・今の警察は、1/3が信者で、犯罪組織の構成員であり、悪質


 現在、警察が、自由に、個人・企業を問わず、ランダムに、ハッキングのテストができるという法律で、ハッキングのテストが、行われているが、これは、非常に、危険な法律である。
もし、カルト系の警官に悪用されたら、カルト宗教団体が、一方的に、ターゲット(被害者)(仏敵)にした相手のネット環境へのハッキングテストを行い、侵入できる方法を、解析され、その方法を、カルト宗教団体の工作員へ情報を流せば、被害者(ターゲット)のネット環境へ確実に侵入できてしまうのだ。
そのせいか、当方が何をネット上でやっても全部筒抜け状態であるのは、そのせいでもあると思われるのだ。
やはり、被害者がネット上で、行った操作などが、全部筒抜けになっているのは、問題である。
そういう悪用がされているかどうかの監査は、一切、行われないのだから、非常に、問題である。
令状もいらないのだ。これでは、カルトの侵入し放題である。
こんな悪法はない。
やはり、国民の誰の環境へでも、ハッキングできるという法律は、歯止めがなく、カルト系警官に悪用される可能性があり、非常に、問題である。
やはり、自由に、ハッキングできるのは、問題である。
やはり、令状なりがないと、ハッキングできなくする必要がある。
こんな危険な法律は、廃案にすべきである。
警察にカルト宗教団体の信者がいないなら、いいかもしれないが、警察には、カルト宗教団体の信者が1/3もいるのだから、どう悪用されるかわからない。
非常に、危険な法案である。反対して、廃案にすべきである。

 信者じゃない警官は、信者警官のミスリードに毅然としろ!

 最近、また、何度もストーカー被害のために、警察に相談していたにも関わらず、相手にされず、命を落とした人が出ている。
警察内部には、カルト教団の信者警官が多く、特に、市民と接触する部署に、その信者比率が高いと言われている。
特に、生活安全課、地域課、交通課などである。これは、1/3どころではないと言われている。
特に、 集団ストーカーを訴えるべき生活安全課は、そのほとんどが、信者警官であると言われている。
つまり、市民からの窓口に当たる部署を抑えておけば、そこで、つぶせると、考えているようである。
よって、信者だらけのそれらの部署に相談に行っても、ほぼ、まともには、対応しないのは、当然と言えば当然である。
ストーカー被害の訴えをつぶすために、総体革命と称して、それらの部署に、集中して、侵入させているからだ。
信者警官たちは、ストーカー犯罪を真剣に対応しないよう警察内部で、ミスリードしている。
だって、自分たちのカルト教団が、組織的にストーカーをしているのだから、真剣に、対応しないように、ミスリードしておかないと、自分たちが、取り締まられることになってしまうので、ストーカー問題では、対応しないようにしているのは、見え見えである。
しかし、そのせいで、助かる命も助からない状態にまでなってしまっているとしたら、警察内の信者警官たちの罪は、極めて重大であると言わざるを得ない。

 だいたい、毎年、警官の逮捕者は、だいたい五百人前後いるのだ。

 千葉県印西市 元警官が、妻を殺して、海岸に埋めた。ストーカーとして、警察に相談していても、また、殺されてしまった。
  警察に相談していたのに、殺される事件が、多発している。対応する部署が、ほとんどカルト警官のため、故意に、対応していない可能性があるのではないか?
  男女間のストーカー事件でさえ、対応できていないのが、現状であるという前例主義を盾に、 集団ストーカーなどが、対応されないのが、あたかも、当然であるかのようなミスリードをするのが目的だと考えられる。
 だから、カルト信者を、公務員にしてはならないのだ。まして、カルトを警官にしては、ならないのだ。
カルトは、公平・公正とは、真逆の組織である。

 愛知県警の巡査部長、麻薬事件をでっちあげ、書類送検、懲戒免職

 北海道警察の警官が逮捕された。スピード違反を捏造していたとの事。

 神奈川県警の警察官が逮捕された。

 その後、パトカーが逆走!キップを切られる!

 その後、それとは、別に、今度は、盗撮で、警官が逮捕されている。

 9月7日、千葉県警の警察官が、住居侵入で、逮捕された。盗聴・盗撮装置をつけるつもりだったとの事。

 まず、 もう、すでに、亡くなっているタレントの故・清水由貴子さんも、被害者で、同じような被害を、音声で、WEB上に、残している通り、以前から、このカルト教団が、ストーカー行為目的で、様々な緊急車両やヘリなどを、動員しているという証言とも合致する。
その音声は、今も残っている。AGSASさんのサイトからの引用である「清水由貴子さんが訴えていた真実」(WMVファイル)でも、真実が、述べられている。
清水さんの証言でも、不必要に、パトカーなどに、付き纏われていた事実を話している。
彼女も、カルト教団Sの勧誘を断ってから、そういうあり得ない付き纏い・待伏せなどのストーカー行為を、警察などから受けていたことが、はっきりしている。

 当方も、先日、また、久々に、やられた!
パトカー・青パトなどの待伏せ・付き纏いストーカー行為
 また、以前、カルト系のやらせ工作員とトラブルになった時、警視庁の担当警官から、お前が住んでいる周辺市町村全部に、お前の防犯情報を流すぞ!と脅しというか脅迫されたのだ。そのせいか?どこのお店に行っても、カルト系の警備員から、しつこい付き纏い・待伏せを受ける結果になっている。警官が脅迫である。まともな警官ではない。信者警官である。脅迫は、犯罪である。信者警官は、犯罪でも関係ないのだ。倫理観が欠如しているのだ。警官と言えども、他の信者と同じで、手段を選ばない凶悪なカルト教団信者である。今の信者警官は、暴力団より悪質である。

 また、東村山の女性市議だった朝木さんは、このカルト教団を追求していたが、このカルト教団が雇った暴力団によって、ビルから、投げ落とされたと言われているのだ。しかし、この時の警官も信者、裁判官も信者なので、自殺にされてしまったと言われているのだ。

 また、歌手のアスカさんも集団ストーカーの被害を訴えていると、麻薬容疑で、逮捕されたが、尿を提出するのに、お茶を提出したのに、警察内犯罪組織の信者警官により、そのお茶に、麻薬成分を混入されたのだ。そういう事実があったにもかかわらず、ではその不正を行った警官が捜査対象になり、逮捕されたかというと、捜査すらしていないのだ。今の警察は、そんな状態なのである。そういう悪質な信者系犯罪者警官がいて、恣意的に、犯罪者にしようとしてくるのだ。もはや、信者警官が、警察にいる限り、まともな法の執行は、100%期待できない。
 この集団ストーカー犯罪の被害者だと、犯人でなくても、犯人にされてしまうのだ。
信者警官は、意図的に、えん罪を作る可能性があるのだ。
今、現在、日本の警察は、カルト教団の信者の大量侵入により、公平・公正な捜査などとは、ほど遠い状態なのである。
やはり、警察から、信者警官を一人残らず、叩き出さなければ、まともな警察にはならないのである。

 本来は、憲法で、全体の奉仕者でない者は、公務員になることを禁止しているのだが、厳密な運用がなされていなくて、なし崩しに、カルト信者たちに、侵入され、1/3にも、なっていて、まともな運用が阻害されている状態なのだ。
そのため、海外では、ダイレクトに、カルトが、公務員になるのを、専門の法律で、禁止しているのだ。
日本もそれをしないと、警察が、カルト教団に乗っ取られてしまう可能性さえあり、非常に、危険な状態なのである。
2/3は、信者ではないが、1/3の信者警官たちが、組織的に、連携しているのに、気づかず、ミスリードされてしまっているのが、現実である。
また、警察として、組織を守るという偽りの組織防衛意識を、悪用され、誰も、正せていない状態だと考えられる。
それをしようとすると、左遷や、罠にはめられるなどして、最終的には、抹殺されてしまっているかもしれないのだ。
それは、すでに、信者が、人事権を持つ者や幹部にまでなってしまっているために、逆らえない状態になっている可能性が高い。
当然、こうなることは、予想されるので、当然、または、必須の措置だと思う。
だから、今、警察が、まともな、警察だと思ったら、間違いである。恣意的な法の執行や法を歪めた執行が、まかり通ってしまっていて、1/3は、もはや、警察ではなく、犯罪集団である。
もし、被害者が、関われば、恣意的な法の執行に遭い、不利益を被る結果になるだろう!
正直、2/3の信者ではない警官に、組織的にミスリードしてくるカルト教団の連携悪行に対して、毅然としてほしいものである。
やはり、海外のように、カルトは、警官などの公務員になれないように、法律で、明確に禁止すべきなのである。
 
 警察を正常化するには、別の指令系であるカルト教団からの指令しか守らない信者警官を警察から叩き出す以外にはありません。カルトが警官になるのを法律で禁止すべきなのです。信仰の自由の範囲を極端に超えたカルト組織を、警察に入れるべきではないのです。必ず、歪められます。また、海外のように、警察組織を複数作ることです。例えば、オーストラリアのような連邦警察やアメリカのようなFBIを作る必要もあります。日本のように、警察組織が、一つしかない国は、実は、異常なのです。警察組織に自浄効果が、期待できないのは、そのためです。相互監視による犯罪抑制効果が、期待できないからです。だから、警察組織は、複数必要なのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR