・今の日本のマスコミ・メディア(TV局・新聞など)が、カルトに支配されている証拠

 集団ストーカーの首謀者であるこのカルト宗教団体は、国内では、日本全国で、デモまでされ、海外でも、フランスを始め、10か国以上から、「カルト」指定され、警戒・監視対象になっている。マスコミがそれらの情報を知らないはずはなく、支配され隠蔽しているのか?それらのことを知りながら、反社会的勢力であるカルト宗教団体のCMを流し続けているとは、完全に、倫理観が欠如した悪質な企業である。「TV朝日」「株式会社フジテレビジョン」「株式会社東京放送ホールディングス」「テレビ東京」などテレビ各社、これらの企業は、反社会的勢力の活動に協力していることになる。当然、これらの企業では、社内倫理委員会が、正常に機能しているとは、とても思えない!このようなオウム真理教と同じ団体と海外で、認定されたカルト教団のCMを流す行為は、オウム真理教事件の被害者家族をも愚弄する野蛮な行為である。オウム真理教事件の教訓を、蔑ろにする行為である。批判に値する愚かな行為である。倫理委員会を持っている企業が、倫理観ゼロで、良いのだろうか?
 これは、youtubeで見たが、NHKの放送で、女性アナウンサーが、このカルト宗教団体の名前を報じたら、すぐに、ストップが、入ったのだ。一体、誰が止めているのだ。信者プロデューサーか?信者ディレクターか?一体、このカルト宗教団体の報道をさせなくしているのは、誰なんだ?このカルト教団のことを報道することをタブーにしているのは、一体誰なんだ?中国じゃあるまいし、批判的な国際報道が流れると、妨害電波を出して、画面が、真っ黒くなる中国と、何も変わらないではないか?いつから、こんなことになっているのだ?報道できないものがあるなんて、誰が、決めたんだ?そんなこと!
 TVなどマスコミ業界で、特定の宗教団体の名前の読み上げをタブーにしているのは、放送倫理に違反している。「報道の自由」に反する行為である。放送倫理委員会があるなら、議題にしろ!そんなことは、あってはならないことだ。日本は、報道の自由を信条としているはずではなかったのか?
「NHKで公〇党・〇価学会のニュースが突如終了」の動画は、検索で、出てきますが、やはり、止められてしまったようです。
 また、NHKでさえ、車のナンバーを写した時に、そのナンバーが、なぜか、カルトナンバー車であることがほとんどである。
これは、カメラマンが信者なのか、プロデューサーが信者なのか、わざと、カルトナンバー車を写していることがわかる。
自然分布でも、信者が5%以上は、いるはずだが、天下のNHKでさえ、かなり、カルト宗教団体の影響下にあると見て間違いない。
 NHKに限らず、日本のマスコミは、一説によると、すでに、カルト信者が、社内で、人事権を持つまでになっていたり、幹部であったりと、その影響力は、絶大であると言われている。そのため、わざとカルトナンバー車を写したり、カルト教団のCMを平気で流したりできているのだ。海外では、カルト指定されていて、オウムなどと同じ、犯罪組織としか、見られていない。
普通は、常識的に、犯罪組織のCMなんて、流すだろうか?日本のマスコミは、すでに腐っている!
 また、CMの多くに、このカルト教団の芸能部のタレントばかり使用している。それだけ、マスコミ業界へのこのカルト勢力の影響力の大きさを表している。また、CMなども、社会に犯罪を増やし、荒廃させ、悪化させて、宗教を頼るように、誘導しようと、世の中の犯罪を助長しようとするミスリードCMも多い。日産の「やっちゃえ!」CMなどもカルトの犯罪助長工作と考えられる。普通、正しいことをする場合、「やっちゃえ」とは言わない。ほとんどの場合、犯罪を躊躇している人には、「やっちゃえ」と背中を押す効果はあるに違いない。奇をてらったCMこそ、細心の配慮が求められるので、こんなCMを平気でやる時点で、能力がないか悪意としか思えない。
また、CMによっては、「非常識になれ!」なんてCMまである。世の中を荒廃させようとする勢力によるミスリードCMだと思われる。世の中、「非常識」がいいんだったら、犯罪だって、やり放題だ!これも、犯罪を増やし、宗教に頼るようにするミスリードCMだと思われる。カルト勢力は、その影響力を使って、世の中の犯罪を増やすように、暗示・洗脳するCMを流そうとするのだ。それを真に受けて、何の配慮もない不見識なCMを作成・流すべきではない。そんなCMを堂々と流すのは、能力のないバカの仕事か悪意しか感じられない。もし、能力がないなら、せめて、悪影響が無いかくらいは、検証してから流せ!一方、悪意で、やっているなら、納得である。
 これらのマスメディア企業のほとんどは、倫理委員会が正常に機能しているとは、とても、思えない。おそらく、これらの企業の倫理委員会自体に、カルト勢力が入り込み、ミスリードしていると考えられる。
「サンディジャポン」「ひるおび」「やりすぎ都市伝説」「新婚さんいらっしゃい」「TVタックル」などの番組でも、このカルト教団の「〇教新聞」「S価学会」などのCMが流されている。あってはならないことである。犯罪組織のCMを流すとは?サリン事件を起こし多数を殺害したオウム真理教と同じと考えられている団体のCMを流すとは、言語道断である!また、警察24時的な番組や、驚愕な映像番組なんかも、カルト教団が、スポンサーであることが多い。「メレンゲ~」「ぴったんこ~」なんて、カルト教団芸能部のような番組である。カルト教団の広報を担当し、カルト教団を代表する信者芸人の番組である。
 そもそも、このカルト教団は、海外では、フランスなど10カ国以上から、オウム同様の危険で異常な宗教団体だとして、「カルト」指定されているのだ。情報のプロである日本のマスコミが、その情報を知らないはずはない。海外では、半ば、犯罪組織と見られている団体のCMを、日本のTV等で、流すのは、犯罪を助長する行為であり、犯罪に匹敵する悪質さがある。とても、日本のTV局は、倫理委員会が、公正で、正常に機能しているとは、思えない。でなければ、こんな犯罪組織のCMを流すわけがない。つまり、そのことが、日本の現在のマスコミが、このカルト団体に半ば支配されている証拠である。でなければ、こんな犯罪組織のCMを流すはずはない。
いかに、日本のTV番組がカルト教団からの資金により支配されているかがわかると思う。
 これは、一説によると、被害者のテレビ放送などの視聴情報を、盗撮・ハッキング・不正アクセス等により、入手していて、その情報を基に、被害者が、よく見る番組を狙って、カルト教団が、わざと、「〇教新聞」「S学会」などでスポンサーをするという工作であるとも言われているのです。それも、嫌がらせ工作の一環である。
そうすることで、被害者が好んで見る番組を、カルト教団のスポンサーにすることで、その番組を嫌って、見れなくするという嫌がらせ工作であるとも言われています。とにかく、このカルト教団は、被害者のTVなどの視聴情報まで、不正に入手しているのは、確かです。
被害者の好む番組を事実上、見れなくすることで、被害者の楽しみを奪い、正常な普通の生活をできないよう妨害するのが、目的であるとも言われています。
また、盗撮などにより、不正入手したTVなどの視聴情報を元に、被害者が、好まないことを知っていて、故意に、その好まない内容を含むCMや番組を探したり、作成してまで、放送するという嫌がらせもしているようである。また。TV放送などでは、盗撮などにより、被害者が見ているチャンネルを、リアルタイムで、狙って、カルトナンバー車が登場するCMや番組などを流すなどの工作もしていると言われている。
また、盗撮・尾行・監視等により、入手した情報などを元に、TV等で、正に、被害者が、購入したばかりの商品のCMを故意に流すという「仄めかし」などをして、監視されていることを知らしめる工作もしていると言われている。
また、被害者の苗字を使った人間をわざと、多数のチャンネルに同時に故意に登場させるという工作もしていると言われています。
実際に、どのチャンネルにしても、同じ苗字の人がいるという不自然な工作が、報告されています。
また、被害者の現在いる地域や出身地を話題とした番組を、故意に、多数編成し、放送することで、脅迫に当たる行為までしていると言われています。
このように、全てのテレビ局を使って、横串を刺したように、横断的に、連携させて、工作できる団体は、一つしかない。

 複数のTV局では、また、反社会的勢力であり、かつ、犯罪組織であるカルト宗教団体が、犯罪・警察番組に、スポンサーしているという自作自演をやっている。また、衝撃映像番組にもスポンサーしています。
 また、テレビ朝日が、「大下容子ワイド!スクランブル」いう番組の中で、カルト勢力が、影響力を誇示するために、わざと、政教分離(憲法20条)を無視して、宗教(僧侶)に、政治的な発言をさせている。これは、カルト勢力が、政教分離をなし崩しにする目的で、人々の意識に、無意識に、刷り込みをしている工作であると考えられる。この行為は、明らかに、憲法違反である。
最近の動向でも、TV朝日が、あたかも、カルト勢力にミスリードされたような不自然で極端な偏った報道やおかしな偏った番組構成をしていることが多い。印象としては、近年では、TV朝日が、最も、内部に侵入されたカルト勢力の影響下にあるのではないかという疑いがある。
 ブログに書かれたので、やめたようである。しかし、そんな常識さえ、わからないのか?今のマスコミは、恐ろしい限りである。政教分離「宗教は、政治に関与してはならない」(憲法20条)は、憲法の基本原則である。関与すれば、危険な全体主義に成り兼ねないからだ。今、それが、一番、危惧される。マスコミに入り込んだカルト勢力により、国民が知らぬ間に、ミスリードされているからだ。
おそらく、今のマスコミは、全て、このカルト教団の影響下にあるとしか見えない!
 一時期、やめたと思われていた宗教者(僧侶の袈裟でわざと)が、また、番組のコメンテーターに登場している。
学長でもあるらしいが、それなら、宗教人を代表して話をしているように、袈裟を着て、話をすべきではないだろう!
宗教は、政治に関与してはならないという憲法の原則(政教分離)に反する憲法違反行為である。
もし、学長として、話をするなら、袈裟を脱いで、宗教人に見えないような服装で、話をすべきであるが、わざと、テレビ朝日の中のカルト勢力がやらせているのだろう!わざと、ミスリードを目的として、悪意を持って、やらせているのだろう!
こういう兼任するコメンテーターではない人が、山ほどいる中、むしろ稀な宗教人と学長という肩書をもつ人を、わざと、探してきて、コメンテーターをさせている点も、極めて、不自然である。本当に、悪意を感ずる。カルト勢力によるミスリード工作そのものである。国民の洗脳である。カルト勢力が、政教分離をなし崩しにする目的で、人々の意識に、無意識に、刷り込みをしている工作であるのは、明らかである。
 今のマスコミが、いかに、カルト勢力の支配から、独立していないか、わかると思う。
とても、テレビ朝日の社内倫理委員会が、正常に機能しているとは、思えない!
これは、カルト組織が、自分たちが、違反している憲法20条の政教分離を、なし崩し的に破壊しようとする洗脳行為である。
国民は、そんな洗脳に乗ってはいけない!
 また、隣のチャンネル(TBS)では、袈裟ではなく、わざと、着物を着ている落語家をコメンテーターにしているが、それだって、宗教関係者が着ている物が、着物に似ていることから、わざと、着物を来た人間を、登場させて、国民に、あたかも、宗教関係者が、政治的なコメントをしているかのような錯覚をさせることで、「政教分離(憲法20条)」は問題ないかのような印象操作・印象工作・刷り込み・洗脳・ミスリードを、国民に対して、行っているのである。日本の全てのTV局内で、信者たちが、連携して、政教分離をなし崩しにしようとする工作をしている。
 このように、全てのテレビ局に信者がいて、唯一、その複数のテレビ局を、横断的に、支配できていて、全ての局で、連携して、政教分離を、なし崩しにしようとする誘導・洗脳工作(ミスリード)をしていることを、国民は、全く気付かないだろう!それほど、巧妙にやられているのだ。
そんなことができるのは、もちろん、みんなが知っているあのカルト宗教団体だけである。逆に、他には、そこまで、できる団体は存在しない。

 だから、日本の「報道の自由度」ランキングは、世界67位なのである!世界は、日本の実情をよく理解している。その実情を理解していないのは、日本人自身であり、日本という国自身である。
このカルト教団は、日本で、唯一、全ての企業・機関内の信者たちが、組織を超えた横の連携組織犯罪をしている団体であり、明らかに、信仰の自由の範囲を極端に逸脱しているテロ組織である!よって、テロ犯罪組織は、信仰の自由の保護対象には当たらない。信仰の自由により、守られるべき人達の組織ではない!法治国家として、テロ犯罪組織に、信仰の自由を悪用させてはならない!

 この宗教団体は、自分たちが行っている犯罪を指摘されると、それを宗教弾圧であるといううまい問題すり替え工作を、行っていて、自分たちの犯罪を、批判されることを、巧妙にタブー視させることに、成功しています。それが、問題なのです。マスコミ内部にまで、巧妙に、そのタブー視の工作は浸透させてしまっています。だから、事実であっても、全く、報道されません。
当初、オウム真理教も、凶悪な犯罪をしていることを、指摘されると、それを宗教弾圧であるという問題のすり替えを行い、タブー視に成功していました。だから、当初、被害を訴えても、誰も耳を貸さなかったのです。しかし、現実には、そのような被害は、実在していて、さらに、凶悪な事件へとつながったことは、みなさん、ご存じだと思います。
 同様に、このような悪質な宗教団体を、糾弾すると、同じように、タブー視することは、もう、止めましょう!
もう、すでに、日本国民は、オウム真理教で、学んだはずです。
世の中には、人々の想像をはるかに超えた凶悪な宗教団体というのは、実在するのです。
日本国民は、早く、それに、気が付いて、一致団結して、このような凶悪な宗教団体を撲滅しなければなりません。
そうしなければ、明日の被害者は、あなたかもしれないのです!







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR