カルト教団S会工作員の可能な特殊工作のリスト

可能な特殊工作のリスト

今までに、被害を受ける中で、確認できている特殊工作
従って、カルト教団S会が可能な特殊工作ということになる。
まるで、スパイ組織のようである。



・飛び交っている電波の中から、特定の相手の携帯電波を特定できる。

 S会は、内部にサイバー部隊のような組織を保有していることがわかる。 当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。


・相手を特定して、携帯のデータ通信のON/OFFを検知できる。

 S会は、内部にサイバー部隊のような組織を保有していることがわかる。当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。それが、なぜ、わかるかというと、ONやOFFにすると、それを検知していることを被害者に認識させる為に、その都度、天井を叩くので、検知できていることがわかるのである。


・特定の対象の人間のスマホ(携帯回線)のデータ通信の速度を、攻撃して、異常に遅くすることができることを確認している。


・特定の対象の人間のスマホのデータ通信を切っていても、その切れていると思っている間も、何らかのハッキングや不正アクセスによって、相手に知られることなく、データ通信を、勝手に、リモートのように、ONにしておくことができる。
もし、これができると、データ通信を切った筈のスマホで、知らない内に、データ通信をONにされて、盗聴・盗撮されている可能性や、アクセスの履歴まで、見られてしまう可能性があるので、非常に危険である。


・特定の相手の携帯スマホのデータ通信を、ハッキングかリモートかスパイアプリか、によって、切断することができる。

 S会は、内部にサイバー攻撃部隊か、ハッカー部隊のような組織を保有していることがわかる。 当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。実際に切断されているので。



・特定の相手のPCの操作画面をリアタイムで、同時に見ることができる。たぶん、「テンペスト」技術が使える。

→ それをなぜ確定できるかというと、PC画面で、例えば、購入確定ボタンなどをクリックして、押したタイミングで、天井叩きをしてくるので、それを何回もテストして、確認し、判断した。通常、上階の人間が、階下の人間のPC画面の操作はわからないからだ。
それは、つまり、対象のWEBアクセスもメールも全て、把握できるというとだ。また、パスワードなども、簡単に、漏れてしまう可能性がある。
テンペスト技術とは、PCの画面やケーブルやコネクタから漏れる微弱電波を近くで、傍受して、同じ、画面に再構成し、対象が見ている画面と同じ画面を見ることができる技術である。100mくらいまでは、受信可能であり、また、対象が何台あっても、漏れ電波には、それぞれ、微妙に差があるために、何台でも、区別して、画面の盗撮が可能である。
特に、同じ画面を見ているので、よく銀行などで、使用されているソフトキーボードは、逆に見えてしまい、セキュリティ上、最悪である。
従って、銀行などで、ソフトキーボードの使用を推奨しているような銀行の場合は、このテンペスト技術が存在するさえ知らないど素人のセキュリティしかできない銀行なので、使用は、控えた方がよい。
ただ、ソフトキーボードの使用を推奨しているのは、スパイウェアなどを、PCに投入された場合のキーロガーの対策として、推奨していると思われるので、スパイウェアなどをセットされる危険性がある環境の場合は、必要になる場合もあるかもしれない。
日本の自衛隊などは、このテンペストに対して、対策していて、画面などの漏洩電波が漏れないように、電波を通さないガラスの部屋で操作するとのことである。
 また、そのために、例えば、メールなどでだけ、やり取りして、誰にも、話していないのにかかわらず、不動産の下見に行くと、先回りされていたことも確認している。
 また、不動産を購入するのに、当方は、10個以上ある口座の中で、たった2つの口座を使用しようと、前日に確認したのだが、当日になって、ネット上から支払おうとすると、そのまさに、使用予定の口座の2つだけが、不正アクセス等により、ロックされるという工作をされたことがわかっている。その2つの口座以外は、大丈夫だったのだ。
このように、このカルト教団S会は、画面盗聴をしているので、ピンポイントで、狙った口座を意図的に攻撃し、ロックさせるなど、妨害することが可能である。
当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。



・階下を盗撮するのに放射線を使うので、金属シートや金属板で、遮断しても、階下を盗撮することができる。

 放射線なので、盗撮というより、透視や透過監視と言うべきかもしれない。
テントや金属シートなどのテストにより、放射線を使っていることまでは、確認できている。
X線の測定器で、確認したが、高い値が、検知できたことはないので、金属を最もよく透過して、人間の検知に向いていると言われる中性子線を使用していると考察している。その根拠については、別の記事に記述しているので、そちらを、見てほしい。
盗撮・監視に使用しているのが中性子線であると判断する根拠7点
ただし、常に、放射線で、監視しているので、測定器を、その検知エリアに入れただけで、検知されてしまうので、その時には、切られてしまっている可能性もあるので、完全に、X線を排除することはできない。X線だと市販の可搬性のある携帯用の装置なども最も多く存在しているからだ。
当然、放射線で盗撮する場合は、上階と階下で、発信部と受信部で、対象の部屋を挟み込む形になるので、通常は、工作員は、上階と階下の両方にいることになる。
それは、決して、不可能なことでもなく、例えばだが、出張医師が使用している携帯用X線装置は存在しているので、同じような技術が使われていたとしても、何の不思議もない。
手段を選ばないカルト教団なら、盗撮する為には、何のためらいもなく、使用するだろう!
 その場合の検知エリアの広さは、テストにより、約1m程度であり、それより、離れると、センサー部を移動して検知しているようである。
 また、階下の人間の操作するリモコンについても、テストしていて、やはり、放射線なので、医療用の肺のレントゲンなどで撮る場合と同じで、リモコンを早く振ると、操作を検知できないことも確認している。
ただし、静止させたリモコンの場合は、ボタンを押した瞬間に検知できることも確認しているので、分解能は、かなり細かいことがわかる。また、横になって、目を閉じた時にも、検知できていることを確認している。
 また、当然、高い検知分解能があるので、スマホを手に持ったことも、PCを持ったことも、簡単に、把握されてしまうのである。その度に、天井を叩くということを何度もされてことで、そのことは、確認できていることである。
 従って、居場所を特定されたり、寝ている場所を、一旦、特定されると、指を曲げても検知できるほど、高い分解能で、検知されてしまうので、その場合は、ほぼ、プライバシーというものは、奪われてしまうことになる。
そのことは、彼らの言葉であると報道されている
「我々にかかれば、プライバシーなんて無いに等しくできる」とか
「塀の無い刑務所状態にできる」と行っていることと符合している。
つまり、本来プライバシーが確保されている筈の自分の部屋の中にいても、プライバシーゼロという状態に、常にいることになってしまう。
 さらに、放射線なので、寝床や最悪トイレでも、静止していると、体の断面まで、見られてしまうので、健康状態まで、分析可能なのである。その意味では、プライバシーがゼロというより、むしろ、マイナスと言ってよいくらいである。非常に、惨忍で、人権侵害の極限の犯罪と言える。もはや、盗撮などというレベルではなく、基本的な人権の侵害であり、もう、明らかに、憲法違反に当たる犯罪である。
 また、当然、放射線を照射しているので、対象の人間は、被爆する。従って、放射線を照射することで、その強度によっては、病気に誘導することもでき、尚且つ、体の断面を常時観察しているので、例えば、ガンに誘導した場合は、その進行も把握できていることになる。
 つまり、特定の相手を遠隔から、バレずに、ガンにして、暗殺することも可能なのである。実に、恐ろしいことである。
ここまでやる団体は、もはや、宗教団体などではなく、テロ組織と考えて、対処すべきである。
こんなことが可能な組織を持つ団体は、非常に危険であり、オウム真理教以上に、危険な団体である
こんな危険な団体を、放置することは、絶対に法治国家としては、許されることではない。
よって、全ての国力を動員しても、壊滅しなければならない。
当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。



・階下の人間の室内の移動も、正確に、上階から、遠隔で把握できる。

 例えば、洗面所やトイレに移動しても、すぐに、上に移動してきて、天井から異音を発生させて、移動を把握できていることを、知らせてくるのでわかる。結構、高速な移動のテストをしたら、それでも、追従したので、恐らく、若い20代30代などだと判断できる。
ただし、実際に、居住者になっているのは、80歳くらいの老人のようだが、とても、テストをした時のような高速の移動には、追従できる筈はないので、見かけ上の居住者とは、別に、若い工作員がいて、24時間365日交代で、行っているものと考えられる。
そのために、上階カルト工作員が、床板を剥がして、各部屋のコンクリートの床に穴を開けて、階下の移動生活音を、盗聴器を使用せずに、盗聴して、どこに移動したか、確認しているものと考えられる。
もちろん、穴を開けているのは、音の伝搬などの特性からも確定している。例えば、通常、コンクリートの床が隔壁となって、空間が遮断されているために、聞こえる筈がないのだが、実際には、全閉の室内で、上階から、咳やクシャミなどの音が、内側から聞こえてることでも、証明されている。
移動は、穴を開けて、移動音で聞いているが、移動先では、また、放射線で、スキャンするので、実際にいるか?何をしているかは、放射線で確認しているものと考えられる。
当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。



・通常不可能な鉄筋コンクリートのビルでの階下への騒音攻撃

 部屋の窓などを全閉にしていても、室内の上側から上階カルトの咳やクシャミが聞こえることから、上階カルト工作員が、床板を剥がして、各部屋のコンクリートの床に穴を開けていて、そのために、騒音・異音攻撃も可能な状態にされているものと考えられる。
通常、鉄筋コンクリートのビルでは、普通の生活音は、コンクリートの床が隔壁となり、空間が遮断されるので、空気の振動である音(中高音)は、伝わらない。しかし、穴を開けられてしまうと、当然、どんな音を発生させても、階下には、聞こえていまう。
実例:天井連打の音
もし、そんな状態が普通であるなら、このマンションは、欠陥マンションとして、当初、問題になったことと思われるが、そんなことは起きていない。後から、カルト教団S会工作員によって、改造されたと考えるのが自然である。また、この部屋に入居した当時、やたら、電動工具音がしていたことも、それを裏付けている。
よって、その状態を利用して、上階カルト工作員が、盗撮で検知した場合は、監視していることを、対象に認識させるために意図的に、打音・異音などを発生させ、事実上、騒音攻撃となっているのである。
しかし、マンションの床に穴まで開けて、騒音攻撃をする団体なんて、もはや、宗教団体なんかじゃない!完全に、もう、テロ組織である!
当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。



・特定の部屋の元電源を落として、停電させることができる。

 これは、たぶん、メーターがスマートメーターの場合に可能なのだと思う。
部屋のブレーカーを落とさずに、元電源で、部屋全体の電源を落として、停電させることができる。
カルト教団S会内部には、ハッカー部隊を保有しているので、恐らく、スマートメーターに、ハッキングして、落としているものと思われる。
例え、停電時間が短かったとしても、停電すれば、入れていたエアコンや温水器は、停止させられてしまう。
やはり、このように、内部にハッカー部隊というかサイバー攻撃部隊を持つまでになったカルト教団を放置しておくべきではない。
カルト教団というのは、全体主義なので、目的のためには、手段を選ばないで、かつての、オウム真理教のように、暴走する危険性があるので、本来であれば、ここまで、巨大化するまで、放置すべきではなかった。
今では、国の各機関まで、「総体革命」で、配置され、侵入した信者が、支配するまでになり、正常化するのには、相当に、困難な道となるだろうことは、容易に想像できる最悪な状況になってしまっているのだ。
だから、カルトの巨大化は、放置すべきではないのだ。
T教会については、第二のカルト教団S会になる前に、図らずも、事件となり、阻止できることになったが、既に、権力まで、浸透したカルトを排除して、正常化することは、困難な道程となるだろう!
しかし、今が、絶好の壊滅のチャンスであることは、確かで、カルト教団S会の現役信者や元信者や2世3世まで、内部告発や暴露をどんどんするまでになっている今こそ、日本を歪めるカルトを、日本から一掃しなければならない!
当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。



・特定の人物の持っている銀行口座を、狙って、攻撃し、ロックさせ使えなくすることができる。

  不動産を購入するのに、当方は、10個以上ある口座の中で、たった2つの口座を使用しようと、前日に確認したのだが、当日になって、ネット上から支払おうとすると、そのまさに、使用予定の口座の2つだけが、不正アクセス等により、ロックされるという工作をされたことがわかっている。その2つの口座以外は、大丈夫だったのだ。
このように、このカルト教団S会は、画面盗聴をしているので、ピンポイントで、狙った口座を意図的に攻撃し、ロックさせるなど、妨害することが可能である。
どうやって、ロックさせたか?であるが、恐らく、テンペストで、画面を盗撮していたので、当方の口座のログインIDは、入手したものと考えられる。あとは、犯罪などに利用されたIPで、そのIDを使い、デタラメのパスワードなどで、ログインを何回かトライしたのだろう!
パスワードによるログインは、セキュリティ上、何回か失敗すると、ロックするようになっているのが、銀行のWEBの特徴である。
よって、わざと、それをやった可能性が高い。
しかし、それには、本来、誰にもわかる筈のないIDを知らないと、特定の口座をロックできないので、普通は、入手不可能なIDは、どうやって入手したのか?疑問であると思う。
しかし、それも、「テンペスト」という技術が、使えれば、簡単に入手できただろうことは、容易に想像できる。
つまり、このカルト教団S会は、「テンペスト」を使うことができるハッカー組織やサイバー部隊のような組織を持っていることになるのだ。
警察以外で、そんな組織を持つことをできるまで、カルト教団の巨大化を放置すべきではなかったのだ。
また、何でもできる過激なカルト教団の巨大化を放置してしまったことになるのだ。
今からでも、遅くないので、このような警察を凌ぐような組織を持つまでになったカルト教団を、今、壊滅しておかないと、国家としても、危険だと思う。かつてのオウム真理教を巨大化したような団体を放置することは、許されないことである。
さらに、世界10ヶ国以上から、オウム真理教のように危険な団体として、カルト指定されている団体であるので、尚更である。
当然、当方に対して、行えるということは、誰に対しても可能ということだ。非常に危険である。
部屋には、自分しかいないから安全だなどと思ったら、大きな間違いであることがわかると思う。
一旦、狙われたら、画面に表示されるログインIDは、このようなカルト教団にとっては、簡単に入手されてしまうことを、理解していなければならない。
従って、「テンペスト」ができることを理解している銀行は、IDも、伏せ字にしているなら、セキュリティ的に安全な銀行と言えるかもしれない。とにかく、ソフトキーボードを推奨しているような銀行は、やめた方がよいと思う。このテンペストがあることを知らない無知な銀行であると思われる。とにかく、入力する文字は、画面に表示すべきではないと思う。全て、*などの伏せ字にすべきなのだ。



・何か、電磁パルスのようなものを照射されているせいか、音が、まともに録音できない。

 インターホンや、窓際に設置している高感度マイクや通常のマイクの録音を確認すると、パルス状のノイズが入り、正常に録音できず、再生しても、音や声が途切れ、途切れになってしまい正常に聞き取れない音になっている。
インターホンで、外をモニターすると、音が、パルス状のノイズにより、聞き取れない。
おそらく、当方の室内を盗撮・監視しているのだから、それらの機器や配線のある場所を知っているので、おそらくは、正常に録音できないように、マイクやインターホンやあるいは、インターホンの配線などに対して、電磁パルスのようなものを発射して、正常に聞き取れないようにしたり、正常に録音できないようにする妨害工作をしている可能性がある。
それらは、全て、パルス状のノイズで、聞き取れない。
おそらく、手段を選ばないこのカルト教団S会なら、録音妨害のために、電磁パルスくらい照射している可能性はある。
外をインターホンの外モニターで聞いても、外にいるカルトと思われる人たちの会話が、パルス状のノイズで、正常に聞き取れない。
恐らく、屋内配線か本体へ電磁パルス攻撃をしているのかもしれない。
そういうことでもするだろう、手段を選ばない特殊工作をするカルト教団であることは確定している。




・水道水に、毒物を混入させる可能性がある。

 このことに関しても、変化や何も違和感を感じなければ疑わなかったのだが、ある時期から、水道水に関して以前行っていたことで、変化や違和感があったので、疑うことになった。
その変化から予想できることは、水道水が、きちんと浄水されていない場合に出る現象だったので、恐らく、水道水に下水の水を混入されている可能性があると考えられた。
例えば、当方の部屋は、階では最後の配管になるので、前の部屋が信者であれば、そういう工作をされてしまう可能性があると考えられる。
例えば、当方の前の部屋で、水道配管に下水配管を接続されてしまっている可能性がある。
もし、そうされれば、当方の水道水は、全く、浄水されていない水が来ることになり、フィルターなどを通せば、見た目ではわからない可能性があるのだ。
当然、きちんと浄水されていないような水を飲み続ければ、いずれ、病気になってしまうことは、容易に想像できる。
いかにも、カルト教団S会がやりそうなことである。
 また、別の可能性も考えられる。それは、何らかの異物というか、微量の毒物の混入などである。
このカルト教団S会は、仏敵に指定した相手に対して、水道水に毒物を混入させる可能性があると感じた。
もちろん、水道水に毒物を入れて、すぐに、死亡したのでは、犯罪として、捜査されてしまうので、そんなことはしないと考えられる。
ただし、長期的に、摂取すると、障害や病気となるような微量の毒物を混入させてくる可能性は十分にあると考えられる。
当方は、この被害に合うまでは、非常に、健康で、何の問題もなかった。しかし、この被害に合うようになってからは、指があらぬ方向へ曲がり、変形し始めたのだ。それまで、そのような前兆も全くなかったのにだ。
なぜそんなことをする可能性があるかというと、仏敵に仏罰が下り、障害者や病気になり、不幸になり、地獄に堕ちるという教えだからだ。このカルト教団S会は、極めて、凶悪な目的の為には手段を選ばない団体であることがわかっているので、その教えのためには、自分たちで、直接、手を下して攻撃し、仏罰で不幸になり、地獄に落ちたとする凶悪犯罪でもする可能性があることがわかっているからだ。
さらに、他人を監視するのに、放射線を使う団体である。そんな凶悪な団体なので、何をしてきても不思議はないという結論に達していたこともある。
特に、今のマンションは、階の末端に当たるので、カルト信者だと睨んでいる前の部屋で水道管に、毒物を仕掛けられると、当方だけが、その影響を受けることになるのである。
それらのことを総合して、その可能性を考慮して、現在は、水道水は飲まないようにして、水は、購入している。
また、このように、意図的に、水道水に何か入れられたと感じさせることで、実際に入れていたとしても、本来不必要なことである、水を購入させ、経済的に余計な支出をさせて、経済的な破綻に早く誘導しようとしていることも、同時に、目的としていることも十分に考えられる。






・室内に、毒物やウィルスを噴霧する可能性がある。

 このことに関しても、何もそう疑う根拠がなければ、そう疑うことはなかったのだが、実際には、そう疑うキッカケとなったことを確認している。
もちろん、毒物を部屋に噴霧して、直接、殺害するようなことをすれば、流石に、犯罪として、捜査されてしまうので、そういうことはしないと考えられる。
仏敵には、教えとして、仏罰が下ると教えているので、当然、バレるようなことは、しないと考えられる。
従って、毒物を、室内に噴霧して、直接、殺害するようなことはしないと考えられる。それでは、捜査対象になるからだ。
しかし、やはり、長期的に、摂取すると、病気や障害が発生するように、毒物を、毎日、微小に噴霧してくるだろうことは、十分に予想される。
 または、今一番、可能性があることは、新型コロナウィルスを含む液体を噴霧する可能性だろうと思う。なぜなら、今なら、コロナにかかって、重症化して、死亡しても、誰も疑わないからだ。仏敵を、暗殺するのに、今、最も、バレないで、完全犯罪として実行できることだろう!彼らなら、やる可能性が十分にある。彼らは、教団の為なら、人を殺してもよいという教えだからだ。教団の為なら、日本の法律に違反しても、犯罪には当たらないなどという異常な思想を持っている。その実態は、暴力団やオウム真理教より、凶悪だと考えられる。
つまり、教団の為なら、一切、手段を選ばないことを良しとしている、とても、一般人の常識からすると、考えられない凶悪団体のような思想だからだ。その考え方は、正に、テロ組織と全く、同じである。従って、この教団は、本来、テロ組織として調査・対処する必要があるのである。
その証拠に、部屋の環境の不自然さもあるのだ。
 例えば、加湿していないのに、湿度が、上がったり、換気を止めて、密閉しているのに、空気が、吸気・排気されているような移動があったりと、おかしなことも多い。
また、盗聴目的と騒音攻撃を目的として、天井のコンクリートに、どうやら穴を開けられているであろうことは、ほぼ、確認している。
そうでなかったら、逆に、不可能な現象を確認しているからだ。
 そして、ある時期から、最初、おかしいと感じだことが、空気清浄機の電源を一旦、切って、リセットすとると、センサーの色が赤になることがわかったからだ。もちろん、それまでは、そんなことはなかったことを確認している。
もちろん、過去に、この空気清浄機で、センサーが赤くなったことは、蚊取り線香を焚いた場合や殺虫剤を噴霧した時くらいしか、赤になることはなかったからだ。
ところが、そういうことをしていないのに、電源を入れ直すと、センサーが赤になるのだ。
これは、空気中に異物と判断する何かを検知していることを表しているのだ。
つまり、何か、毒物などが、空気中に存在することを表していることになるのだ。
とすると、カルト教団S会は、一切、手段を選ばない凶悪な団体で、なおかつ、天井のコンクリートにまで、穴を開けている可能性があるだ。当然、仏敵には、仏罰がおりないと困るので、隠蔽しても、意図的に、犯罪をしても、病気や障害にしようとしてくることは、十分に考えられる。カルト教団S会とは、そういう団体である。
従って、すぐには、死亡したり、害にはならないが、長期的には、摂取し続けると、障害や病気になるように、常に、微小の毒物を噴霧している可能性は、排除できない。



・蚊を使って、仏敵を暗殺する可能性がある(集合住宅の場合)

 実際に、東京にいた時から、やられている。窓も全閉で、換気扇も回していないのに、蚊が部屋にいたのだ。最初は10階で、普通、この高さになると、虫は来ないと言われていた高さである。本当に、あり得ないことだった。数匹飛んでいることを確認している。
そして、多分、実際に、刺され、右手が、麻痺して、一時、全く、動かせない程だった。
ただし、その蚊を発見する前には、蚊が部屋にいても、不自然だとは、思われないように、前もって、ハエを投入していることも確認している。
その後、千葉県の13階に引っ越しても、ある時期に蚊を複数投入された可能性があると判断した為に、蚊帳を購入し、蚊帳内で、寝ることにしたくらいである。13階ともなれば、相当に高いので、当然、虫は来ないと言われる高さだったのにいたので、当然、投入の可能性を疑った。なぜなら、その時でさえ、カルト教団S会の信者工作員が上階や隣に入って、盗撮と監視をしていて、検知すると、やはり、天井を叩くということをされていたので、蚊についても、当然、疑うことになった。そういうことが何も無かったら、蚊を疑うことは無かった。
また、東京にいた時と同じく、蚊を発見する前には、前もって、いつも、ハエを発見しているので、不自然に思われないようになのか、いつも、先にハエを投入していると考えられた。必ず、ハエを見たあとで、蚊を発見するのである。そんな順序もあまりに、人為的に思える。
 このカルト教団S会なら、テクノロジー犯罪(高度な技術を悪用した犯罪)を集団ストーカー犯罪に伴って、行うことは、多くの被害者によって、確認されていることである。そのことからすれば、このカルト教団は、蚊に、遺伝子操作して、強毒化した、例えば、デング熱などを投入して、穴を開けた天井から、複数匹、侵入させる。普通は、部屋では、リラックスするために、夏などは、薄着でいることが多いので、知らぬ間に刺されて、最悪、部屋で死んでいるという可能性もある
 例えば、女性タレントの飯島愛さんが、部屋で、不審死(病死)していたということを聞いていたので、ひょっとすると、飯島愛さんは、この犯罪の被害者になったのではないかと思えた。実は、飯島愛さんは、死ぬ以前に、集団ストーカーのような犯罪に巻き込まれていると話していたことが報道されていたからだ。
この集団ストーカーの被害者となった有名人は、なぜか、自殺や不審死していることが多いからだ。
また、このカルト教団S会は、敵対者を仏敵に指定して、教団のためなら、殺害しても、犯罪には当たらないなどという信じられない思想を持っていることがわかっているからだ。その実態は、非常に、凶悪な団体である。その犠牲になっている人も多いとの指摘は耐えない。
例えば、蚊を投入して、殺害する場合は、当然、部屋は、鍵がかかっていても、殺害は可能である。当方のように、上階との間のコンクリートの床に穴を開けられれば、いくでも、蚊を投入することは可能であるからだ。
例えば、コロナでも、自宅で、死亡していたように、本人が気づかないまま、重症化していて、気づいた時には、通報さえできないで、自室で、死んでしまうことも、多く、発生している。
そういうのと、同じ状況を、このカルト教団なら、悪用しないとも限らない。
つまり、天井に開けた穴から、遺伝子組み換えなどで、強毒化したデング熱のようなものを搭載させた蚊を、投入すれば、コロナと同じように、鍵がかかった自分の部屋で、病死しているという状態を作り出し、全く、疑われることなく、完全犯罪が可能なのである。
ターゲットが死亡後、捜査するのも、信者警官なので、鍵がかかった自室で、死亡していたので、事件性はないとの結論にすれば、バレることもなく、完全犯罪が成立するわけである。
例え、床に、蚊の死骸があっても、誰も、気に止めないだろう!
よって、蚊を使った完全犯罪が成立するのである。
こういう手段を選ばない凶悪な団体ならやる可能性は、十分にあると考えられる。
なぜなら、実際に、当方のマンションのコンクリートの床に穴を開けていると考えられる工作を実際に実施しているからだ。
また、このカルト教団は、極めて、高度な技術を悪用して、パソコン情報を収集したり、スマホの情報を入手したりすることがわかっているからだ。放射線を使って、階下を盗撮するなど、高度な技術を使うことは、判明している事実である。
壁があろうが、床があろうが、透過して、監視する団体である。
当然、バイオ技術でも、研究していて、悪用しないとは、言い切れない。



・救急車を好き勝手に動員できる。

 警察は、信者が3割にも及ぶ、それと同様に、消防署も推して知るべしである。同じような状態であることが、十分予想できる。というか、一説では、消防署は、そのほとんどが、信者であるとも言われている。であれば、カルト教団S会にとって、救急車を悪用することなど何の問題もないだろう!
 よく、当方は動員されるが、その時のトリガーのタイミングで、即、サイレンが鳴っていることから、常に、救急車が、待機している可能性が高いことがわかる。そうでなければ、トリガーによって、すぐに、サイレンを鳴らすことなど不可能であるからだ。
ただし、その待機している救急車が、カルト教団S会による偽物の救急車なのか?広域消防の正式な救急車なのかはわからない。
ただし、このカルト教団S会は、そういうストーカー行為専用の救急車を持っている可能性は、十分にあると考えられる。




・航空機も、ターゲット上空を意図的に飛行させることができる。

 まず、この管轄は、国土交通省であり、その大臣は、カルト教団S会の信者である。長年、その利権を享受してきたので、今では、好き勝手なルートに、航空機を飛行させることができるようにまでなってしまっている。
特に過去のブログに書いているように、当方が、駐車場にいて、車の外に出ている間中、上空を航空機が飛行しているという異常な工作をしていることが確認されている。もちろん、このT市上空に、通常飛行する飛行ルートの設定はない。通常は、音も聞こえない程遠くの南と北を飛行しているのである。それは、飛行ルートをモニターできるソフトでも、確認できる。それを見ると、通常は、T市上空は飛行していないことがわかると思う。ただし、最近は、T市上空を飛行しても、不自然に、思われないように、故意に飛行させていることもあるので、騙されないでほしい。通常は、飛行しない。
 また、被害者が、街宣をしている場合にも、その近くに救急車を動員することもしているが、よく、聞くと、航空機の轟音も聞こえることが不自然に多いことがわかると思う。彼らは、そういうことでもする団体である。それは、被害者の街宣の動画を見てもらえば確認できる。また、このブログ内の記事に、リンク集のようにして、参照できるようにしているので、そちらを参照して下さい。




・交通の信号を好き勝手にコントロールできる可能性がある

 このカルト教団S会は、ターゲットが通るところの交通信号を、リモートか、遠隔で手動で変えられるようにしてある可能性がある。
信号は、警察が管轄なので、警察の多くが信者であれば、堂々とそういう改造が平気でできてしまっている可能性が高い。
もちろん、全てやるわけではないと思うが、多分、被害者に近いことろの信号機については、十分にやる可能性がある。そのコントロールによって、被害者の車の進行を妨害できる可能性がある場合はやると思う。このカルト教団S会は、そういうことでもやる可能性があることは明白である。彼らは、目的の為には、一切、手段を選ばないことがわかっているからだ。
それは、確率的に、自動制御では、あり得ない確率の制御が行われていることがわかっているからだ。
例えば、このマンションに一番近いバイパスの信号は、当方が、駐車場を出ると、赤になることを確認している。
そのように、通常、信号機は、特定の人物によって、変更されることなどないからだ。
しかし、確認すると、実際には、そうなっていることを確認している。それは、以前のブログにも詳細な分析を記述しているので、以前のブログを参照して下さい。



・他人のネットでの購入を、購入後に妨害できる。

 これは、中性子線の遮蔽材の購入時に起きている。
2箇所から購入したが、2箇所とも、購入後に、事実上、入手不可にされた。
これは、他人のパソコンのアクセスか画面が見えていなければ不可能なことである。
そもそも、ネットのアクセスをモニターしていなければ、不可能なことで、例え、自分の部屋で、誰にも、見られないで、購入をしたとしても、このカルト教団S会には、見えている可能性が高い。
それは、「テンペスト」という技術を使っているからかもしれない。
それだと、他人のパソコンの画面が、完全に見られてしまうからだ。
そうすると、購入先がわかるので、直接連絡するとかして、妨害工作する可能性がある。
その後、その購入先に例えば、全部在庫を購入して、在庫切れにしてしまうとか、値段を高くさせて、購入できなくするとか、購入単位を大きくして、購入できないようにするとかの工作をする可能性が高い。



・ターゲットの車に盗聴器をしかけて、車内の会話を聞き、前を走って、尾行と疑われない尾行をする。

 これは、以前、高速道路で、不自然に、ずっと、前を走る車がいたので、フェイントをかけて、ここのサービスエリアに入ろうと言ったら、その前の車が、先に入って行ったが、こちらは、入らないで通過したら、その車は、慌てて、すぐに、サービスエリアから出てきたので、結構、笑えた。つまり、前を走りながら、後方のターゲットの車の車内の会話を聞いて、動いていたのだ。
このように、これ以外でも、ずっと、目的地まで、前を走る車がいることも確認している。
このカルト教団S会の場合、テストの結果、尾行が、後ろとは限らず、前にいたことを、確認している。




・全くの他人が、自分の部屋の中で操作しているPCの画面をリアルタイムで、同時に見ることができる技術を持っている。

 いわゆる「テンペスト」という技術である。
これを使われると、他に誰も見ていない筈の自分の部屋で、自分一人で、パソコンを操作していても、例えば、WEB画面内のボタンをクリックした瞬間に、別の部屋にいるカルト教団S会の信者工作員が、それを検知して、その瞬間に天井を叩くことができるのである。
つまり、ターゲットにした人間のパソコンが丸見えにできるのである。恐ろしい技術である。
それは、例え、ネットに接続していないオフラインでも、傍受されてしまうので、どうしようもない。
従って、ターゲットにされた人間は、自分の部屋で、安心して操作しても、それが筒抜けとなってしまうのだ。恐ろしいことである。
 原理は、そのパソコンのコネクタやケーブルや画面から、漏れ出る僅かな電波を、傍受し、再び、画面として再構成させることができるという技術である。この方法だと、だいたい100mくらいまでは、傍受可能と言われている。
また、押したキーも電波の解析により、だいたいわかるらしいので、パスワードなども、漏れてしまうことになる。
また、パソコンが何台あつても、それぞれ、微妙に周波数が違うので、ちゃんと、区別できるようである。恐ろしいことである。
こんな技術を使う組織は、一般人でも相手にするカルト教団S会くらいである。よって、このカルト教団S会に仏敵などに指定されると、おちおち、自分の部屋だからと言って、安心して、操作すらできなくなるのである。
一旦、このカルト教団S会にターゲットにされると、パソコン画面は、筒抜けになってしまうのである。今、現在、全く、防御する方法はないのが、現状である。
完全に金属で密閉された部屋ででも操作しないと、このカルト教団S会には、情報が全て、漏れてしまうことになる。
よく、ユニットバスなどが、鉄板で壁ができているので、その中で、やれば、傍受されないかもしれないが、まだ、実験したことはない。
もちろん、ただ、部屋でやるよりは、漏れにくいと考えられるので、まだマシである可能性はある。
ただ、電波は、少しでも隙間があれば、漏れてしまうので、果たして、どれほどの効果があるかは、疑問である。



・外や他の場所の騒音をマイクで拾って、被害者がいる部屋の天井内へアンプを通して、増幅し、騒音攻撃や嫌がらせや精神的な         ダメージを狙って、流し、意図的に、聞かせるという工作をすることがあることが、判明している。

 また、例えば、本来聞こえない筈のそのような別の場所や外などの騒音を増幅して、被害者の室内へ流すことにより、そのような訴えを意図的にさせることで、被害者の精神が、ストレスにより、音に過敏になっているかのようなあたかも精神的な問題があるような方向への誘導・ミスリードとしても、悪用される。
それらの工作は、当方が東京にいた時にも確認していて、また、今でも、本来聞こえない筈の騒音を意図的に、居間の天井内へ流すという工作をしていることを確認している。
当時は、窓全閉なので、高層の10階では、本来聞こえない筈の1階の騒音や工事音が、室内の天井から聞こえたり、外の騒音があたかも、窓を全開にしているかのように聞こえたりと、物理的には、あり得ないことが起き、その工作をカルトが行っていると判断できるところまで、確認している。よって、それらのことは、カルトの工作であると考えられる。彼らは、騒音攻撃や騒音を悪用した嫌がらせをする団体であることも明白である。
彼らは、そういう音なども、高度な技術によって、工作に悪用している。
彼らは、それらの技術的な「テクノロジー犯罪」を得意としていることは、すでに、判明し、被害者の多くが、指摘していることである。
階下の盗撮のために、放射線を悪用したりするということも、通ずるところがある。
なんとも、かつてのオウム真理教に似た性質を有しているのである。
カルトというものは、だいたい似た同じ方向へ向かうものである。だから危険なのだ。
例えば、鉄筋コンクリートで、天井内が遮断されているのに、その遮断された先にある換気扇のうなり音などを、意図的に、遮断されていて、本来、聞こえない筈の場所の天井から発生させていることをカルトによる工作であると確認している。
それは、構造上、物理的に聞こえる筈がない音が、本来聞こえる筈がない場所から発生しているからだ。



スポンサーサイト



投稿カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新投稿
月別投稿リスト
プロフィール

antigangstlkers2

Author:antigangstlkers2
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ、組織的なテロ犯罪のターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。組織的なテロ犯罪の被害歴は、現在、10年以上。今は、年金生活者です。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR