、意図とタイミングが、一致している。これは、「VIPERを破ったぞ」とアピールしたかったのかもしれない。
すでに、当方の車のVIPERが、破られた可能性がある。
なぜなら、彼らは、目的のためなら、手段を選ばない。オウムと同じ、カルトの特性を持っている。
日本の法律なんて、何とも思っていない恐ろしいカルト教団である。しかし、コードホッピングでも、破れるのか?
VIPERは、コードホッピング方式で、毎回IDを変えるので、純正キーレスや市販警報装置のように、固定IDコードではないので、前のマンションの駐車場の時のように、カルトが、真後ろに車を停めて、ID総当たり攻撃を受けても破られないはずであるが、わからない。
彼らなら、破った可能性も否定できない。
今のところ、相当探したが、見つからない。家の中に置いておいて、通常、ものが、消えることはない。
家宅侵入の可能性は、現時点では、99%である。
しかし、どうやって、家宅侵入したのだろう!
玄関には、電磁ロック(前にも付けていたので、これは、すでに、破られている可能性がある)や、後付けの警報装置(は、最近つけたが、IDが、たぶん、固定のため、総当たりで、破られた可能性がある)もついている。さらに、鍵も一部変更している。
初期設定の鍵は、管理人がカルトのために、クローンマスターキーとして、すでに、渡っていると考えられる。
変更した鍵は、宅配で、配達されたため、ヤマト内部にいる信者が、配達する前に、信者仲間に渡し、CTスキャンさせた可能性があり、クローンキーを作られた可能性もある。または、CTスキャン等で、キーコードを盗み、本人になりすまし、追加のキーを調達した可能性がある。この時のカルトの地域幹部のようなヤマトのカルト系の60歳前後くらいの配達員が、うす笑いを浮かべていたのを、今でも、覚えている。
いずれにしても、部屋の中に置いてものが、勝手に消えることはない。
これだけ、2重3重にしていても、彼らにかかれば、侵入できるのだから、彼らは、やはり、NSA以上のスパイ組織である。
攻撃もしているので、実際には、NSA以上のテロ組織である。
やはり、こんなカルト系宗教団体の活動を放置すべきではない。
当方にとっては、2つの装置の資料が、見つからなければ、家宅侵入の可能性は、100%である。
また、これで、家と車のセキュリティを、再構築し直さなければならない事態に追い込まれた!
追加で、部屋と車、両方に、さらに、2重3重以上のセキュリティを設置しなければならない!
 その後、何度も確認していた押し入れに、わざとらしく、その資料が置いてあるのが、発見された。
もちろん、そこは、何度も、確認して、なかったことは、確認しているのだ。
おそらく、前日にベイシアに買い物に行っている間に、戻したと思われる。
つまり、外出するまで、何日も、何回確認してもなかったものが、外出すると、その後、戻っているのだ。
とにかく、彼らは、他人を、24時間監視しているので、当然、見張りからの連絡で、ベイシアに入ったと確認されれば、もう、すぐには、戻らないので、侵入することができる。
彼らは、いつでも、鍵も電磁ロックも警報も解除できるように、全て、同じクローンリモコンをもっているので、たぶん、普通に住人のように、解除して、入っているものと思われる。
彼らカルトにかかれば、開けられない部屋も車もない。
店を出ても、すぐに、マンションに戻ることは、できないので、ベイシアを出てから、退去すれば、十分間に合うのである。
そのために、ベイシアは、もちろん、通るエリア全てに、監視要員を配置しているのだ。
ベイシアから戻るのに、数十分は、かかる。彼らにすれば、余裕である。
また、そういうことが、できるように、常に、監視しているのだ。
つまり、カルトたちは、もう、当方のマンションには、自由に出入りできているということだ。
これは、さらに、厳重な対策が必要だということを、証明している。
他人の部屋を、自由に、出入りしているのだ。
本当に、困ったものである。

 以前、駐車場で、車を降りて、その駐車場を、出る前に、年配の男女とすれ違った。そして、マンションに行って、戻ってくると、ドライブレコーダー内のカルト女が、映った部分だけ、消されていたのだ。そうだ、そのすれ違った年配の男女がカルト信者工作員だったのだ。そいつらが、画像を消したのだ。
他人の車に侵入するのなんて、彼らカルト組織にとれば、朝飯前なのだろう!
そういう団体である。

 後で、冷静に、もう一度、検証してみた。
はたして、見つかった場所に、消えた資料が、あって、本当に、当方が、認識できないことがあり得るのか、見つかった場所に、置いてみた。もちろん、人間は、視野に入って見ていても、認識できていない場合があることを、考慮しての話である。そうしたら、もし、そこにあれば、100%、見つけることが、わかった。そこにあって、見つけない可能性は、ほぼゼロであり、あり得ないことが、わかった。当方が、家宅侵入を指摘してから、ずっと、離れた場所への外出をしなかったので、戻せなかったのだろう!そして、ようやく、当方が、ベイシアに行ったので、その機会に、戻しておいたのだろう!やはり、100%家宅侵入されたことが、確定した。
 ではなぜ、家宅侵入したのか?当方が、車に侵入されるのを防止するために、VIPERを付けようとしていたからだ。VIPERは、コードホッピング方式なので、今まで、破られてきた様々のセキュリティの固定ID方式とは、異なっていたからだ。
それを、破るために、資料を入手する必要があったものと思われる。
例えば、車の純正キーレス連動のオートアラームは、固定ID方式なので、IDを総当たりされれば、終わりだ。
せいぜい多くても、数億通りなので、総当たりすれば、すぐ、IDコードがわかってしまうのだ。
そもそも、車などは、だいたい2億通りくらいあれば、日本では、まず、同じIDが渡る可能性が低く、近くで、偶然解除される可能性も低いので、基本、安全であるという発想で、セキュリティを、考えている。しかし、例え、人口を上回る通りが、あっても、パソコンを使い総当たりされれば、2億通りくらいなら、すぐに、IDを割り出されてしまうのだ。
よって、人口を上回る数億通りくらいあれば、まず、安全であろうとする車のセキュリティに関する考え方は、間違いである。
固定IDだと、最低でも、京の通り以上なければ、簡単に、破られてしまうのだ。固定IDの場合、例え、京通りあっても、数日かければ、破られてしまうのである。それくらい固定ID方式は、セキュリティ上では、ないに等しいと言っても過言ではないレベルなのだ。
一旦、固定IDを入手されると、車のオーナーのように、普通にアンロックして、セキュリティを解除し、侵入し、また、ロックし、セキュリティをONにして、元の状態に戻して、車を離れることができてしまうのだ。侵入されたことさえ、気づくことはない。
 この団体の恐ろしいところは、手段を選ばず、日本の法律も無視して犯行に及び、組織的に、連携するところである。
つまり、電磁ロックも市販の警報装置も、破られていることになり、また、鍵を変えたことまで、把握して、その鍵を入手している点である。もちろん、元々の鍵は、管理人がカルト系なので、すぐに、渡るとは思ってそうしたのだが、鍵を変えても、すぐ、入手できるとは、思っていなかった。彼らは、鍵を変えても、すぐ、入手していることがわかった。本当に、恐ろしい団体である。これでは、被害者が、いくら、何重の鍵をかけても、やぶられてしまうことを意味する。
 日本社会は、こんな危険なカルト教団の暗躍をいつまでも、許容すべきではない。
このカルト教団なら、十分、密室殺人も可能であるし、鍵がかかった家に侵入しての放火だって、できてしまうのだ。あるいは、自殺に見せかけた殺人も可能だろう!
困ったことに、それを、検証するための消防にも信者がいて、警察にも信者がいて、裁判官にも信者がいて、医者にも信者がいれば、殺人を自殺にすることだって、できてしまうのだ。
こんな恐ろしい状態に今の日本はなっているのだ。決して、放置すべきレベルの問題ではない。
どんな政治課題より、この状況の解消が、最も緊急性が高いことを、日本人は、認識しなければならない。
このままの状態を放置すれば、日本が、法治国家であるという神話は、崩壊する。
もう、この問題への日本の無関心は、許されない!
だって、この状態を放置すれば、明日の被害者は、あなたかもしれないのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR