2022年5月28日 外出すると、カルトナンバー車「777」、カルト系制服警備員、カルト系ヘリで付き纏い

 まず、部屋を出ると、そのタイミングで、地上では、やはり、バイパス方向から、マンション前に走り込んで来る車がいた。いつも、そうである。ほとんどは、カルト車だと考えられる。
しかし、そのまま、エレベータに乗り、1階で降りて、マンションの玄関から出ると、また、バイパス方向から、カルト車らしき車が来た。白いトヨタのミニバンである。
そうだよね!だいたい、当方が外に出たタイミングで来るのは、カルト車である。
つまり、ぴったりのタイミングで、現れ、外に出た当方を確認し、通報もしているのだ、たぶん。
そして、駐車場に行くと、また、例の右側2台目のエンジ色のカルト車のおやじが、歩いてきた。
ぴったりのタイミングである。
しかし、このおやじ仕事もせずに、一体、どうやって、生活費を稼いでいるのだろうか?
本日は、土曜だが、平日も同じように遭遇するのだ。とにかく、平日、土日関係なく、常に、うろついているのだ。
カルトの遭遇工作の特徴は、ぴったりのタイミングである。
そのカルトおやじと入れ違いに北駐車場に入り、自分の車に乗り、駐車場から出ようとすると、また、バイパス方向から、カルト車らしき車が来て、尾行してきた。
 そして、バイパスに入るために、高架道路の南の信号で、信号待ちをしていると長い。信号のある方から出ると、フルの時間待ちになるのに、信号のない横道からバイパスに入ると、すぐに、バイパス側の信号が、赤になるのに、おかしなものである。
もちろん、以前から、ここの信号の制御の確率が、おかしいことは、把握している。
つまり、信号のないマンション前の道路から、バイパスに入ると、以前は、そのタイミングで、確率100%で、信号が赤に変わったのだ。
通常は、有り得ない確率であるので、人為的に操作していることが、判明している。
なぜなら、人為的に操作していないと、そんなことは、物理的に不可能だからだ。
まあ、最近は、やめたようで、人為的な操作は、していないようである。
あるいは、確率的な不自然さを当方に指摘されたので、少し、操作を緩めているのかもしれない。
最近は、青のままで、右折できることもあるからだ。
ほんと、以前は、明らかに異常だった。
 ただし、今回は、信号のある横道側に並んでいたので、その検証はしていない。しかし、やはり、異常に長い。以前にも、こちら側の信号のある方に並ぶと、異常にフルに長い待ち時間がなっているような気がする、ひょっとすると、来たタイミングで、人為的にリセットしたのではないかという感じがする。
では、通常は、この横道に来て、信号待ちに並んだ場合、当然、すぐに、信号が青になる場合などもないとおかしいことがわかる。なぜなら、待ち時間のどこのタイミングで、来たかで、本来であれば、ばらつくはずである。
ところが、いつ来ても、フルの待ち時間になってしまうということは、自動的な制御では、起こり得ないことなのである。
もし、いつ来ても、常に、フル時間、待たされるとしたら、それは、待ち時間を人為的にリセットしていることになるのだ。
このカルト教団が信号機の制御を何らかの方法で、不正にアクセスして、好き勝手に制御していることは、確認している事実である。
このようなことまでする異常な団体をこれ以上、放置しておくべきではないと思う。
 その後、信号が変わり、右折して、バイパスに入り、北上した。そして、ベイシアに買物に行った。
ベイシアの手前では、異常に、渋滞していた。
そして、前で、先に左折した車があった。
それから、当方も左折して、ベイシアに入り、その車が前にいた。
その前のジープのような車は、停めるのか、はっきりせず、もたついていた。
そのナンバーが、カルトナンバー車「777」なのである。
つまり、カルト車で、わざと、苛つかせるように、中々、はっきりしない運転をしていたのかもしれない。
最近、前に入り、わざと、遅くするという工作が多くなってきている。
時には、わざと、ゆっくりと走り、わざと、信号に引っ掛ける工作も多い。
まあ、当然、このままでは、わざと、時間をかけそうだったので、手前で、右折して、奥に停めることにした。
 それから、店内に入り、店内を回り、買物をしていて、丁度、バックヤードの出入口のところに来たら、もう、待っていて、狙ったように、カルト系制服警備員が出てきた。
やはり、やったな!付き纏いによる遭遇工作を。
もちろん、ベイシアのこの店舗には、正式に通告している。
しかし、さすがに、通告直後は、しばらく、無かったが、その後は、また、なぜか、復活して付き纏ってくるようになっている。また、時には、その付き纏いが、本物の警官だった場合もある。それについては、以前のブログに書いている。
それらは、常に、ぴったりのタイミングで、やられるので、だいたい、やられている方からすれば、わかるものである。
その後は、レジで精算して、店を後にした。
 そして、裏通りから、帰ることにして、T字路で、右折することろに来たら、変な、スマホを見ながら、こっちを見ているカルト臭いおじさんがいて、当方を確認すると、スマホのボタンを押して、顔を上げて、当方の車を目で追っていた。
たぶん、こいつは、カルトである。その不自然な動作・行動から、たぶん、曲がるところの見張りに来ていたものと考えられる。
それから、裏道を走ると、やはり、尾行をするように、ずっとついてくる車がいた。
その車を少し、離してやったら、途中から、見えなくなったので、気にせずに、走り続けたが、何か、不自然に、裏通りにしては、車が多かった。そして、マンションに到着した。
 マンションの玄関前には、車が一台、路駐していた。こういうのは、だいたい、カルト車である。そして、駐車場に到着した。その後、歩いて、駐車場を出て、マンション前に来ると、その車は、消えていた。
そして、自分の部屋まで来て、ドアを開けようとして、鍵を解錠していると、なんと、そのタイミングで、ヘリが飛んできた。ドアを開けようとしている当方の背中の方からやってきて、当方の真上を通過して行った。完全にヘリを使った付き纏いストーカー行為である。

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)、清水由貴子さんの音声でも、ヘリの工作を受けている

最近は、このカルト教団、ヘリをよく動員するね!
非課税優遇されて、お金が余っているのか、お金持ちカルト教団である。
 昔、足立区のマンションから引っ越す当日、マンションの上で、ヘリがホバーリングして、静止していて、当方が、車で、移動し始めると、完全に尾行してきた。
よって、ヘリが偶然、飛行していたわけではなく、このカルト教団が、組織的に、また、意図的に、ヘリを付き纏い・尾行などのストーカー行為に悪用している犯罪であることが断定できる。
他に、ヘリを悪用する団体は、存在しない。
 朝も、窓際に寄ると、バタバタとホバーリングしているような音がして、ヘリが、やってきた。
しかし、税金を免除されているカルト教団が、組織的なストーカー行為をしていて、それは、犯罪であるのに、その非課税分の税金をそこで、使っているのだ。これは、相当に、問題である。
本来であれば、犯罪を立証できれば、宗教法人格を剥奪して、課税されなければならない案件である。
だって、そんなストーカー行為をするために、税金を免除しているわけではないからだ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

投稿カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR