・連日の工作(異音、屋内付き纏い、盗撮・透視・盗聴・監視、天井侵入)

 隔壁を透過して、階下を監視する為に、放射線(中性子線)CTを使って、精度の高いスキャンと攻撃を行っているために、手を狙ってやっているのか、最近、手が痛いし、マヒ気味で、障害が発生している。手に力が入らない。お腹にも違和感がある。
このカルト宗教団体Sに、一体、私は、何をされているのでしょうか?
手の不自由を誘発しているものと思われる。彼らがよくやる遠隔からの病気誘導工作だと考えられる。
この被害にあうまで、体は、どこも悪いところはなかったのにである。

天井を、叩く動作は、毎日やられている。

 通常、このような鉄筋コンクリートの建物では、上階の音は、普通、まず、聞こえない。当方は、東京近辺に40年以上住んでいて、数十回引っ越しをしていて、木造アパートから、鉄筋コンクリートのマンションまで、多数住んだ経験から、この被害に遭うまでは、ほとんど、上の階からの音は、経験したことがない。しかし、当方の部屋では、上階がカルトのため、わざと、頻繁に、異音を発生させてくる。それは、監視・嫌がらせ目的で、上階にカルトが入居している為、あり得ないことが発生するわけである。つまり、わざと、異音を発生させているのだ。その故意に発生させている音は、床板をはがして、直接、コンクリートを叩くような音や、直接、コンクリートの床をけったような音や、直接、コンクリートの床に、鉄アレーでも落としたような音や、直接天井を叩くような音や天井を棒でつつくような音や天井裏に、物を落としたような音まである。通常、床には、床板があるので、このような音は、発生しない。また、このマンションでは、衝撃吸収性能のある床板が使われているので、普通のマンションよりもむしろ、音は発生しない防音性能が高い大手の有名ブランドシリーズのマンションである。また、音の伝播の物性としては、双方向性というのがある。つまり、一方向だけに、聞こえるということはなく、空気の振動である音は、波が伝わる隙間空間があれば、双方向に、波として、伝わる特性があるのだ。つまり、これだけ、当方が、上階の音が聞こえるということは、こちらの音もかなり、上階で、聞こえていることになるのだ。つまり、上階カルトが、下階を、盗聴・盗撮・透視監視するために、床に穴を開けているという証拠になるのだ。従って、床板をはがしてやっているとしか思えない。こんなカルト教団を放置すべきではない。悪質極まりない。組織犯罪である。共謀罪である。

 カルトのするストーカー行為に、屋内付き纏いというのがある。
はっきりと、付き纏っていることが、わかることがある。
まず、洗面所に行くと、洗面所の天井で、異音を発生させ、台所に行くと、今度は、台所の天井で異音を発生させる。トイレに入ると、トイレの天井から異音。まるで、見えているように、ついて回るのだ。それも、付き纏っていることが、こちらに、故意に、わかるように音を出して付き纏ってくるのである。
異常である。異常な団体である。異常なカルト教団である。犯罪集団である。
もちろん、この建物は、鉄筋コンクリートなので、普通は、ほぼ、上階の音は、聞こえないし、上階が、行動を合わせることもできない。しかし、上階は、カルトなので、どうやら、コンクリートの床に穴を開けて、音を聞いているために、当方の移動が、音で、わかるようなのである。
上階がカルトでなく、違法なことをする人間でなければ、これらの音のやり取りは、まず、発生しない。
では、逆に、その証拠として、当方は、全く、階下の人間の音を聞いたことがないし、はたして、居住しているかどうかさえもわからない。それが、普通である。ということは、上階の現象は、相当、特殊なことをしているということになるのである。よって、上階の現象が、通常は、あり得ないことがわかると思う。建物の構造上、そのままの状態で、上下の階で、付き纏うことなど、不可能なのである。
上階がカルトで、建物の構造自体に手を加えているとか盗撮・盗聴など何等かの工作をしていなければ、不可能なことなのである。
よって、上階に、入っているのは、普通の一般的な人間ではないことがわかる。上階に入っているのは、極めて、特殊な人間であることがわかる。そう、一切、手段を選ばないハイテクを悪用するカルト宗教団体の工作員であると、高い確率で、判定できるのである。

 寝床も、はっきりと、盗撮・盗聴・透視での監視をしているのを確認した。
というのは、寝ている場所は、上部には、金属シートを多重にかぶせていて、尚且つ、周りも、金属シートで、囲っている。
この状態では、普通は、わからない。
しかし、その状態で、本日、中で、スマホを手に持ち、時刻を確認しただけで、上階カルトが、天井をたたいてきた。
100%見えているか盗聴している証拠である。
普通は、わからないはずである。ところが、わかっていると考えられる反応を返してきた。自分の部屋の中で、尚且つ、二段ベッドの下で、周りを囲っているのにである。
可能性の検証
・床のコンクリートに穴を開けて、盗聴しているので、スマホのボタンのクリック音を検知したか?
・やはり、放射線(中性子線)を使って、透過監視しているか?
そのいずれかである。
やはり、このようなことをする狂気の団体をこれ以上放置すべきではない。
人権侵害も甚だしい犯罪である!

 リモコンを操作したり、クリックしたり、スマホを持っただけで、検知しているようで、天井をけってくる。これだって、一体、どうやって、検知しているのか?不思議である。でも、そういうことをできる非常に危険な団体であることがわかる。
これは、上階カルトが、明らかに盗撮・透視監視している証拠である。
 その内、透視(透過)・監視に使用しているのが、X線CTと同じように中性子線CTを使っているようで、その透過監視目的のスキャンで使われている中性子線(放射線)を精密に焦点を合わせて、照射されているせいか?最近、両手が痛くて、一部、手に障害も発生している。本当に、手段を選ばない団体なので、何をしてくるかわからない。本当に、狂ったやつらである。
 本来は、特殊な方法の盗撮をしていなければ、絶対にわからないはずなのである。
なぜなら、当方は、部屋の中で、尚且つ、金属シートで覆ったテント状の中にいるので、普通の盗撮では、操作・行動を把握することは、不可能である。余程、特殊な盗撮方法を使っていなければ、操作・行動を把握することは、不可能なのである。
つまり、このカルト教団は、アメリカの諜報機関であるNSAやCIA以上に、高い技術力を使っていることが、十分予測されるのだ。
つまり、この団体は、巨大なスパイ組織のようでもあり、ある意味巨大なテロ組織のようでもあるのだ。
だから、海外では、オウムと同じような危険なカルト団体に指定されて、警戒・監視対象になっているのだ。
しかし、なぜか、日本国内では、カルト勢力の支配力が勝り、取り締まりされることがありません。
私は、海外の判断の方が100倍正しいと思います。
そういう団体を国内で、いつまでも、放置しておくべきではありません。
日本という国自体の信頼度が、下がりかねません。
犯罪抑止については、国際的な連携が必要です。
なぜなら、このカルト教団は、ある意味では、国際的なテロ組織のようなものだからです。

 リモコンの操作をすると、その一瞬に合わせ、天井をけってくる。上階カルトが、盗撮・透視監視しているので、見えているようである。また、何かの動作をすると、それに合わせ、天井をけってくる。

 普通の生活音ではなく、明らかに嫌がらせであるような打音が、上階カルトにより、何度も連続させる騒音攻撃が行われている。
なにやら、電動工具音のような音も、上から長時間していた。

 天井内を叩いたような音や、パタッとフタを閉めたような音や、天井内に何か物を落としたような音を、上階カルトが、工作として、何度も発生させている。嫌がらせと監視を暗示させ、精神的なプレッシャーとすることが、目的だと思われる。
また、当方の移動に合わせ、洗面所に行くと、洗面所の上に来て、異音を発生させ、トイレに行くと、トイレの上に来て、異音を発生させるという監視していることを故意に認識させ、精神的なプレッシャーとする工作もしてくる。いわゆる屋内付き纏いである。
もちろん、普通の部屋なら、下の階の人間の行動は、わからない。しかし、コンクリートに穴を開けて、盗聴・盗撮・透視監視しているので、まるで、同じ部屋にいるように、こちらの音が、聞こえてしまうので、自分の部屋内での移動でも、100%把握されてしまっているのは、間違いない事実である。逆に、そうでもしていなければ、当方の移動に合わせ、屋内付き纏いをすることは、不可能である。
現在、上階カルトによって、プライバシーが全くない状態におかれているのである。
当然そんなことは、犯罪であり、完全に人権侵害犯罪であり、組織犯罪である。

 他人の生活を破壊するこんなカルト団体をいつまでも、放置しておくべきではない。
頻繁に行う不必要な救急車の動員をしていることも、地方財政を圧迫する要因になっているのは、明らかであり、早く、取り締まるべきである。
日本は、法治国家である。犯罪は、取り締まられなければならない。

 毎日、天井への異音攻撃は続いている。違法に検知した当方の行動や操作に反応して、天井を蹴っているのか、叩いているようである。立て続けに、複数回叩く行為を毎日、行ってきている。

 現在も、上階カルトによる、天井への侵入と、放射線(中性子線)を使った透視監視が行われている。
同じ場所にいると、上階カルトが、床を透過して、監視するために、放射線(中性子線)を使っているために、一か所に移動せずにいると、その放射線(中性子線)をまともに受けてしまうためか、さすがに、ずっと、やられているせいか?最近は、手が異常に痛い。手に障害負わせ、普通の生活さえできなくしようとしているのか?すでに、一部、障害が発生している。病気誘導にもなっている。こんなことが、野放しで、本当に、日本は、いいのか?X線とガンマ線の測定器は、持っているが、自然レベル以上に、検出できたことはない。当然、もし、使っている電磁波が、中性子線なら、持っている測定器では検出できないのは、当然である。

 当方が居間にいれば、その位置をレントゲンのように透視して、監視していることが、異音からわかる。リモコンの操作時などに、天井を叩いて来る。常に上から透視・盗撮監視していることがわかる。また、わざと、監視していることがわかるように、反応音を発生させる。また、当方が寝ている間、寝床を、上階カルトが、中性子線(放射線)で、レントゲンのように、スキャンし、透視監視していることが反応音からわかる。本当に、異常なやつらてある。
全く、プライバシーがない状態におかれているのだ。人権侵害であり、個人の人権に関する憲法にも違反する行為である。
本当に、こんなことが、許されてよいのだろうか?勝手に、ひとの寝ている体を、X線で、見るように、透視しているのだ。異常である。
キチガイ組織である。狂った組織である。もはや、犯罪組織であって、宗教団体ではない。
狂った一宗教団体が、一般のマンション内で、他人の部屋を、放射線を使って、透視して監視するとは、許されない犯罪である。
こういう手段を選ばない蛮行をするとは、オウム真理教と、同じである。もはや、宗教を装ったテロ組織である。宗教を隠れ蓑にした犯罪組織である。日本の警察機関は、こんな蛮行をなぜ、放置しているのか?
やっている行為は、オウム真理教と何ら変わらない犯罪行為である。破防法を適用すべき団体である。
本当に、許しがたい犯罪行為である!

 彼らの盗撮方法は、本当に、わからない。相当に、高度な方法を用いていると考えられる。つまり、簡単には、わからない方法である。
やはり、床に穴でも開けて、0.1mm程度のファイバーカメラでも使っているくらいしか、思い当たらない。そういう方法くらいしか、不可能だと思う。素人からすれば。
いずれにしても、下か周りから盗撮しているということは、ほぼ間違いない。
本当に、盗撮のプロである。
本当に、許しがたい人権侵害行為である。犯罪である。

 しかし、本当に、こんな理不尽な犯罪はない。正式に自己所有のマンションの自分の部屋内で、どうして、行動・操作が、他人(犯罪組織)に把握されなければならないのだ?自分の部屋にいるのに、プライバシーが確保できないとは、どういうことだ?こんな理不尽なことはない!こんな理不尽な犯罪はない!日本は、法治国家ではないのか?どうして、こんな組織犯罪が野放しなんだ!暴力団への対処はするのに、どうして、同じく危険な団体であるカルト教団へは、全く、対処しないのだ?日本は、放置国家なのか?

 また、依然として、工作か盗撮監視のために、天井内への侵入も続いている。
上階カルト=XYZ,X+Y+Z>9,X=ODD,Y=ODD,Z=EVEN,X>6,Y>0,Z>1
本当に、狂っている!
手段を選ばない狂ったカルト教団なので、逮捕でもされないと止めない可能性が高い。
天井内に侵入した時に、写真でも撮って、証拠写真を持って、警察に通報でもしない限り、やめない可能性が高い。
こういうことが、別に、当方だけに行われている単独の犯罪ではない。
これは、カルト教団が、全国の被害者数千人規模に、組織的に行っている組織犯罪である。
組織犯罪処罰法違反であり、共謀罪である。
本当に、許しがたい犯罪行為である。

 この犯罪は、上階カルトが、コンクリートを越えて、やっているのは、明らかであり、家宅侵入に当たる犯罪行為である。

 上階カルトは、床板をはがし、コンクリートの床にも、穴を開けて、当方の部屋内を、盗撮、盗聴、透視・監視、騒音攻撃などをしていることは、判明している事実である。
当方が、多重の金属シートで覆っている場合でも、検知されてしまっていることから、電波・赤外線・レーダー波などではないことがわかっている。
電波・赤外線・レーダー波などでは、金属を透過できないからだ。
特に、金属シートを透過して、監視していることがわかっていて、中性子線(放射線)を使っていると考えられる。
中性子線(放射線)は、X線などよりも、金属を、一番よく透過するが、コンクリート内の水分により、信号が、減衰するために、コンクリートに穴を開ける必要があるのだ。で、穴を開けると、盗聴装置を使う必要はなく、まるで、同じ部屋内にいるように、聞くことができるのである。そのために、当方も、上階カルトの移動が、付き纏いのように連動していることを確認している。
また、中性子線の遮蔽材として使われるポリエチレン版を買おうとしたら、案の定、妨害が入り、購入を阻止されたことからも、中性子線の遮蔽をされることを、嫌がっていることが、わかっている。もちろん、測定器などは、全て、カルトが購入し、在庫なしの状態にされていて、購入することは、できない。そのことからも、逆に、彼らが、透視に使っている電磁波が、中性子線である証拠である。
本当に、許しがたい人権侵害行為であり、人権侵害犯罪であり、憲法違反行為である。

 時々、天井から、異音が聞こえる。
多重に金属シートで覆ったテント状の中にいても、当方の操作・行動に反応して、あたかも見えているように(実際には見えている)、上階カルトが、天井を叩く行為をしてくる。
ネット接続をONにすると、上階カルトが、天井を叩てくる。
スマホを手に持つと、上階カルトが、天井を叩いてくる。
パソコンを開くと、上階カルトが、天井を叩いてくる。
映像の再生と終了にも、タイミング、ぴったりに、天井を叩いて来る。脅迫に当たる行為である。
また、当方の操作・行動に応じたタイミングで、カルト系緊急車両を動員もしてくる。
また、当方が何かをすると、妨害目的で、カルト系緊急車両を動員してくることもある。
また、当方の寝床をスキャンしていて、その結果により、カルト系緊急車両を動員してくることもある。異常者だ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR