カルト規制法 ( 反カルト法 ) 【 団体規制法 】宗教団体規制法

カルト規制法 ( 反カルト法 ) 【 団体規制法 】、反セクト法、宗教団体規制法

 日本でも、「カルト規制法」の成立が待たれているが、新たに、「カルト規制法」を制定しようとすると、ハードルが高くなるが、日本には、すでに、「団体規制法」という法律があるので、そこに追記して改正をすればよいわけである。
追記する内容は、まあ、下記のフランスの「反セクト法」と、全く同じでも良いと思う。
あるいは、「カルト」という言葉に、抵抗感があるなら、別途「宗教団体規制法」として制定すればよいのです。
だって、まともな宗教団体なら、まさか、これらには、違反していないでしょうから!
これらの対策・歯止めをしない限り、カルトによる被害者は出続けることになるでしょう!
やはり、カルトに対して、根本的に、対策するには、法律を作って、歯止めをかける必要があると思います。



「団体規制法」に、追記する内容、あるいは、新規「宗教団体規制法」か「カルト規制法」

宗教団体の活動に対する規制条文

下記、宗教団体としての正常な活動範囲を逸脱する行動が確認された場合は、カルトに認定をして、処罰の対象とし、公務員になることを禁止する。

1.精神的な不安定化
2.法外な金銭要求(献金など)
3.元の生活からの意図的な引き離し
4.身体に対す危害 (放射線を使っての盗撮も含む)
5.子供の強制的な入信
6.反社会的な説教
7.公共の秩序を乱す行い
8.重大な訴訟問題と訴訟問題の数の多さ
9.通常の経済流通経路からの逸脱(高額な物品販売など)
10.公権力への浸透の企て


この規定にすでに、フランスで、違反して、「カルト」認定されているのが、カルト教団S会である。
従って、フランスでは、カルト教団S会の信者は、公務員になることは、禁止されている。
本来であれば、同様に、日本でも同様の法律を制定し、規制し、違反する場合は、公務員になることを禁止する必要があるのだが。如何せん、項目10.では、カルト教団S会の「総体革命」と称する活動によって、進行してしまっているも事実である。
公権力に侵入されると、必ず、カルトは、自分たちに都合のよいように、歪めようとすることが、明らかである。
よって、早急な対策・歯止めが、求められていることは、明らかである。

いや、よく、政治家が、流石に、フランスの反セクト法はね?
と言っていたが、これを見ると、そんなに厳しいものではないことがわかる。
宗教団体として、当然のことしか書いていない。
これを守れないなら、宗教団体ではなく、カルト認定して、公務員になるのも禁止するのは、当然のことですよ!
特に、現在、野放しの第10項は、普通、常識だと思います。
ここをやらなければ、歯止めがないのと一緒です。
 ただ、すでに、カルト教団S会は、10.項に、違反しているので、政権政党に、カルト教団S会の政党K党がいる以上、同意できないのであれば、最初は、10.項だけ、除外して、成立させることも、必要かもしれません。
それ以外の項目については、異論はない筈!
その後、議論して、10.は、後から追加するとかにしてもよいと思う。


私なら、追加して

11.洗脳・マインドコントロールの禁止
   洗脳やマインドコントロールの認定は、一般的な国民の倫理観に沿って、裁判所が判断するものとする。
   また、これは、宗教団体だけに限らず、個人カルトにも適用される。

  この違反をしたら、刑事罰として、禁錮10年とする。
  この禁止事項に違反した場合は、団体の解散命令を出し、カルト指定をして、公務員になることを禁止する。

12.退会者や勧誘を断った者への人権侵害、犯罪行為の禁止
    退会者や勧誘を断った者に対しての嫌がらせ、自殺へ追い込む行為の禁止
    退会者や勧誘を断った者に対して、24時間365日の盗撮・監視等の禁止
    退会者や勧誘を断った者に対しての敵対的な行動の禁止
    退会者や勧誘を断った者に対しての私刑・私罰の禁止
    
    この禁止事項に違反した場合は、禁錮15年
    団体としては、破防法を適用し、団体は解散させる。再結成も禁止とする。

13.他人を一方的に敵対者と認定する事自体を禁止

   この禁止事項に違反した場合は、団体の解散命令を出し、カルト指定をして、公務員になることを禁止する。

14.許可を得ない他人の個人情報共有の禁止

  この禁止事項に違反した場合は、団体の解散命令を出し、カルト指定をして、公務員になることを禁止する。


15.宗教団体の名称を事前に告知せず、あるいは、隠蔽して、勧誘や献金を要求した場合は、犯罪とする。







スポンサーサイト



投稿カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR