2022年5月26日 外に出て、しばらくすると、カルト系救急車、ヘリ、航空機動員、カルトナンバー車「88」工作、他

 まず、部屋を出ると、バイパス方向から、カルトナンバー車「88」が帰ってきた。
当方は、それでも、構わず、エレベータに乗り、1階で、降りると、このカルトナンバー車のファミリーが、犬を連れて、入ってくるところだった。
まず、カルト夫婦の奥さんの方が、なぜか、慌てて、入ってきた。
当方は、当然、それを見て、玄関から出るのをやめたが、この奥さんが速かったので、反転して去る当方を見られてしまった。
そして、ドアの外にには、犬を連れた夫が、遅れて、入るところだった。
完全に、タイミング合わせられてしまった。
どうして、こういうことが可能かというと、当方の上階に入っているのが、このカルト教団の信者工作員で、当方の部屋・テント内を放射線を使って監視しているので、当然、出かける準備をすれば、出る前に把握されてしまうのだ。その結果、先に、通報されるので、事前に、先回りしての偶然を装っての遭遇工作とかも可能となるのだ。もちろん、はたから見れば、偶然にしか見えない工作となっている。
 それから、別ルートで、外に出ると、玄関前には、別のカルト臭い業者の車が2台(中型トラ、軽トラ)停まっていて、大きい方の車の男は、何やらしながら、当方を一瞬見た。
このタイミングも当方が、外に出ることが、判明してから、事前に通報を受けて、来たばかりという感じだった。でなければ、車にいることはなく、何かの工事ならその工事をする場所にいるはずだからだ。たぶん、カルト系の業者だと思われる。
 それを見ながら、東駐車場に入った。そして、見ると、やはり、滅多に見ない新型アルファードのようなカルトナンバー車「88」が、帰っていた。
それから、自分の北駐車場に着いて、作業していると、また、カルト教団が、へりを動員してきた。
しかし、当方が外にいるからと言っても、よく連日動員するよね!
さすがは、非課税優遇されているカルト教団である。年間、予算が6兆円と言われているだけはある。非課税で得られた予算をヘリを使ったストーカー行為に悪用しているのだから、本末転倒である。こんな犯罪をするために、非課税にしているわけではないはず。
今度は、見たら、東側から西方向へ向かって飛んでいた。

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)、清水由貴子さんの音声でも、ヘリの工作を受けている

 そして、また、当然のごとく、救急型サイレンもなり、カルト系救急車も動員してきた。これで、当方が外にいることを周辺カルトに通報したことになる。
その後、やはり、上空を飛行する航空機が続いたことは言うまでもない。
この航空機の工作については、以前のフルに書いていた時の航空機の工作の項目を見てもらえば、だいたい詳細は、わかると思う。
長くなるので、ここでは、詳細は、省略します。
 そうして、駐車場で、作業をしていて、そろそろ、お昼なので、戻ろうとすると、そのタイミングで、東駐車場のカルトナンバー車「88」のアルファードのような車のカルト系若夫婦が現れ、さっさと発進しないで、何となく、こちらをチラチラ見ながら、何度も止まり、中々、すっと、発進していかなかった。
しばらくして、ようやく、発進して行った。
何を何度も停まっていたのだろうか?意味不明である。
カルト的な行動である。
それから、見てると、今度は、同じ駐車場の当方の左後方のカルト車「8312」が帰ってきた。
その車からは、中々、降りなかったが、しばらくして、ようやく、カルト老人のような男が降りて、歩いて行った。後ろ姿は、老人だった。
その後も、東駐車場に、カルト臭いおばさんが入ってきて、車に乗ったが、やはり、中々出て行かずにいたが、しばらくすると、出て行った。
普通は、車に乗ったら、割りと早いタイミングで、発進して行くと思うし、また、駐車場に到着したら、すぐに、車を降りて行くと思うが、彼らがカルトであるために、、当方の帰るタイミングと合わせるように司令を受けているためか、中々、発進しなかったり、降りなかったりと、当方が歩いて来るのを待っている感じである。これも、カルト車の特徴かもしれない。
 その後、往来が切れたタイミングに、帰ることにした。
そして、歩いて行くと、駐車場の出入口の前のカルト戸建て風の家の駐車場側の塀内に、おばさんがいて、何かしていた。こういうのも、実にカルトの見張り臭い。
それを見ながら、東駐車場の出口から出て、マンションの玄関を見ると、工事のためか、オートロックドアが、解放されたままになっていた。
その後、裏から、部屋に戻ったが、当然、部屋に入るタイミングで、地上では、丁度、見えるところをカルトのような人間が歩いていて、マンションの玄関方向に向かっていた。
この人間がカルトなら完全に、部屋に入るのを確認・通報されたことになる。

やばい、日々の投稿は、やめたはずなのに、また、毎日、書いてしまっている。
昨日なんて、投稿のために、3時間とか4時間かかった。
本当に、馬鹿にならない投稿時間である。
まあ、やられていることは、フルに書いていた時と何も、変わってはいないのだから、本当なら、同様のことを投稿するのをただ、繰り返しているだけで、無駄である。

さらに、日々の投稿をやめたあとは、ほぼ、一週間で、せいぜい救急型サイレンが、一回聞こえたくらいに、激減した。
たぶん、こんな田んぼだらけの田舎では、それくらいが、本当の状態だと考えられる。
ところが、ここのところ、投稿を増やすと、また、カルト系救急車などの動員が、日に、5,6回と増えることがわかった。
つまり、投稿の頻度に比例して、カルト系救急車などの動員も増えるのだ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR