パソコン画面の盗聴盗撮・情報収集・操作監視、スマホの電波・データ通信監視、不正アクセス、ハッキング

パソコン画面の盗聴盗撮・情報収集・操作監視、スマホの電波・データ通信監視、不正アクセス、ハッキング、不正アプリ、リモート操作


パソコン画面盗聴盗撮(テンペスト)・情報収集・操作監視

 PCで、WEB上のボタンをクリックした瞬間に、天井を叩くということを、何度も確認している。つまり、PCの画面がそのまま、盗聴盗撮されているのである。当然、それらの工作は、見えていなければできないことであることはわかると思う。
つまり、彼らカルト教団S会には、特定の相手の使用しているPCの画面が見えているということだ。
 以前は、ハッキングや不正アクセスをしていたと思われますが、今は、そんな危険を犯すことなく、「テンペスト」という技術を使うことにより、傍受しているだけですので、発見されたり、逮捕されたりする危険性はなくなりました。
この「テンペスト」技術は、パソコンのコネクタやケーブルや画面からの漏れ電波を、傍受して、再び、画面として再構築することで、対象としたPCと、全く、同じ画面を見ることができる技術である。だいたい、100mくらいまで、離れても、傍受可能ということである。また、PCが何台あっても、それらの微妙な周波数の違いから区別することができるようです。
また、キーを押した時の電波を傍受し、電波の解析により、押したキーまでわかるとのことです。恐ろしい技術です。
これなら、相手に全く、気づかれることなく、他人のPCの画面を同時に見ることができるのである。また、押したキーも解析できるとのことで、パスワードなども、割り出せる可能性があり、極めて、危険な技術である。特に、目的の為には、一切、手段を選ばないカルト教団S会のような組織に悪用されると、たいへんなことになることが、十分に予想できる。
 ただし、公安部などが、事前にアジトを特定して、急襲すれば、押収したパソコンが証拠になり、逮捕できると思います。
なぜなら、傍受した画面を多分、録画していると考えられますので、どこを見ていたかがわかるからです。
違法に他人の画面を見ていれば、何かの不正に悪用する可能性もありますので、調べれば、悪用が判明すれば、起訴できます。
 ただし、このどこにでも信者がいる巨大なカルト系テロ組織S会は、当然、公安部にも、多数の信者を侵入させている可能性が高いので、すでに、ミスリードされている可能性もあり、まともに、行動しているとは、言い切れません。
従って、実際には、組織を完全に入れ替えるとかしてからでないと、不可能かも知れません。
なぜなら、信者が内部に1人でもいれば、ミスリードされてしまう可能性があり、問題があることが、判明しても、捜査対象にすらしないように、ミスリードする可能性が高いからです。
 従って、やはり、フランスのような「反カルト法」に類似したカルト規制法が必要で、その中で、カルトに指定した場合は、公務員になることを禁止する措置が必要であることがわかります。
 この方法は、パソコンの端子や画面やケーブルから出る電波を傍受して、再構築して、同じ画面を構成できるという方法になります。
よって、全ての操作が、観察可能ですし、パスワードで、何を打っているかさえ、わかってしまいます。
この方法で、パソコンを盗撮される方からすれば、非常に、危険な方法になります。
ログインするIDやPSまで、バレますので、それらを使えば、利用しているサイトに、簡単にログインされてしまいます。
また、この技術を使う方は、遠隔から、電波を傍受しているので、極めて、安全で、逮捕される危険性もほぼ、ありません。
だいたい、100mくらい離れた家や部屋からでも、傍受可能だそうです。
また、パソコンが何台あっても、その周波数が微妙に異なるために、区別することができるそうです。
つまり、何台でも、遠隔から、対象が見ているのと同じパソコン画面をリアルタイムで、見続けることが可能なのです。
当然、同じ画面を見ていますので、どこのサイトに寄ったかなんてことも、全て、わかってしまいます。
当然、同じ画面を見ていますので、メールも全て、丸見えになってしまいます。
例えば、使っている銀行を全て割り出すことが可能で、また、対象が利用する日に、その銀行に不正アクセスやハッキングをして、妨害し、サービスを停止させることもできてしまいます。
また、不動産なんかもメールで下見の連絡をしても、丸見えですので、行動予定が、ばれてしまいますので、下見の先回り工作が可能になります。通る途中に、カルト系パトカーを事前に、待機させて、待ち伏せするこことも可能です。
また、当然、どこにアクセスしているかわかりますので、様々な妨害もできますので、サイトを停止させる妨害なども可能になります。
この方法を使われると、素人では、中々、阻止することは、困難です。
高価な電波の漏れないシールドルームなどでも、用意できないと妨害は、困難です。
ただし、自衛隊などは、その技術の悪用による情報漏れを抑止するために、そういう風な部屋を用意しているとのことです。
ガラスまで、電波を透過しないガラスにしてあるそうです。


スマホの電波監視・データ通信監視、不正アクセス、ハッキング、不正アプリ、リモート操作

 スマホのデータ通信を使用し、ネット接続をしている時に、突然、電話がかかってきたように、画面がONになって、表示され、そして、データ通信を切断されるということも起きている。それが、投稿しようとした瞬間に起きたのだ。完全に投稿妨害である。
それは、まるで、スマホにハッキングか、不正アクセスで侵入され、リモートで、データ通信を強制的に、切断されたようなものであった。
このカルト教団S会は、そのようなこともできるのである。
もちろん、当方に対して、できるということは、誰に対してもできるということなので、非常に恐ろしいことである。任意に特定の相手を狙って、ネット接続を妨害できるということである。
 以前から、スマホのデータ通信のON/OFFを、このカルト系テロ組織であるS会の信者工作員が、検知していることは、反応から判明している。
 例えば、スマホのデータ通信をONにしたり、OFFにしたりすると、そのタイミングに合わせて、天井を叩くことを確認している。
 スマホのデータ通信をOFFにしたら、いつの間にか、bluetooth、wifiがONになっていたこともある。
その後、PCを確認すると、PCもいつの間にか、bluetoothがONになっていた。
一体、どうやって、他人のBluetooth、wifi、VPNを、勝手に、ONにできるのか?
いやはや、まるで、ハッカー集団である。カルト教団S会の内部には、このようなハッカー部隊も持っていると言われている。
被害者のみなさんも注意してください。
いつの間にか、Bluetooth、wifi、VPN、などが、ONになって、データ共有されてしまっているかもしれません!
 何と、それら以前には、パソコンでのパブリックネットワークとプライベートネットワークの切り替えをしたら、反応したので、それさえ、検知して、判別しているということだ。空中を飛び交っている暗号化されたデータ通信を、解読して、個人を特定しているのだ。本当に、相当違法なことをしていなければ、そんなことを検知することはできない。たぶん、彼らは、携帯電話会社の設備維持管理部門と同等レベルの設備・装置を持っているものと予想できる。そして、運用もまさに、携帯電話会社と同等レベルでできているということだ。逆に、そうでなければ、不可能である。
ここまで、来ると、決して、オウム真理教より危険じゃないとは、言い切れないと思う!
ある意味、オウムより危険である。
また、携帯電話会社は、設備の情報が違法に、持ち出されていないか、チェックする体制が必要だ。
 あるいは、上階カルトの部屋に、携帯電話会社と全く同じ、ダミーの移動基地局のような設備を設置されてしまっていて、周囲で、データ通信をしようとすると、全部、そこに、まず、繋がってしまっているのではないだろうか?それなら、通信が全部筒抜けになるのがわかる。その可能性もある。
 携帯電話会社は、データ通信の途中で、自分のところの設備ではないMAC・IPを、経由していないか、常に、チェックする体制が必要だ。データの流れをトレースチェックしているのか?もう一度、セキュリティーの再確認が必要だ。
traceしてみると、
1 <1 ms <1 ms <1 ms 192.168.**.*** ここから、こんなに、プライベートアドレスが、続くのは、不自然ではないか?
2 83 ms 90 ms 78 ms 192.168.**.*** プライベートアドレス(US、ロスアンゼルス)
3 57 ms 48 ms 56 ms 192.168.**.** プライベートアドレス(US、ロスアンゼルス)
4 57 ms 65 ms 62 ms 192.168.**.*** プライベートアドレス(US、ロスアンゼルス)
5 73 ms 63 ms 60 ms 192.168.**.*** プライベートアドレス(US、ロスアンゼルス)
6 82 ms 69 ms 78 ms 192.168.**.** プライベートアドレス(US、ロスアンゼルス)
7 86 ms 70 ms 68 ms 210.157.***.*** ← ここで、ようやく、楽天モバイルプロバタイダーのSANNETにつながっている。
8 ******
9 ******
* ******
ちなみに、ドコモ/auなどは、どこにも、出てこないのだ。回線貸与だけだからか?
当方、LANには、接続していないし、LANを、一切、経由させていないのだ。
直接、携帯のデータ通信に接続しているのである。
 通常、携帯電話のデータ通信は、パブリックネットワークなので、標準では、PC検索も、ファイル共有もできない。無効にされている。
しかし、プライベートアドレスなら、プライベートネットワークに当たるので、標準では、PC検索もファイル共有も可能になってしまうのだ。標準では、プライベートアドレスからのアクセスは、PC検索もファイル共有も、有効になっている。
これだけ、最初の接続先が、プライベートアドレスだと、ネットワーク内部からアクセスしていると、判断されるので、PC検索と、ファイル共有が、標準状態では、有効になっているので、アクセスできてしまうことになる。
 一体、当方の携帯は、どこに、接続させられているのか?
今、回線を切ったら、上階カルトが反応していた。






 特に、問題なのが、このように、どこにでも信者がいる巨大なカルト系テロ組織は、様々なセキュリティにとって、非常に、脅威です。
例えば、銀行などでも、セキュリティの為に、キーボードを画面に表示したソフトキーボードを使うよう、推奨しているが、これは、「テンペスト」技術からすると、パスワードや打っている文字が、丸見えになってしまっているので、逆に、非常に、危険である。
もし、ソフトキーボードを推奨しているような銀行は、全然、セキュリティの知識がない銀行であると言っていいと思います。
なぜなら、それは、「テンペスト」と、いう技術があることを知らない無知な銀行であると言わざるを得ません。
もし、パスワードなどの入力で、ソフトキーボードを推奨しているなら、安全性から、そんな銀行はやめた方が良いと言えます。
もし、この「テンペスト」という技術があることを認識していれば、ソフトキーボードは、使用しません。危険だからです。
では、どうしてる銀行の方が安全かというと、打った文字を伏せ字にしている銀行の方が安全です。
だって、「テンペスト」技術を使われると、ソフトキーボードでも、画面に表示されている文字を打てば、犯人側も、「テンペスト」技術を使った画面盗聴により、同じ画面を見ているので、打った文字がわかってしまうからです。それは、セキュリティ上、非常に危険なことです。
よって、何の文字を打ったか、見えない方が、まだ、安全と言えるからです。
もちろん、この「テンペスト」技術では、実は、キーを打った時の電波も傍受して、何のキーを打ったかの解析もしています。
だからと言って、画面に表示して、何の文字を打ったか、わかってしまう方が、何倍も危険なのは、言うまでもありません。
従って、ソフトキーボードを推奨している銀行より、推奨せず、打った文字を伏せ字にしている方が、安全性が高い銀行と言えます。

スポンサーサイト



投稿カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR