カルト教団S会が行っている証拠を取ったり、立証するのが難しいストーカー犯行の手口



 ほとんどの手口は、他人に話すと、普通の人は経験したことがない現象になっているために、現実には、経験・想像出来にくい事であるので、その被害の話をした人自身が、精神的に疑われるように、最初から意図した誘導工作と成っています。
 その目的は、退会した人や勧誘を断った人を、一方的に、逆恨みして、仏敵に認定し、これらの組織的なストーカー行為によって、精神問題に、問題をすり替えて、ミスリードし、信者警官や信者保健師や洗脳した家族などにより、強制措置入院させて、薬漬けにして、廃人にし、その人の意見の信憑性を無くし、最終的には、社会的に抹殺することである。その結果、自殺に追い込まれる人も多い。
 現在、取り締まる機関や官公庁でさえ、その一部を信者にされていて、ほぼ、乗っ取られていて、これらの犯罪を防止・抑止する機能は、ほぼ機能しない状態にされていて、ほぼ、不可能な状態にされているのである。
法改正でもしないと、対策にならないかもしれない。

・ヘリ

 ヘリを使って、付き纏い行為を行う。ヘリで、被害者の真上を飛行させたり、ホバーリングさせたりすることで、他人に話すと、なぜ、あなたにヘリが付き纏うの?そんなにあなは、有名人なの?という反応となることを予測して、意図的に行っている。精神的な問題に問題をすり替えようとするミスリード工作である。犯罪隠蔽のシステムとして悪用されている。
 例:
   被害者が、駐車場に行くと、狙って、意図的に、真上や近くを飛行させる。
   被害者が、駐車場で、車を出た瞬間に、意図的に、狙って、頭上を通過させる。
   被害者が引っ越す場合、現住居の真上でホバーリングして待機し、その後の移動を尾行する。
   被害者が、徒歩で、移動するのを追尾するように飛行する。
亡くなった清水由貴子さんの証言
集団ストーカーラジオ ストラジ第73回目「逃げる神奈川県警」
集団ストーカーラジオ ストラジ第9回目「嫌がらせヘリコプター」
集団ストーカー 2019年11月28日 隣からの音 ナレーション入り


・航空機

 航空機を使ったストーカー行為を行う。航空機をカルト系航空管制官などと連携して、意図的に、頭上を飛行さたりする。もちろん、他人に話せば、誰も信用しないことを意図して、行っている。ちなみに、管轄の国土交通大臣は、カルト教団S会の信者である。精神的な問題に問題をすり替えようとするミスリード工作である。犯罪隠蔽のシステムとして悪用されている。また、航空管制を好き勝手に、悪用できるほど、信者管制官を多く送り込んでいるカルト教団も、他にはないと考えられる。これは、警察と同じで、警察は、カルト教団S会の信者が3割で、歪められているので、同じ3割だったとしても、十分に歪められる可能性はある。日本の困った点は、そういう国の機関が、正常に機能しているか、監査する第三者機関がないことである。国の機関でも、一度、乗っ取られてしまうと、もう、やりたい放題にされてしまうのを放置するしかない事が問題である。機関内、最大会派・最大勢力を調査・監査する機関がないのが、問題である。
 例:
   被害者が車のところに行くと、必ず、真上や近くを意図的に飛行させる。
   被害者が車のところで、作業をしたりしていると、真上や近くを意図的に狙って、航空機を通過させる。
   被害者が、外に出た瞬間に、真上や近くを狙って、意図的に、航空機で、通過させる。
   被害者が、車で、外出から駐車場に帰ってきて、車から出たタイミングを狙って、意図的に、真上や近くを航空機で飛行させる。
   被害者が、外出先で、車を降りた瞬間に、意図的に、真上や近くを航空機で、通過させる。
集団ストーカーラジオ ストラジ第73回目「逃げる神奈川県警」
集団ストーカーラジオ ストラジ第2回目「音の嫌がらせ」



・パトカー・ミニパト・青パト・黃パト・防犯パトロール

  退社する時に、玄関で、待ち伏せされたり、外出すると、目的地の手前で、ストリートシアターをしていて、意図的に、待ち伏せの上、強制遭遇させてくる。また、車で走っている場合、こちらの動向が監視されているために、通報され、不自然に、遭遇工作させられる。また、行く方向で、先回りして、待ち伏せしている場合もある。行くと、横道からわざと出てきたりする。
 普通、パトカーに付き纏われていると言っても、警察がそんなことをするはずはないでしょ!と言われるのが普通であることを、逆に逆手にとって、わざと、信用されない方法として、行っている。精神的な問題に問題をすり替えようとするミスリード工作である。犯罪隠蔽のシステムとして悪用されている。
 もちろん、行っているのは、カルト教団S会の信者である警官などである。警官信者は、30%にも上る。従って、警官やパトカーを悪用したカルト工作があった場合は、まず、カルト教団S会の仕業である。他に、警官を業務命令に違反してまで、異なった教団の命令に従わせることができる団体は、警察内唯一の最大勢力であるカルト教団S会以外にはない。
 これに対する対抗手段は、フランスのように、「反カルト法」を制定して、カルト指定し、カルトが公務員になることを禁止する以外に方法はない。現在、この方法をとるしか、悪質なカルトが内部に入り、歪めることを、阻止する方法はない。
 本来であれば、カルトなどは、狭い自分たちの教団の利益しか追求しないので、全体の奉仕者とは言えず、憲法では、国全体の利益を代表していない場合は、公務員になることを禁止している。従って、憲法に忠実に従えば、カルト教団S会が公務員になることは、憲法違反なのである。ところが、カルト教団S会は、権力側にいるために、この憲法の運用を阻止できていると考えられる。実際には、日弁連など訴追すべきなのだが、日弁連にも、多数の信者を侵入させているために、正常に機能することを阻害されている可能性があるのだ。警察の一部を支配されてしまうのは、致命的で、法の執行を完全に、カルト教団S会の好き勝手にされてしまう可能性が高く、非常に危険なことである。そうなると公正な警察権力の執行は期待できなくなる。それは、日本国民にとって、非常に、致命的である。
 批判者や問題を指摘した者が、恣意的に、逮捕される危険性があり、致命的である。警察を完全に、このカルト教団S会に乗っ取られてしまうと、もはや、批判さえできなくなってしまうのである。見かけ上とは異なり、実質的には、専制国家や独裁国家のような状態になる。逆らえる者は、いなくなる。非常に恐ろしい状態に陥るのである。従って、早く、その危険性に気付き、早く対処しなければ、手遅れになってしまうことを理解しなければならない、日本国民は。正直、すでに、遅い感さえある。だって、カルト教団S会の犯罪は、今の警察は、すでに、一切、取り締まらなくなっているし、ストーカー被害を訴えた人間を冤罪にしようとした事件も起きているからだ。
例:
 退社して、門を出ると、必ず、眼の前や近くを通過させてくる。監視役による通報で、連携して行っているので、回避は不可能である。
 車で走行していると、走っている場所を知っているかのように、突然、現れる。監視役との連絡・連携である。
 駐車場に停めようとすると、そこにすでに、いたりする。
 ある場所を通過すると、100%遭遇させられる。時間には、関係なく、遭遇する。監視役との連絡・連携による。
 どんな山道に入っても、現れて、遭遇させられることもある。それも監視役との連携である。でなければ不可能である。
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
亡くなった清水由貴子さんの証言



・救急車(or 消防車)

 ストーカー行為として、連携・動員する。消防署員のほとんどが、このカルト教団S会の信者だと言われている。従って、監視役の仲間と連携して動員する。つまり、この救急車の悪用犯罪は、カルト教団S会信者の仲間だけで、実行可能な状態である。
 現在、消防・救急車を好き勝手に悪用できるほど、信者が多く、支配できているカルト教団は、S会以外にはない。
また、そのような救急車を悪用するような異常な意図をもった団体も他には見当たらない。
 このことを他人に話すと、救急車がそんなことをするはずはない。考え過ぎじゃないのと言われる行為であることを逆に悪用して行われていると考えられる。精神的な問題に問題をすり替えようとするミスリード工作である。犯罪隠蔽のシステムとして悪用されている。
 例:
 被害者が、駅を出たタイミングで、眼の前や真横を通過させる。
 被害者が自宅に着く前に自宅前に救急車を動員して、意図的に狙って、待ち伏せ状態で待機させる。
 被害者の室内での行動を監視していて、その行動に合わせて、連携して、サイレンを鳴らし、動員する。
 被害者が、車で移動すると、待ち伏せしていたり、出会い頭に遭遇するように、狙って、意図的に通過させ、遭遇させる。
 被害者を監視しているので、外出から帰ってきた場合などに、被害者が部屋に入る前から入るまで、サイレンを鳴らして、近くを走行させ、悪用動員する。
 被害者が、出先の駐車場で、車から降りた時や、乗る前に、サイレンを鳴らして、ストーカー行為のように、悪用動員する。
 被害者団体や被害者たちが、デモや街宣をすると、高い確率で、妨害する為に動員される。従って、デモや街宣の動画を調べると、よく写り込んでいることがわかる。
 被害者団体や被害者たちが、デモや街宣をすると不自然に、その真横を、たくさんの赤い車両を通過させるなどという工作をしてくることもあり、それらも、動画に写っている。アンカリングにより、消防車などの赤い車両に恐怖を覚える被害者がいると考えて、意図的に行っているものと考えられる。
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!
集団ストーカー(ガスライティング)に加担する消防と警察
亡くなった清水由貴子さんの証言
集団ストーカー ラジオ ストラジ第5回目「謎の救急車」
集団ストーカーラジオ ストラジ第73回目「逃げる神奈川県警」
集団ストーカーラジオ ストラジ第2回目「音の嫌がらせ」
集団ストーカー 2019年11月28日 隣からの音 ナレーション入り


・郵便バイク・郵便車

 住居に帰る場合、玄関に着くタイミングで、先に、玄関前に現れる。完全に、他のカルト仲間が監視していて、連絡によりタイミングを合わせている。精神的な問題に問題をすり替えようとするミスリード工作である。犯罪隠蔽のシステムとして悪用されている。
 例:
 被害者が車で走ると、監視の為に、街の角々に止まった状態で、見張りをしていることがある。おそらく、防犯協力企業として、カルト教団S会のデマ情報により、加担させられている場合と、カルト系の配達員が、防犯協力に偽装して行われる場合の両方の場合があると考えられる。
亡くなった清水由貴子さんの証言



・宅配業者

 これも、防犯協力企業として、デマ情報で、意図的に、協力加担させられている場合と、信者配達員の場合があると考えられる。ただ、それらの行動は、同じ監視や尾行や見張りや通報などで、見分けることは、困難である。
 多く報告されているのは、佐川やヤマトや郵便である。最近では、アマゾン配達員などの報告も多い。
 ただし、わざと、遅配や配達ミスなどをされる場合もある。置き配を依頼していないのに、勝手に宅配BOXに入れて帰るなどの嫌がらせをされる場合もある。精神的な問題に問題をすり替えようとするミスリード工作である。犯罪隠蔽のシステムとして悪用されている。



・爆音バイク、爆音自動車・暴走族

 爆音バイクなどは、この被害者になると、その近辺に、カルト教団S会が、暴走族などに、お金を支払って、依頼して、わざと、走らせます。よって、このカルト教団S会は、地域の治安も悪化させます。それも、夜・昼関係なしに走行させます。極めて悪質です。
 当然、被害者だけではなく、周辺地域のその迷惑行為の犠牲者になります。従って、このカルト教団S会は、地域の暴走族を維持する役目もしてしまう極めて、悪質な働きをします。
従って、地域から、このカルト教団S会を無くすことは、地域の治安をよくすることにもなり、その地域を生みやすくすることにも繋がりますので、積極的に、排除しなければなりません。
例:
 被害者の家の近く、または、前の幹線道路を、地域の暴走族などに、依頼して、わざと、頻繁に走行させます。
スポンサーサイト



投稿カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR