盗撮・監視に使用しているのが中性子線であると判断する根拠7点

盗撮・監視に使用しているのが中性子線であると判断する根拠7点

 この放射線である中性子線などの電磁波を使っていることは、別名、「テクノロジー犯罪」とも呼ばれている。このカルト教団S会は、集団ストーカー犯罪と同時に、極めて、高度なテクノロジーを使った犯罪も行っていることが、多くの被害者により、確認されています。


1.中性子線用の遮蔽材をそれぞれ、別サイトで、2種類、購入しようとしたら、その2種類とも、購入した後に、妨害されて購入できなかったこと。当然、当方に、この中性子線の遮蔽材を購入されると、盗撮・監視ができなくなるからだ。もし、この方法が関係なかったら、妨害することはなかったと考えられる。このカルト教団S会が、ネットなどで妨害行為をすることは、以前にもやられているので、やっていることは、明らかである。
 以前には、ネットで操作していたので、絶対に誰にもわからない筈なのに、口座を持っている10口座以上の内のその日、不動産購入に使用する口座は、その内のたった2つの口座だったのに、当日、その2つの口座のみ、使用できなくされて、支払いできなくなったのだ。そのせいで、当日、誓約書を書き、違約金を支払う羽目にされたのだ。幸い、他の口座に手付金程度の資金はあったので、とりあえず支払い、残りは、翌日支払うことで合意した。しかし、幸い、凍結されたその2つの口座が、関係者が不審がって、みんなが帰った後、問い合わせたら、口座が凍結された理由等もわかり、再開されたので、翌日振込みをしたので、契約は、無事完了した。
 よって、ネット上での操作しかしていなくても、このカルト教団S会は、検知して妨害が可能なのである。まるで、NSAのような組織を持っていると考えられる。このカルト教団S会が、特殊工作をするそのような組織を持っていなければ、不可能なことだと思われる。オウム真理教のようなテロ組織で、非常に危険な宗教団体であることがわかる。何らかの対策が必要であると実感した。よって、このカルト教団S会にかかれば、ネット上での操作のみでも、全て、盗撮(テンペスト)などをされていて、バレてしまっていると考えねばならないことがわかると思う。

2.当方が、使用しているのは、中性子線であると判断し始めると、突然、ネット販売サイトから、中性子線用の測定器が消えた。
当方が購入しようとするまでは、幅広い価格で、購入できる価格帯の製品もあった。しかし、突然、販売が、どこからも無くなってしまった。恐らく、カルト教団が、買い占めたか、全数購入したものと考えられる。このカルト教団S会の年間予算は、6兆円と言われているので、たいして、負担にもならないし、苦にもならなかっただろう!中性子線の測定器の購入を妨害したと考えられる。
もし、中性子線が、関係なかったら、測定器の購入を妨害することはなかったと考えられる。

3.中性子線は、コンクリートの中の水分により減衰するので、コンクリートの床には、穴を開けた方が良いとわかっていたので、穴を開けたと考えられる。その後のテストや分析・解析で、穴が開けられていることは確認している。よって、中性子線であれば、穴を開けた方が良いと判断したと考えられる。コンクリートに穴を開ける目的は、盗聴する為と騒音攻撃をする為とも考えられるが、穴を開けることが、中性子線の特性と一致していることは、注目される。

4.X線の測定器で、何度測定しても、自然レベル以上の反応がなかった。被害者の中には、X線測定器で、値が表示されたから照射されていると訴えている人がいるが、実は、自然にも、いくらかのX線は存在するので、値が表示されたからと言って、照射されているとする根拠にはならない。それが自然レベルの値なら普通の状態である。あくまで、異常に大きな値が測定できた場合にしか、人工的に照射されていると言う根拠にはならなのだ。しかし、当方のテストにより、X線、γ線以外であることがわかった。但し、α線やβ線でないことも同時にわかった。α線やβ線は、金属の透過には向いていないからだ。α線は、紙一枚でも、遮蔽できるので、検知には、向かない。ただし、攻撃には使用される。また、β線も透過力は弱く、薄い金属板で止められる。金属透過力が高いのは、X線もであるが、測定器が容易に入手可能なので、測定されると、厄介なので、使用しないと考えられる。

5.当方は、金属シートで多重に覆ったテント内にいるので、放射線を使うのに、それに最も向いた方法を使用したと考えられる。最も、金属を良く透過し、人体の検知に向いているのは、中性子線である。当方は、金属シートを何重にも設置しているので、中性子線以外では透過は、困難だと考えられる。ただし、X線とγ線用の測定器は持っているので、それらは、除く。もし、X線やγ線なら、測定器が容易に入手できる価格で、数多く販売されているので、バレる危険があるために使用しないと考えられる。中性子線であれば、測定器の入手が困難なので、使用して、バレる可能性が低い。それらのことから中性子線が使用さていると考えられる。

6.このカルト教団S会が、盗撮などに中性子線を使用していると判断している人は、私一人ではなく、同様に、複数の人が中性子線であると判断している。サイトで公開している人も複数いる。
私は隠れ癌患者、隠れ癌患者に対する警察の秘密活動による被害を示しています。
日本でもテロ発生。中性子線で攻撃の警察が犯人。汚染瓦礫と同じ狙い。
一路 on Twitter: "告知24拡散希望:人工的な中性子線が存在し
#中性子線 hashtag on Twitter

7.実際に、居間の金属シートで覆ったテント内にいるのに、上階から、リモコン操作の度に、検知され、その度に、天井を叩いている。また。スマホは、持っただけで、検知されて、天井を叩かれる。また、目の開閉を検知され、その度に、天井を叩いてくる。以上のことから、通常は、上階から絶対に検知できないのに、検知できている。それは、金属を透過する方法しかない。金属を透過するのは、中性子線やX線であるが、もし、X線なら測定器があるので、測定すればわかる筈である。
スポンサーサイト



投稿カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR