カルト教団S会の信者工作員が受けているとされる命令

信者工作員が受けているとされる命令

 これまでの情報から、彼ら、上階に入っているカルト教団S会の信者工作員がどのような司令を受けているか仮定できる内容を記述してみよう!
まず、24時間365日どんな方法を使っても良いので、監視するように司令を受けていることがわかる。
さらに、1秒と監視が離れることはないので、おそらく、1秒と、目を離すなとの命令であることがわかる。
また、監視するのには、手段を選ぶなとの司令であることも十分に予想できる。なぜなら、階下を監視する為に、物質でも透過・透視できる放射線を使っていることでわかる。それだけでも、非常に危険な団体であることがわかる。普通の人間は、放射線など使わない。
また、盗聴したり、移動音を聞いて移動を把握する為と、騒音攻撃をより直接的に受けさせる為などの目的の為に、コンクリートの床に穴を開けていることから、完全に目的の為なら、手段を選ばないように、司令されていることが、十分予想できる。普通の人間は、マンションの床に穴を開けたりしない。これは、非常に、危険な団体であることがわかる。手段を選ばないような司令であるとすれば、最悪、人殺しでも何でもする恐れがあり、日本国と日本人にとって、非常に危機的な問題であり、また、安全保障上の重大問題である。
 その危惧は、すでに、現実のものとなっている。東村山女性市議死亡問題である。
朝木明代殺害事件
集団ストーカー流し街宣の会 北千住ゲリラ街宣 カルト駆除計画 滝本様
この件では、このカルト教団S会を追求していた市議を、カルト教団S会が、暴力団に依頼して、殺害したと言われているのだ。しかし、警察・検事・裁判官・お店などの関係者が全て、カルト教団S会信者ということで、不審な点があったにも関わらず、自殺として処理されてしまったと言われいる。
 また、このカルト教団S会を題材に映画を撮ろうとしていた伊丹十三監督などもそうであると言われている。
また、女性タレントの清水由貴子さんなども、このカルト教団S会の勧誘を断ってから、この集団ストーカー犯罪の被害者になっていたことが判明していて、その当時の証言内容も肉声で、残っている。
清水由貴子さんの肉声
彼女は、カルト教団S会の勧誘を断ったことを逆恨みされ、偽装殺人されたのではないかと言われている。ただし、マスコミは、このカルト教団S会が支配しているために、母親の介護疲れの為に自殺したとの偏向報道となっているのである。その実際は、同じく、自殺に偽装された殺人だと言われている。もちろん、それらだけではなく、疑惑は、もっと、たくさんある。例えば、飯島愛さんとか。他。
どうも、この凶悪な手段を選ばないカルト教団S会は、自殺に偽装した殺人が十八番のようである。
 その思考は、かつてのオウム真理教と何ら変わらない危険な思考方法をとっていると考えられ、非常に危険な団体であることがわかる。
このような危険な団体を、非課税にして、優遇していることは、犯罪を助長するかのような行為であり、非常に問題であり、絶対に許してはならない。このようなカルト教団を放置することは、日本社会の治安を悪化させる可能性が高いことを理解し、早く、対処しなければならない。

 これらのことは、彼らが受けていると報道されている命令とも符合している。
彼らの命令に関する内容についての報道
・仏敵を打ち砕け、厳罰で、野垂れ死ぬまで攻め抜け
 → 組織的な迫害行為をしている
・我々に敵対した者は、7代先まで、徹底的に潰せ
 → 組織的な嫌がらせをしている
・我々プロにかかれば、プライバシーなど無いに等しくできる。
 → 盗撮・監視を命令している
・塀のない刑務所のような状態にする。
 → 盗撮・盗聴を命令している
・我々とトラブルと、あなたとあなたの家族は、不幸になるんだよ。
 → 組織的な嫌がらせ、迫害をしている
・人を殺めるのなんて、簡単だよ!お金さえ出せば、やるやつはたくさんいる。
 → 暗殺をしている
・脱会者は、自殺に追い込め。
 → 自殺強要ストーキングをさせている

これらの命令とやっていることは一致している。
これは、もう、宗教団体ではない!
テロ組織である。テロ組織なら、テロ組織としての適切な対応が必要である。


このカルト教団S会の思想は、極めて、危険な思想なのです。

創価学会による「人つぶし」犯罪周知ブログ「これが創価学会員です!だから平気で犯罪をする!」

・「教団・教祖の為にすることは、犯罪には当たらない」
→ つまり、教団・教祖の為にやることは、例え、犯罪でもやると言っているのに等しい!
こういう思想なので、罪悪感なく、犯罪を継続できてしまうのである。
従って、組織犯罪組織であり、正に、その実態は、「犯罪集団」か「テロ組織」か「反社会的勢力」と言えるものである。
その規模と影響力から見れば、暴力団やオウム真理教より、凶悪で、危険な団体である。
だから、世界から危険な団体として、カルト指定されているのだ。それを甘く見るべきではない!

・「教団・教祖の為の場合は、日本の法律なんて関係ない」
→ 「教団・教祖のためなら、日本の法律なんて、守るつもりはない!
従って、組織犯罪組織であり、正に、その実態は、「犯罪集団」か「テロ組織」か「反社会的勢力」と言えるものである。
もし、このカルト教団S会が、自分たちは、宗教団体だと言うなら、まず、「コンプライアンス宣言」をすべきである。
その規模と影響力から見れば、暴力団やオウム真理教より、凶悪で、危険な団体である。
だから、世界から危険な団体として、カルト指定されているのだ。それを甘く見るべきではない!

・「総体革命」で、官公庁に配属された場合は、教団・教祖の為に頑張る
→ こんなカルト教団の信者を公務員にすると、国家・国民の為に仕事をするのではなく、教団・教祖の為に、職責・権力が悪用されてしまうということだ。
従って、やはり、フランスのように、「反カルト法」のような「カルト規制法」を制定し、こんな邪悪な思想の人間が、公務員になることを、防止する必要があるのだ。

創価学会統一教会カルト規制法!街宣!都内JR亀戸駅

カルト教団S会は、その危険な狂気の思想から、極めて危険な団体であり、できるだけ、早期に解散に追い込む必要がある団体である。
なぜなら、今でも、既に、警察・マスコミ・司法・政治・官公庁・役所などでは、一部支配されていると言っても過言ではない状態である。
もし、放置すれば、日本の機能や社会が、この全体主義のカルト系反日テロ組織であるカルト教団S会に、歪められ、破壊され、最終的には、乗っ取られてしまうだろう!

全体主義の恐ろしさは、すでに、オウム真理教で、学習した筈である。
トップの一人が狂った思考をする人間であるだけで、組織全体としても、狂気の活動や犯罪をしてしまうものである。
よって、相当な警戒が必要である。


スポンサーサイト



投稿カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR