・一言

 この犯罪( 集団ストーカー)は、我々一般人の想像を超えたことが、行われるのが特徴である。また、誰しも、考えないようなことをするのもこの犯罪の特徴である。
それは、なぜなら、被害者が自分以外の人に話せば、誰も信じないので、もし、話されても、逆に、話した人が、精神的に、疑われるという他言時ミスリード工作になっているのだ。
よって、このカルト教団は、故意に、狙って、一般人からは、信じられないことや、普通は、絶対にやらない工作を、選んで、故意にやっているのだ。
よって、もし、信じられないことを、経験したら、まず、99%、このカルト宗教団体S会の仕業である。
 この犯罪の特異性は、普通、情報を収集すればするほど、様々な可能性が、考えられるように、分散するのが、一般的である。
ところが、この犯罪の異常性は、普通の人が、考えもつかないようなことをしてくる犯罪なので、調べれば、調べるほど、他の組織で、行っている噂などはなく、そんな異常なことを考え、尚且つ、実際に行うような団体は、特定のカルト教団S会以外ありえないことの確信が深まる結果になるのである。なぜなら、そんな異常なことをする団体が、他には、いくら探しても、見つからないことがわかるからだ。
 この犯罪は、知れば知るほど、主犯のカルト教団S会の一点に収束するのである。
被害者の多くが、このカルト教団S会であると、断定しているのは、そのためである。

 最近、香港の自由と民主主義を破壊し、香港の人権を弾圧しているのは、全体主義の中国共産党である。
二国間の取り決めである数十年間は、香港の政治体制を維持するという約束が、破られているのに、中国の投資で、批判できないようにされているイギリスは、本当に腰抜けである。経済と政治は、分離して対応すべきである。
条約を守らないなら、香港の返還を中止するくらいどうして、イギリスは、言えないのだろう!
このように、自由と民主主義陣営が、全体主義勢力の横暴を放置すれば、その勢力は、世界を席巻することに成り兼ねない。
しいては、いずれ、自分の自由にも、影響を及ぼす結果となることは、目に見えている。
 その中国共産党の外務大臣は、 集団ストーカーの大元締め組織であるカルトS会の持っているS大学の卒業生である。
どうりで、平気で、人権無視をするわけである。一体、日本のS大学で、何を学んできたのか?
もし、この 集団ストーカーの主犯であるカルト教団を、放置すれば、日本も香港のように、自由と民主主義が奪われる結果になることに早く気付くべきです。日本の近年の歴史上の最悪の危機なのだ、本当は!
日本人は、いつまで、平和ボケしているつもりなのか?
この日本でも、すでに、警察の1/3が、中国共産党と同じ、全体主義のカルト教団に支配されているのである。
もし、警察の信者比率が、2/3になれば、この全体主義のカルト教団を、もう、誰も止められなくなるだろう!
そうなれば、まさに、香港の二の舞である。
日本国は、様々な機関が、内側から、全体主義のカルトに乗っ取られようとしていることに、早く、気づくべきである。
こんな危険な団体の政党を政権政党の一翼にしてよいだろうか?もちろん、よいわけはない!
すでに、この団体の全体主義の悪影響は、相当でているのだが、隠蔽されているのだ。
日本の報道機関は、すでに、カルトによる報道タブー視工作が成功していて、このカルト教団に関係することは、一切報道されない。
被害者団体が、何十回とデモや街宣をしても、ストーカー目的で、カルト系救急車を動員することはあれど、報道されたことは、一度もない。すでに、言論の自由が奪われているのだ。
だから、日本の報道の自由度は、67位と最悪な状態である。国際的には、知られた事実である。海外では、この団体をカルト指定しているのだ。日本では、一切報道させないタブー視が成功していて、隠蔽できているが。
このまま、このカルト教団を放置すれば、香港の二の舞になることを知るべきです。
完全に、言論の自由と民主主義は、破壊されます。
本当に、日本の危機なのである。
このまま行けば、いずれ、日本人であるあなたの自由も、無くなるでしょう!
その時、気づいても、遅いですよ!

 この集団ストーカーを行っている主犯を、国家権力全体であるというのは、論理に飛躍があり、我々、被害者にとって得策だとは、思えない。例えば、警察をとってみても、警察全体がやっているのではなく、あくまで、警察内に侵入しているカルト信者がやってるのであり、あくまで、1/3の信者警官がやっているのである。
よって、相手を、国家権力全体としてまうと、焦点が、ぼけてしまうし、ミスリードに悪用されてしまい実態をずらす効果さえ与えてしまうので、注意が必要である。そういう主張をする人たちの中に、ミスリードが目的で、入り込んでいる加害者側の人間(偽被害者)がいるような気がしてならない。また、この犯罪を国際的な陰謀であるかのような主張をしている方も見受けられるが、それも荒唐無稽であり、それも、かえって、焦点をぼかし、実体を、わからなくしてしまう主張にしか、映らなくなってしまうので、決して、被害者にとって、得策ではない。
ややもすると、ミスリードに悪用され兼ねない主張である。逆に、故意に、焦点をぼかすためにしている偽被害者だと思われてもしかたがないと思う。
あまり、風呂敷を広げすぎず、本来の基本の被害に戻る必要があると思う。やはり、真実は、故清水由貴子さんの録音音声にのみ本質があると思う。あまり、尾ひれをつけて、焦点をぼかすべきではないと思う。その方が、解決の近道だと思う。現実の路線での主張を徹底すべきであると思う。

 現在、ネットでの誹謗中傷を行った相手を特定し易くするために、公開請求をし易くしようとしている。これは、カルト勢力による投稿妨害工作に悪用される可能性があり、注意が必要である。世の中の悪を告発する行為を委縮させる可能性さえあり、歯止めが必要である。ネットでは、そういう取り締まりの方向へ向かっているのに、一方、お店などでの、顔認証における悪意による登録は、何の歯止めもないという片手落ちというか、バランスを欠いた動きである。
何でも、加害者側が有利になるような方向だけに、動くのは、注意が必要である。
それをするなら、一方、問題がある顔認証の悪意の登録を防止するためにも、登録した人の顔も登録しないと、勝手に登録できないようにすべきである。こちらも、同時にやらなければ、片手落ちである。

 今回、都議会選挙に、押越氏が、立候補したことは、内容については、個々に賛否はあれど、一定の成果があったと思う。
もちろん、カルト宗教団体が、マスコミを牛耳っているので、押越氏が、演説会で、「集団ストーカー」の話をする場面は、さすがに、放送されなかった。しかし、youtubeでも、かなり、流れたし、街頭でも、初めて、聞いた人も多かったと思う。また、政権放送で、「集団ストーカー」の話をしてくれたことは、相当の効果があったと思う。政権放送でなかったら、カルト自ら、作ったタブーで、絶対に放送できなかっただろう!
よって、一定の成果はあったと思われる。

 ただ、山本〇郎氏の応援演説において、集団ストーカーの主犯であるカルト宗教団体の三色旗が、いくつか、振られていたことに、違和感を覚える。この3色旗のカルト教団は、危険な犯罪組織である。少なくとも、海外では、そう認識されていて、カルト指定されている。国内では、それが、隠蔽されている。山〇氏には、その意図がないかもしれないが、まるで、カルト宗教団体と協力しているように、映ってしまうのは、得策ではないと思う。あれは、誤解されるので、やめた方がよいと思う。加害組織であるカルト教団の3色旗を振らせてはならない。
 我々、被害者数千人が、非常に、不快に感ずるものである。加害者をたたえているように写る。
れ〇わの中に、カルト宗教団体を批判している人(信者か元信者か)がいるらしいが、3色旗を、振ったのでは、批判していることと、相反する行為であると思う。本当に、カルト宗教団体を批判しているなら、3色旗を、踏みつけるべきである。それが、踏み絵になると思う。3色旗を、振っていたのでは、カルト宗教団体を応援しているようにしか、映らない。

 彼ら、カルト教団の得意技は、内部に入り、ミスリードすることである。マスコミ・警察・司法・政治・行政など。
十分、注意しなければならない!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR